噂どおりの横並びに追随の au 新料金発表が本日されました。

auの新料金「カケホとデジラ」音声通話定額と一人ひとりに合った選べる6つのデータ定額サービス | 2014年 | KDDI株式会社

電話カケ放題プランという名の基本料金がスマホ 2,700円、ガラケー 2,200円。最初に発表したドコモと同じ。横並び。開始時期は 8月13日から。

また、データー通信定額はドコモと違って細かく刻みつつ 6プラン、そして家族間の “パケあえる” は au では採用せず、代わりに「データギフト」という形でデーター通信容量を譲り合える、という仕組みを導入。

ドコモの “パケあえる” だと強制的にデーター通信容量が家族でシェアされてしまうので、子供がモバイルで動画を見倒して月の途中で通信容量を使い切って家族全員が低速モードに突入…ということが有り得るが、データーギフトという形ならそういったことはない。

ただし、手動操作なので面倒といえば面倒だし、開始時期が本年12月と半年先。相変わらず au は後追いだと、やることが遅い。

その他、ドコモと au のプランの違いは、大まかに以下のとおり。



  • ドコモは完全に家族間でデーター通信容量を「わけあえる」共有する方式だが、au は個々人が従来どおりデーター通信容量を持っていて、余った分を家族へ送ることができる「ギフト」方式

  • 家族でデーター通信容量を共有することが前提のドコモは、データー定額のパケットパックが個人向けの 2GB、5GBと、家族でシェア向けの 10/15/20/30GB と大容量プランが多く設定されている。
    個人個人でデーター定額オプションを付けることが前提の au は、2GB、3GB、5GB、8GB、10GB、13GB とデーター通信量が少なめの方に多く設定されている。

  • データー定額の最小容量 2GB 3,500円、5GB 5,000円といったあたりはドコモも au も同料金だが、10GB 以上は au の方が安い。

  • ドコモの家族間データー容量共有「パケあえる」は、主回線以外の端末でパケあえおうとすると子回線1台につき、500円の月額費用がかかるが、au の「データーギフト」は追加料金なしで家族回線へデーター容量を送ることができる

  • 契約している月額データー通信容量を超えた場合の容量追加チャージは、ドコモは一律 1GB 1,000円だが、au は 500MB 550円と 1GB 1,000円の2種類のデーターチャージを用意している。

  • 長期利用者向けサービスは、ドコモが料金割引なのに対して au はデーター通信容量を3ヶ月に一度 0.5GB 〜 1.5GB 増量サービスするというもの
    (ただしサービス提供時期不明…)


他に細かい差異はあれど、スマホ向け定額プランは月額2700円、ISP 料金 300円も別途必要といったところも含めて基本ラインは同じ。

また、ドコモで行われている iPhone 向けのデーター通信容量の増量サービスなどは au でも同じく行われていますし、au WALLET 推しのキャンペーン、先行予約特典などが色々始まるようです。

7月から音声定額プランを先取り体験! auの新料金「カケホとデジラ」提供開始に伴うキャンペーンについて | 2014年 | KDDI株式会社
6月中にauにするとおトク!「電話カケ放題プランスタートキャンペーン」を実施 | スマートフォン・携帯電話 | au

とにかく細かいところは違っても横並び。

電波施策がどうこう言う前に、この横並び体質をどうにかせーや


と言いたいところですが、はっきり言ってどうしようもありませんな(´・ω・`)

私はこの春に体制を一新して安く運用できていますが、このまま基本料 2,700円だけの時代になるようなら、次は MVNO で音声契約することになるでしょうね。少なくとも 1回線は MVNO へ MNP するだろうと思います。

ただ、

au は新料金プランが始まっても来年2月までは現行プランが残るらしい


ので、当面は基本料の安い現行プランで契約したり、契約時に新料金プランで契約してもその後プラン変更して安く維持したり、ということが可能になるのかもしれません。

【追記】当初「しばらくは残るらしい」と書いていましたが、提供時期が 2015年2月末日まで、という記載があるようなので、修正追記しました。

というか、是非そうしてもらいたいですね。ホント電話なんて月に何分もしない(する必要のない)人間にとってカケホーダイプランなんて値上げでしかないですからねぇ。

カケホーダイプランを出すなとは言いませんが、押しつけは勘弁です X-)

【追記】ドコモの新料金発表時から「高いよね」と言っていた KDDI 田中社長、自社の料金でも「少し高いような気がする」とか言ってるのか。社長が高いと思うものがユーザーにお得と見えるわけないだろ……

au新料金は“横並び”? データは「スーパーお得」、音声は「少し高い気も」 KDDI田中社長 - ITmedia ニュース