数日前、友達から「Amazon で CF を買いたいんだけど、Sandisk の偽物を掴まないようにするのはどうしたら良いの?」と聞かれました。昔からよくある質問で、ネットでも時々見ます。

昔から Amazon の Sandisk メモリーカードは国内流通品よりマーケットプレイス業者が海外版を輸入したものを中心に売られています。国内流通品を量販店で買うよりも、同じ Extreme Pro / Extreme / Ultra ブランドの CF/SD カードが半値近くで売られていたのですから、みんなそれを買いたくなるのも道理です。

最近は半値というほどではないものの未だ国内流通品より随分安く、また特定種類だけは Amazon.co.jp 自ら販売する Sandisk メディアカードもありますが、相変わらずマーケットプレイス業者(以下マケプレ業者)中心です。

Amazon.co.jp が発送を担当し、プライム発送が可能であっても、あくまで販売はマケプレ業者であり、製品に何かあっても(配送以外は)原則として Amazon に責任はない立場の商品となっています。まあ、それでも問題があれば返品はたいてい可能ですが。

ともあれ、Amazon でのマケプレ業者によるメディア販売がメジャーになるとともに問題となってきたのが、偽造メディアカード。外見は全く Sandisk 製品そのものだけど、実際に使ってみると「思ったほど速くない」。そしてベンチマークで調べてみると、本物の Sandisk 製品より遅い、という偽物です。

マケプレ業者が偽物と判って売ってるのか、業者も偽物を摑まされたのか、それは判りませんが、ともあれ Amazon で Sandisk の海外版メディアを買ったら偽物だった、という例は、いつからは珍しくなくなっています(1GB が最大容量だったような初期は平和でした)。


(偽物報告の多い製品たち)


最近の偽物は外見で判別がつかないだけではなく、使ってみても「え?何これ、遅すぎる!」とはならず、「謳い文句にしてはあまり速くなくない?こんなもの?」というようなレベルで、人/環境によっては気づかないこともあるようです(ベンチマークをとっても読み出しはさほど遅くなく、書き込みだけ遅いことが多い)。

そういう「Sandisk メディアの偽物」については Amazon のレビューやらググれば枚挙に暇がないでしょう。ですから、私もたまに「偽物除け」の方法を聞かれるのですが、買う前から偽物を確実に避けて安いメディアを買う方法なんて知らんとしか言いようはありません ;-)

まあ、Sandisk のメディアだけではなく(また Amazon だけではなく)買う側ができる対策として、次のような一般的なことくらいしか言えません。



  • Amazon マーケットプレイス業者などネット販売の鉄則として必ず評判を確認する。マイナーな製品なのに少数のレビューで高評価だけ、というのはサクラの可能性があるので警戒し、同業者の販売する他製品をあたって評判を確認する(どの製品も同じようなレビュー文体が多いのは要警戒)。

  • Amazon マーケットプレイス業者も通信販売のルール上、販売条件や販売元の情報が書かれているので、実体がありそうかどうか確認するのは原則(連絡先が携帯番号しかないとかは…)

  • いくら安価な海外版輸入製品といっても相場というモノがあるので、相場より安価な製品にすぐ飛びついたりしない

  • とりあえず突っ込んでいって購入したら確認して、偽物だったら返金交渉を頑張る覚悟を持って買う
    (マケプレ業者販売商品でも Amazon.co.jp 発送モノだと Amazon 側で対処してくれることもあるので、まだマシな可能性も。業者に言え、とスルーされることもあるので確実ではないが)

  • 同種製品のモデル違いで Amazon.co.jp 直販の製品があるなら、妥協してそちらを選ぶ

  • 心配しながらネット販売で海外版を買うくらいなら量販店で国内流通版を買う


といったところでしょうか。常識的なことばかりかと思います。

正直言うと「グダグダ心配して迷うくらいなら、安心料を積んで国内流通品を買えよ」と思いますし、もっと言えば

Amazon で偽物カードを心配して買うくらいなら
B&H から個人輸入した方が確実じゃね?


と、いつも思います。値段的にも B&H からの送料を乗っけても同程度か+α、セール品なら安い。

B&H Photo Video Digital Cameras, Photography, Camcorders

B&H は写真/カメラが好きな人なら知ってる人がかなり多い有名なアメリカのカメラ屋。NY のリアル店舗も有名ですが、B&H の通販は世界中から注文があり、日本から注文する人も昔から多いと思います。

私もメディアなどの小物だけでなく、国内代理店がぼったくってる内外価格差のあるカメラアクセサリー類やセール品を買ったりしています。

セール品は時々「マジかよ!?」というようなものもあり、今だと Twitter で先週ツイートしましたが、富士フイルム Xマウント向け、ソニー Eマウント向けのカールツァイスレンズ Touit 2.8/12mm、1.8/32mm を2本セットで買うと $1,719 が $919 の $800 割引!なんてのもやっています。

Zeiss Touit 32mm f/1.8 and 12mm f/2.8 Lenses Kit B&H Photo Video | B&H Photo Video (Fujifilm X-Mount)
Zeiss Touit 32mm f/1.8 and 12mm f/2.8 Lenses Kit (Sony E-Mount) | B&H Photo Video

日本の量販店だと 2.8/12mm が 12万円弱、1.8/32mm が9万円弱、2本合わせて 20万円以上するものが、B&H のセールでは送料込みでも半額で買えてしまいますから、思わず行ってしまいそうになります X-)

時々レンズはこういうセール品が出て、実を言うと富士フイルム XF27mm F2.8 も $199 でセールされていた時があって(日本の半額!)、送料込みで 2万数千円で買えたので、思わず買ってしまったということがあります。

(その結果、思ったほどレンズキャップ代わりになっていますが ^^; この価格ならまあええかと思える?わけで)

そしてメモリーカード類も B&H は安いことが多いです(モノによっては送料やリストを考えると必ずしも安くないものもあります)。

たとえば、Sandisk の CF カード。現行世代の Extreme Pro (160MB/s)、Extreme (120MB/s) を国内流通品を量販店で買った価格では、

Extreme Pro 32MB: 28,660円+10%ポイント還元
Extreme Pro 64MB: 39,770円+10%ポイント還元
Extreme 32MB: 16,440円+10%ポイント還元
Extreme 64MB: 31,470円+10%ポイント還元

ですが、B&H では

Extreme Pro 32MB: $98.95
Extreme Pro 64MB: $197.95
Extreme 32MB: $49.95
Extreme 64MB: $79.95

という価格。

Memory Cards, SD Cards | B&H Photo Video

実際には B&H だと送料が $40 ほどかかるのですが、コレを見ると幾ら理由を付けられようとも「国内流通品はちょっとボッタクリすぎやしませんか?」と言いたくなります。

(少し前には Lexar の CF 最新版モデル x1066 のものが半額以下で売られていて、どうしよう?と悩んでいると、見る間に在庫がなくなっていったり……なんてことも)

送料に $40 かかることを思えば、1枚だけ買うなら Amazon のマケプレ業者の海外版を買った方が安いことも多いのですが、マケプレ業者の海外版 Sandisk メモリーカードは型番の最後が X46 など X型番の中国版であることが殆どに対し、B&H は A型番の米国版ですし安心感はあります。

ただ、個人輸入は全部自己責任であり、何かあった場合の対処は自分で(英語で)B&H と掛け合う必要があるので、そこに敷居の高さはあるかもしれません。もちろん、私自身は何の責任も取れませんから別に背中押しもしません。

まあ、相手が国内の業者だからといってヤフオクやマケプレ業者の中には海外のストアとやり合うより面倒なところもありますので、私は国内ネットストアの方が楽とは思っていなかったりします(ヤフオクより eBay の方が気楽に買えると思っているくらいですからね)。

メディアカードでも SDHC カードの場合は少し価格差は埋まりますし、Amazon でもそこそこ確実に買えるモデルも多いので、B&H で買った方が大きく得になるのはセール時くらいではないかと思います。

Memory Cards, SD Cards | B&H Photo Video

けれど、未だ国内流通品が出回っていない UHS-II 対応の Sandisk Extreme Pro SDHC/SDXC カードなんかは B&H から買うことができます。

SanDisk 32GB Extreme PRO SDHC UHS-II Memory Card
SanDisk 64GB Extreme PRO SDXC UHS-II Memory Card

まあ、B&H を誉めても私には何も利益はないですし、個人輸入にはそれなりのリスクはあるので特に勧めはしませんが、Amazon で偽物リスクを心配ばかりするくらいなら、こういう手もあるよ、というのは言っておきたくなったので、書いておきます。

送料のこともあるので、1枚買うくらいなら B&H を使う意味は(セール品を除けば)そう多くないですが、友達との共同購入など複数枚買うなら要検討しても良いのでは?と思います。


(Sandisk の UHS-II カードは Amazon マケプレ業者も扱っている)