マイクロソフトの新世代タブレット Surface Pro 3、先日の海外発表の際は日本国内への言及がありませんでしたが、本日の国内向け発表会で価格、発売時期が明らかになりました。

日本マイクロソフト、新Surface発表会を6月2日に開催 - PC Watch

日本国内での発売は 7月17日、一般向けだけに用意される Core i3 モデルのみ8月発売。一般向けは今晩 6月3日午前0時から予約開始(法人向けモデルは 6月9日受注開始)。

一般向けモデルの価格は 91,800円(税別)から。法人向けモデルは 100,800円(税別)から。別売りのタイプカバーは 12,980円(税別)。

また、日本国内向けモデルは搭載される Office が従来通りの「Office Home and Business 2013」で商用利用可能なエディション。個人的にはこの機会に Office 365 が国内投入されるかと思いましたが……先は長そう(´・ω・`)

(法人向けモデルは Office 非搭載で、Office 365 契約前提となるようです)

国内向けには MetaMojiの「NoteAnytime」もプリインストールされるようです。



発表会では相変わらず MacBook Air との比較ばかりで、タブレットと言うよりはタブレットの形をとったノートパソコンとしての発表会のようで、質疑応答でも

「ラップトップを置き換える最初のタブレットになるだろう」


と発言していましたから、標的は MacBook Air だけでなく国内メーカーの Windows ノートパソコンの方が厳しいような気もしなくもないですけどね。

いずれにせよ、タブレット+キーボードの形を取るならタッチパネル搭載ノートパソコンとの差をきちんと出してもらいたいというか、日本マイクロソフトは Windows Store の日本語アプリの充実をやってもらいたいもんですけどねぇ。

一応、仕事のこともあって購入候補に入れていますが、12インチというサイズがタブレットとしてどうなのか、持ち歩きデバイスとしてどうなのか、という点も含めて予約ではなく実物を見て触ってからになるでしょう。

ぶっちゃけ Windows 上ではあまりプログラミングをしたくないので(Visual Studio も最近使うことはないし)、仮想環境で別の OS 載っけて……となるでしょうから、それに見合うスペックのモデルを出す価値があるかどうか、ですね。個人的には。

正直 Office 利用とプログラミングを除けば iPad + キーボードでこなせることがかなり多いですし、純粋にタブレットと見た場合には Windows タブレットは未だ iPad の足下にも及んでもいるかどうかですし……

【追記】個人向けモデルの仕様と国内販売値段
Core i3 / 4GB RAM / 64GB SSD91,800円
Core i5 / 4GB RAM / 128GB SSD111,800円
Core i5 / 8GB RAM / 256GB SSD139,800円
Core i7 / 8GB RAM / 256GB SSD164,800円
Core i7 / 8GB RAM / 512GB SSD202,800円


仮想環境を使いたいのでメモリ 8GB となると 139,800円。キーボードと合わせて 15万円強ですか……



(Pro じゃない Surface 2 は引き続き販売継続だそうです)