ゴールデンウイークで特に何も新製品発表のニュースがない中ではありますが、国内ではさらに厳しい決算を発表したソニーが海外では APS-C 一眼レフ α77 の後継機を出してきました。

Sony - Always in focus: new α77 II keeps shots razor-sharp with record-breaking 79-point autofocus system : : News : Sony Europe Press Centre

画素数は従来のα77 据え置き 2400万画素(ただしセンサーや画像エンジンは最新のものに更新)、動画もとりあえず  AVCHD 2.0 とソニーにしては控えめというか、全体的には α77 のブラッシュアップスペックですが、今回の売りは

秒12コマの動体追従連写と、15点クロス含む79点AFセンサー


といった動体相手の性能でしょう。バッファも秒12コマながら60コマ分、約5秒はばら撒ける計算になります。

プレスリリースでも

「New A-mount camera with world’s highest phase-detection AF point count - 79 points with 15 cross points」
「Translucent Mirror Technology delivers ultra-fast, intelligent AF tracking and up to 12 fps burst of up to 60 full-resolution frames」

などと謳っております。まあ、トランスルーセント方式でミラーがないのですから本来連写には強いはずですから、驚くにはあたりません。

というか、ソニーの場合も過去に「動体相手に物凄いぜ」というのを何度か繰り返しているので、今度こそ本物のムービングターゲットシューターになれるといいですね。

まあ、α6000 がどこぞのメーカーと違ってミラーレス機としてはなかなかいけてる AF-C でしたし、一眼レフの生きる道はこういう方面でしょうから Aマウントを残すためにも頑張って欲しいですね。周りの Aマウントユーザーは光学ファインダー come back〜と言ってる人もいますけど。

α77 II の他の特徴については概ね以下の通りのようです。




  • センサーはα6000 と同じギャップレス構造 2430万画素 CMOS センサー

  • 画像処理エンジンは BIONZ X

  • 14Bit RAW、AVCHD 2.0 対応

  • ISO 50-51200(マニュアル指定時の上限は 25600)

  • 動体追従連写で秒12コマ、JPEG撮影時 60枚分のバッファ

  • AFセンサーは 79点、中央15点は F2.8 & -2EV 対応クロスセンサー、

  • 背面液晶はバリアングル 3インチ 120万pixels、タッチ非対応

  • EVF は 230万pixels 有機EL

  • Wi-Fi、NFC 内蔵

  • 防塵防滴マグネシウムボディ

  • 縦グリップ、バッテリーは初代α77 と共通

  • 価格はボディのみ $1199、16-50mm F2.8 キット $1799

  • サイズは 143×104×81mm、重さ 647g(バッテリー含む)


ソニーらしい飛び道具はなく、ここ最近の各機種で投入された技術を Aマウント機にも反映された感じですが、αシリーズはガツガツ行きすぎて謎なことも多かったので、しっかり性能を詰めてきた機種になってると良い感じ。

キヤノンの尻を叩けるのはニコンだけではありますが、ソニーの APS-C 一眼レフにも頑張ってもらって尻は叩けなくても多少でもキヤノンの APS-C へのやる気を出させてもらえれば……そのためにもソニーファンの皆様には買っていただいて売れて欲しいと思います(^_^)/

Sony announces SLT-A77 II high-end APS-C A-mount fixed-mirror DSLR: Digital Photography Review


(フルサイズ一眼レフα99。こいつの後継機もきますかね…?)