ここ数日の記事では、歩数計&行動記録アプリ「Moves」に追加された新機能「データー出力機能」の使い方と、出力データーの概要およびそのデーターの利用方法について説明してきました。

歩数計&行動記録アプリ「Moves」に追加された待望のログデーター出力機能の使い方と内容概説
行動記録アプリ「Moves」から出力した位置記録データーを Google Maps やカレンダーで表示する方法
Moves からエクスポートした GPX, KML, iCal (ICS) データーをスマートフォン/タブレットで利用・閲覧する方法【Android 編】

昨日の Android編では、Moves からエクスポートしたデーターを Android スマートフォン/タブレット単体で利用したり、閲覧する方法について述べました。Android ではファイルの扱いがほぼパソコンと同じ自由度ですので、パソコン版と同じ方法+スマートフォン/タブレットらしくアプリ利用の2つがありました。

しかし、iPhone / iPad といった iOS 環境ではファイルの扱いにかなり制限があり、特にファイルを自由にアップロードすることができません(iOS でも Jailbreak すれば…といった話は除外した通常環境での話です)。

ファイルの扱いに大きな制約があるのは全てが欠点というわけではなく、アプリ毎にできるだけ高い閉じた環境を作っていることは Android と比べてセキュリティ的な優位点になっていますが、ブラウザでアップロードできるファイルが写真だけ、という制約があるので、

  • ブラウザで Google Maps を開いて、マイマップに KML ファイルをインポートして行動軌跡を地図上にプロットする

  • ブラウザで Google Calendar を開いて、行った場所、行動サマリーの ICS ファイルを読み込ませる


といったことができません。

iOS では純正ブラウザ (mobile Safari) 以外のブラウザアプリも純正ブラウザに準じたコンポーネントを使うことが義務付けられていますので、自由にアップロード可能なブラウザを作ることが難しい状況です(特別な条件において全くないわけではない)。

iCab mobile などの、ちょっと特殊なことができるブラウザアプリで試してみても無理なようでしたので、今のところ Google サービスへデーターを読み込ませるのは難しいようです。

ですから現在の iOS 環境(iPhone、iPad)では Moves でデーター出力しても

アプリで行動 (activities) データーを読み込んで地図上に軌跡を表示する


ことしかできません。

とはいえ、通常は行動軌跡の地図へのプロットができれば十分であり、「相変わらず iPhone/iPad はできることに制約があるけど、あまり不便は感じないかなぁ」と思っています。

これは今回の話だけでなく、色々と、Android から iPhone メインに戻ってきて感じることですけどね(もちろん、Android の方が便利なこともあるし、時には Android の方が簡単なこともある)。



というわけで、iPhone/iPad では適当なアプリで GPX/KML 形式の GPS ログファイルを読み込んで地図上に軌跡を表示することしかできませんが、Moves からのデーター出力したファイルのダウンロードと保存も少々特殊なので、そのあたりも含めて簡単に記しておきます。


先ほど書いたように iOS ではファイルの扱いに強い制限が加えられているため(セキュリティ的には良いこと)、ブラウザで自由にファイルをダウンロードして解凍などの編集処理することができません。

そこで登場するのが AppStore 初期の頃からの超定番アプリ「GoodReader」。色々できすぎて全部を知るのは大変ですが、iPhone / iPad ユーザーにとっては十徳ナイフのような存在。

iTunes の App Store で配信中の iPhone、iPod touch、iPad 用 GoodReader for iPhone
iTunes の App Store で配信中の iPhone、iPod touch、iPad 用 GoodReader for iPad

iOS では強く制限されている様々なファイル操作も、とりあえず GoodReader を使うことで何とかなる場合も多く、今回の Moves でデーター出力した zip ファイルの保存、解凍、他のアプリへのファイル受け渡しも GoodReader を使って行います。

まず、初回の記事「歩数計&行動記録アプリ「Moves」に追加された待望のログデーター出力機能の使い方と内容概説」で説明したように、iPhone/iPad では Moves サイトからデーター出力してダウンロードした zip ファイルも GoodReader に渡して保存、解凍します。

Moves_ExportFunc09iOS
(Movesサイトの Export画面で Downloadボタンを押してからしばらく待つ)


Moves_ExportFunc10iOS
(zip ファイルのダウンロードが終わると、どのアプリで開くか聞かれる。
GoodReaderで開く、を選ぶ。ない時は、次の方法で開く…から GoodReaderを選択)


Moves_ExportFunc11iOS
(GoodReaderで開くとファイルを保存しつつ、Zip を解凍するか?
と聞かれるので、Unzipを選択して解凍する)


Moves_ExportFunc14iOS
(Movesからダウンロードした圧縮ファイルを解凍した中身。
内容は初回記事で説明したとおり)


さて、Moves で記録したログデーターを取得して、次は GPS ログを地図上に軌跡表示することになります。そのためのアプリは幾つかありますが、ここでは無料アプリとして

iTunes の App Store で配信中の iPhone、iPod touch、iPad 用 GPX Viewer (GPX 形式)
iTunes の App Store で配信中の iPhone、iPod touch、iPad 用 Google Earth (KML 形式)

を例に取ってみます。

なお、GPX Viewer は iPhone 5 以降のワイド画面に最適化されていない古くて放置されたアプリなので実利用には推奨しませんが、iOS には GPS ロガーアプリではなく GPS ログを表示するだけのアプリで無料のものがあまりないので GPX Viewer を取り上げています。

頻繁に使うなら有償(記事執筆現在 200円)ですが、iPhone / iPad 両対応の GPX Reader for iOS の方が良いでしょう。私はこのアプリの前バージョンを使っています。

iTunes の App Store で配信中の iPhone、iPod touch、iPad 用 GPX Reader for iOS

いずれにせよ、どのアプリも GoodReader に保存されたログデーターを直接読み込んで表示することができませんので(他アプリ内のデーターを読めないのは iOS の制限)、GoodReader からログデーターを表示したいアプリへデーターを引き渡す方法を採ります。

まず、GPX Viewer の場合だと……

Moves_ExportFunc58iPhoneStart
(GoodReader内でGPX データーを解凍していない場合は gpx.zipをタップ。
ダイアログで Unzip をタップして GPX データーを取り出します)


Moves_ExportFunc59
(gpx フォルダ内で GPX Viewer で表示したいデーターを選びます)


Moves_ExportFunc60
(表示させたい activities_何とか.gpx のファイルをタップすると
どんな処理をするかのメニューが出るので Open in other app… を選択)


Moves_ExportFunc61
(gpxファイルを処理できるアプリのアイコンが並ぶので、開くアプリを選択。
ない場合はアイコンリストを左右にスクロールして探す)


Moves_ExportFunc62
(1日分のactivities GPX ログを GPX Viewer で開いたところ。日付をタップ)


Moves_ExportFunc63
(こんな感じで GPX ファイルに含まれる GPS ログデーターの軌跡が表示される)


Moves_ExportFunc64
(iOS アプリの場合、地図は Google Maps ではなく Apple 純正地図になる)


といったような手順になります。

「ダウンロードしてきた圧縮 zip ファイルを GoodReader でファイル保存・解凍して、他のアプリへ渡してさらに処理させる」

という手順は GoodReader の定番であり、パソコンや Android ではできるけど iOS ではできないことの補完として、よく使う方法です。

Google Earth で行動軌跡を表示させる場合もやり方は同じです。

Moves_ExportFunc65
(GoodReader で kml_ge.zip を解凍して、その中の表示したいKMLファイルをタップ。
処理選択メニューから Open in other app… を選択します)


Moves_ExportFunc66
(KML ファイルを処理できるアプリリストから Google Earth をタップします)


Moves_ExportFunc67
(Android版と同じく行動軌跡が表示・再生されます)


iPhone/iPad では Moves からエクスポートしたデーターから Google Maps に読み込ませる、Google Calendar に読み込ませるといった作業は難しいですが、GPX/KML による行動軌跡が表示できれば(私としては)99% 満足です。

また、以前にも書きましたが、Moves で記録した行った場所、日々の行動サマリーを Google Calendar に登録するのは、データー出力機能を使って手動で登録するよりも、Moves Export と Foursquare を使って自動化した方がずっと良いので、そちらを使うべきでしょう。

Moves で記録した行った場所、行動サマリーを Google Calendar に自動登録する方法は、以下のブログを始め、ググれば幾つも参考サイトが出てくると思います。

行動記録アプリ「Moves」と「Moves Export」の使い方 | ここまで、ここをすぎず。



というわけで、ダラダラと Moves の新機能 Data Export について記事を重ねてきましたが、以上で終わりです。

いずれにせよ、iOS のブラウザも少し前までは写真のアップロードすらできず、アップロードは全面不可だったのが、写真だけでもアップできるようになって便利になりましたが、そろそろ写真以外のアップロードも可能になって欲しいですね。

ファイルのやりとりが自由にできない、アプリ毎の Sandbox はセキュリティ的にも維持してもらって良いのですが、(例えば GoodReader のような)アプリ内で保存されたファイルはブラウザ(というか WebKit framework)から自由にアップロードできるようにしてもらいたいものです。

iOS も徐々に Steve Jobs によるシンプルを最上とした制約ありまくりの状態からかなり緩くなってきていますから、iOS 8 では期待したいところです(個人的には自由なバックグラウンド処理の開放より優先して欲しかった気がする)。


歩数計&行動記録アプリ「Moves」に追加された待望のログデーター出力機能の使い方と内容概説
行動記録アプリ「Moves」から出力した位置記録データーを Google Maps やカレンダーで表示する方法
Moves からエクスポートした GPX, KML, iCal (ICS) データーをスマートフォン/タブレットで利用・閲覧する方法【Android 編】

Moves - Activity Diary for iPhone and Android
iTunes の App Store で配信中の iPhone、iPod touch、iPad 用 Moves