SIMロックフリー Cellular版 iPad Air が手元に届いて二週間以上が経ちました。昨日は西へ、今日は東へと動き回りつつも、ノートパソコンが必要ではない作業なので MacBook Air も Windows 機も持ってきていませんが、代わりにちょっとした作業用端末として iPad Air を持ってきています。

最近はブログの更新を移動中の iPad Air で書くことも増えました。iPad 2、第三世代 iPad を使っている時も同じようなことはありましたが、当時と違うのは Bluetooth キーボードカバーを使わず、仮想キーボードを使っていること。キーボードカバーも買ってしまいましたが、その話は次回にでも。

また、iPad Air を持ち出すことが増えたお陰で、この半年間いつも移動中のネット利用&電子書籍端末として必ず持ち続けていた Nexus 7 (2013 LTE版) を自宅に置いて、iPad Air + KIndle Paperwhite(移動中の読書端末)という体制で出かけることも増えてきました。

モバイル用タブレットはこの半年間ずっと Nexus 7 (2013 LTE版) だけでしたが(もしくは Nexus 7 + Kindle Paperwhite)、今後は Nexus 7 だけであったり、Nexus 7 + iPad Air となったり、iPad Air + Kindle Paperwhite にしたり、T.P.O. と気分によって色々組み合わせが変わっていきそうです。

(iPad Air のサイズでは雑誌以外の電子書籍を読むには大きすぎますし、利用時の覗き込みが気になることもあるので、iPad Air だけということにはなかなかならないと思いますが)

iPadAir03


さて、そんな感じで手元に来てから二週間ですっかり馴染んだというか、想定以上に使ってしまっている iPad Air ですが、

こんなに持ち出して使うつもりがなかっただけに
16GB モデルを買ったのは大失敗だったなぁ〜


と、今はっきり後悔しております(^_^;)



SIMロックフリーの Cellular版を買っておきながら「こんなに持ち出すつもりはなかったのになぁ」と言うのもおかしな話ですが、SIMロックフリー機を買ったのは勢いというか、どうせなら程度であって、こんなに持ち出すつもりはなかったんですよね……

iPhone 5s に続いて… iPad Air 購入 〜今回もまた結局 SIMロックフリー版にした理由

そもそも、持ち出すどころか、

iPad Air 自体、こんなに気に入って使うつもりじゃなかったのになぁ


という気分です。上記購入時の記事にも書きましたが、「アップル製品は値下がりしないから増税前に買っとくか」「今年度の仕事のサポートに使いたいから買っとくか」程度でしたから。

いずれにせよ、こうやって

頻繁に持ち出すとなるとストレージ 16GB はさすがに厳しい


ことを実感しています。

GR011298.JPG


昔は iPad を旅先のフォトストレージ代わりにしようと思ったり、自分のフォトライブラリを iPhoto 経由で iPad に何千枚も入れていましたので、iPad を買う時は「最大容量モデルの SIMロックフリー Cellular版」と決めていましたが、今はそんなことはないので大容量モデルは必要ありません。

デジタルカメラのデーターバックアップ(フォトストレージ代わり)ならば、制約が多すぎて使いづらい iPad + カメラコネクションキットなんかより、小型 Windows 8.1 タブレットと外付け SSD/HDD を使った方が遙かに安上がりで速くて便利です。

iPad に入れていた自分のフォトライブラリも、1万枚くらいになると転送元の Mac上の iPhoto がモッサリすぎて捨てました(この点は Windows の方が便利かも…)。Photoライブラリ保存は Apple 環境に依存する利点は皆無なので、いっそクラウド上に置いておいた方が融通が利きます。

また昔のように iPad でゲームをすることも殆どなくなりましたし、元素図鑑のような GB級のアプリを入れて鑑賞なんてことも、もうありません。

そして、自宅内で使うだけなら動画もストリーミングすれば良いですから iPad に動画ファイルを転送する必要もありませんし、iPhone と違って音楽ライブラリを入れるわけでもありません。ですから、

自宅内で使うだけなら 16GB で十分


なのは事実なので、購入当初から 16GB モデルしか考えていませんでした。

なにせ Apple 製品は容量が 1ランク上がる毎に値段が+1万円。

64GB→128GB が +1万円なのに、16→32GB も +1万円


って、通常有り得へんし、どう考えてもボッタクリですわ。

まあアップルがこういう価格付けするのは今に始まったことではありませんし、ボッタクリ価格は大昔に貢ぎまくっていた頃の方が酷かったわけですが、いずれにせよ 32GB モデルが一番ぼったくられまくりモデルなのは明白。

iPadAir18


となれば、32GB モデルは買う気しないし、元々自宅内利用メインの予定でしたから、ふらっと SIMロックフリー版を買ってしまった時も 16GB モデルを選択したわけですが、

やっぱり 16GB は最小限のストレージやなぁ

と実感することになりました。

容量 16GB といっても、16GB 丸々使えるわけではなく、

実際のストレージ容量は 14GB、さらに 2GB 前後は諸々使われる


ので、ユーザーが利用できるエリアは 12GB 程度です。

iPadAir07
(最低限使うアプリなどを入れた段階で残り 5.2GB。その他がデカすぎる…)


自宅内で利用するならこれくらいで収まりますから十分に 16GB モデルでもやっていけますが、頻繁に持ち出すとなると、私の場合は

  • 出先で使うなら愛用のオフライン地図「MapFan+」のオフラインデーターを必ずインストールしたい(1.6GB)

  • iPad Air のサイズで読みたい電子書籍(主に雑誌系)は持ち出す前に入れておきたい(0.5GB?)

  • 出先で使うなら作業中のファイルなどクラウドに入れてあるデーターの一部はローカルに入れておきたい(0.5GB)

  • 辞書とかもオフラインで引ける辞書アプリを入れておいた方が出先では何かと便利(1GB)

  • 泊まりや移動の多い出張や旅なら、映画の1〜2本でも入れておきたい…(1.5〜5GB)


などとなってきて、「やっぱりストレージが 16GB だと厳しいなぁ〜」となってしまいます。

Cellular版である、テザリングもある、とは言っても、

モバイルで動画ストリーミングを満喫してたら、あっという間に規制対象


になってしまうので、WiMax 回線利用でもなければモバイルでの動画ストリーミングは安心して見られません(1ヶ月 7GB の限界より 3日間で 1GB の規制の方が厳しい)。

特に iPad Air の画面で見るに堪える画質で見たいとなると、モバイル環境のストリーミングより iTunes レンタルなどローカルにデーターを持っておく必要があります。

同じく電子書籍も雑誌系だとどうしてもサイズは大きくなりますから、転送容量やダウンロード時間のことを考えれば最初に入れておきたいし、仕事や作業に使うファイルはある程度同期して入れておきたい、MapFan+ のオフライン地図は譲れない…

それに

昨今の実用系アプリはどれもサイズがデカい


ので、iPad を実用端末、クリエイティブ端末として使おうとするとアプリだけでも結構な容量を必要とします。

iPadAir17


上記のアプリ状況は、写真の共有ストリームをオフっていない無駄があったり、MapFan+ はオフライン地図データーをダウンロードした後の状況ですが、アップルの iWork 系アプリにしろ、OneNote にしろ、アプリサイズはデカいです。

本当は GarageBand などの音楽系アプリ、iMovie とかも入れたいのですが、さすがに容量的に厳しくて泣く泣く断念。それらはデーターも含めると GB 級のアプリになりますから、この容量逼迫さではちょっとね…

というわけで、なかなか 16GB という容量では厳しいモノがあります。

iPadAir14
(ある程度入れたいデーターを入れて、iTunes の映画1本を入れたらギリギリに)

iPadAir15
(その他の 2.4GB がもどかしい…これさえなければ…)


そんなわけで、

16GB モデルを買って使うからには取捨選択して使うべし!


となりますから自分でも

  • 写真の共有ストリームはオフにする
    (iPhone で撮影した写真などが勝手に入ってきて容量を結構食うため)

  • 電子書籍は読みかけ、出先で読むであろうモノだけを入れて余分なモノは入れない

  • 電子書籍も映画も何もかも、読んだら/見たら削除していく

  • 一応、実用端末として買ったので遊び系、使わないアプリはなるべく減らす
    (音楽系、iLife 系のアプリは断念)


といった最低限のことは実践して、まあ何とか容量的ストレスは溜まらない程度に使えています

とはいえ、余裕がないのも事実、楽しみを削っているのも事実ですから

ここまで持ちだして使うなら、ボッタクリ 32GB 版を買っておくべきだったかなぁ


という思いはあります。

性格上、コストパフォーマンスの悪い 32GB 買うくらいなら 64GB、いやいっそ 128GB……とエスカレートするオチが見えていたので、初志貫徹で 16GB にしたのですが、良かったやら悪かったやら複雑です。

iPadAir11
(今回の iPad Air 購入にあたって付随して買ったのは、これらだけ)


そういえば今週、この記事を書きかけていた時に、はてブの Hotentry で

iPadは16GBで充分!私が16GBを選び続ける理由と運用方法 | あなたのスイッチを押すブログ

なんてのをチラ見しました。

この手の記事は昔から腐るほどあるし、言ってることは別に間違っているとも思いませんが、

無闇に 16GB でできるとは思わず
自分のやりたいこと、使いどころを考えて選べ


というのは必ずあります。他人は他人、自分は自分、です。

本記事で繰り返し述べているように自宅内なら 16GB モデルでも問題ないけれど、16GB モデルを持ち出すなら割り切りと工夫は必要になります。

iPhone でもそうですが

初心者に 16GB はあまり向かない


のですよね。まあ、ガジェットヲタクだと

「無駄なく運用する工夫が大好き」
「16GB で完璧に使いこなすオレ、かっけえ(笑)」

ってのがあって、それを情報としてネットに散乱しているわけですが、最初のうちはどういう使い方をするか判りませんし、工夫や割り切りには逆に経験を必要としますから、初心者だから 16GB、初めてだから 16GB、とは思わない方が良いでしょう。

なにせ、iPhone / iPad は microSD カードで容量を増やすことができないのですから、自分の使い方で足りなくなると途端に厳しいですし、何でもかんでもクラウドだの、ストリーミングだの言っても、今の通信料金体系では安易にそんなことは言えません。

アプリですら、最小限に留めておいて出先でサイズの大きなアプリをダウンロードする必要性が出てくると結構面倒なことになります。モバイル回線でダウンロードできるアプリサイズには制限がありますし、都市部の公衆無線LAN だとモバイル回線より遅いことはザラです。

何より「最小環境で運用するのが趣味」なんて人以外は

我慢して使ってても楽しくないでしょ!


と思います。入れたいアプリを思う存分入れて楽しんだ方が良いと思います。特に最初のうちは。


てな感じで、microSDカードで容量を増やせない iPhone / iPad はストレージに余裕があった方が良いよね、という実体験でありました :-)

以前はストレージを補完するのにワイヤレスSDカードリーダーを使って…とか考えて、色々買いまくっていた時期もありますが(今も持ってる)、手間がかかるので結局使わないんですよねぇ。


再びフルサイズ iPad (iPad Air) を手にして十日間【前編】 〜改めて気づいた3つの満足
再びフルサイズ iPad (iPad Air) を手にして十日間【後編】 〜ちょっと気になる3つの不満

  
(Wi-Fi カードリーダーも色々と買いましたけど、最近はすっかり…)