本日から新年度になるとともに、Amazon ショッピングカートの「今は買わない」コーナーに入れてあった商品が軒並みに値上げしていて、増税を実感する 2014年の 4月1日です。最寄り駅から大阪や京都までの運賃も値上げとなりましたが、そこはしばらく買い溜め回数券の恩恵を受けられそうです :-)

さて、増税前を言い訳に先月は随分とお買いものをしてしまいました。一年前に Android 端末へ移行したメインのスマートフォンも iPhone 5s に戻ってきて、メイン iPhone、おサイフケータイその他必要に応じてサブの Android という体制になりました。

(LTE のエリアの広さと速さ、また山陽新幹線の岩国から東のトンネル区間での電波の快適さは au の方が良かったりということもあるので、docomo iPhone 5s と使い分けつつ、ちょくちょく au Android 端末はルーター代わりにもなっています)

そして 10インチクラスのタブレットも iPad Air 16GB Cellular モデルを新調。こちらは 7インチの Nexus 7 と完全に使い分けというか、読書端末やモバイル用タブレットの基本が Nexus 7 であることに変わりはないのですが、予想外に iPad Air を持ち出す頻度が高くて、買う前に思っていた以上に使っています。

当初は自宅内端末+出先での仕事資料閲覧くらいだったのですが、意外と持ち歩く気になって出先で使っています。ですから結局、

GR011291.JPG


こんな感じになってしまっていますが、思ったほど苦になっていなかったりします。まあ、iPad Air は常時持ち歩くようなことはなくなると思いますが。


さて、メイン環境として iOS 端末が復活したと言うことで、半年から一年ほど iOS アプリを見直すこともなかったのですが、今回 iPhone 5s / iPad Air 導入を機に、利用アプリを見直してみました。

デジタルカメラの連携アプリなどはその時々のカメラによって変わりますから別としても、常用アプリも幾つか変わっていますので、とりあえず備忘録的に紹介しておきます。




■ Reeder → Feedly Reader (RSS リーダー)

昨夏 Google Reader がサービス終了となって、対応アプリも含めてアレコレ一悶着あったのは記憶にまだ古くないところです。私も RSS Feed サービスを Google Reader から feedly に変更しました。

その際、Android で常用している RSS リーダーアプリ「gReader Pro」は Google Reader サービス終了前に Feedly その他のサービスに対応され、何の不便も感じなかったのですが、その反面、iOS/Mac で定番中の定番だった「Reeder」は他サービスへの対応が非常に遅れました。

iPhone 向けの Reeder アプリは Google Reader サービス終了頃になって何とか対応されたものの、iPad 版はなしのつぶて。このことはスマートフォンに続いて、7インチ、10インチタブレットの使用も Android メインになるキッカケの一つでした。

Reeder アプリはデザインも良くて気に入っていましたが、Android の「gReader Pro」に慣れると、何かと gReader Pro の方が便利で使い勝手も良く感じるようになり、iOS 端末で RSS フィードを消化することは殆どなくなりました。

とはいえ、iPhone / iPad メインに戻ってくるとなれば、私にとって使いやすい Twitter アプリとともに RSS リーダーアプリは必須のものです。

当初は Feedly に対応した Reeder アプリを iPhone 5s で使いながら、iPad Air を購入した時に Reeder 2 を買おうかと思ったのですが、

「食わず嫌いはアカン」と思いつつ Feedly 純正アプリを試してみると悪くない


べた褒めするほど素晴らしいとまでは言えないし、機能的にも多機能ではないものの、なかなか見せ方も悪くないし、操作も慣れるとサクサクできる。Instapaper などへ Read Later する機能など、必要最小限の機能は揃ってる。

Reeder は好きなアプリだったけれども Google Reader サービス終了時の印象が悪すぎたので、また金を払う気がしなかったので、iPhone も iPad も Feedly 純正アプリに切り替えました。

過去に Byline や Feeddler、Mobile RSS Pro、RSS Probe その他多くの RSS リーダーアプリを買ってきているので、そのうち暇があれば、それぞれもう一度試してみて決め直すこともあろうかと思いますが、当面はコレで問題無さそうです。



■ Tweetbot 2 → Tweetbot 3 for Twitter (Twitter)

こちらは昨秋、メジャーアップデートで別アプリ化したわけですが、Tweetbot 2 でも iOS 7 で問題なかったので、サブの iPhone 4S では Tweetbot 2 のまま使っていました。それで何の不満もないどころか、

Android を使っていて不満の一つが、フィットする Twitter アプリがなかった


ということでしたからね(昔 iOS で愛用していた Echofon の Android版はあるが、もうここの作者に金は払いたくないと思える大改悪を経験したのでね…)。

iPhone 5s でも、そのまま Tweetbot 2 を使い続けようかと思ったのですが(最初はそうしていた)、新しい酒は新しい革袋に盛れ、というか、新しい革袋には新しい酒を、という感じで Tweetbot も最新版を買いました。

Tweetbot 3 がリリースされた時は色々言われたところもあったようですが、現在 Tweetbot 2 から乗り換えてもさほど違和感はありません。むしろ

早く iPad 版も Tweetbot 3 相当になって欲しい


と思うばかりです。iPhone と iPad で同じ Twitter アプリを使っているのに、操作方法が違うのはちょっと嫌ですね。

まあ、でもバッテリーに負荷をかけずにリアルタイム通知はくるし、TweetMarker などの処理はきちんとしているし、常用しているだけに iOS に戻ってきて良かったと思う点の一つですね。


■ 1Password → Enpass Password Manager and Information Keeper (パスワード管理)

パスワード管理ソフトは Android や Windows タブレットその他、マルチ環境で使う時のことを考えて既に変更していたこともありますが、iOS でも 1Password は完全に捨て Enpass に統一しています。

これについては、過去に記事を書いていますので、そちらを参照して下さい。

iPhone/iPad/Android/Mac/Windows 他マルチOS対応・端末間の同期も可能なパスワード管理ソフト「Enpass」
マルチOS対応・端末間同期なパスワード管理ソフト「enpass」 〜無料のMac/Windows版で使ってみる編
マルチOS対応・端末間同期なパスワード管理ソフト「enpass」 〜iOS/Android編


■ myTracks → Moves (GPS トラッキング)

Moves は GPS ログアプリと言うよりは歩数計であり、ヘルスアプリでもあるわけで、myTracks のような GPS ロガーアプリとは異なりますが、連携アプリで GPS ログも取り出せますし、何より自分の行動記録という点では十分役立っていますし、毎日常時使うには便利です。

Moves は Android でも常用していたのですが、とにかくバッテリーの消耗が激しいので、加速度センサー、ジャイロスコープ、コンパスなどのモーションデータを低消費電力で処理してくれる M7コプロセッサのある iPhone 5s での利用はピッタリです。全然バッテリーへの負荷が違います。

iPhone 5s を手に入れて良かったと思うことの一つに、Moves を常用している時のバッテリーへの負荷が全然違うことですね。Android 端末では(通知のために数分おきに情報取得する)Twitter アプリと Moves がバッテリーに悪影響を与えていたので、それらが変わるだけでも精神的に楽です :-)



一年ぶりに iOS 端末を使い始めて変えた、というのは、これくらいでしょうか。意外と少ないですが、もう十分に iOS も iOS アプリも安定していますからねぇ。面白みは本当に全くなくなりましたが、その分、楽に運用できます。

カレンダーアプリはこの1年でまた人気のアプリが出たようですが、昔と変わらず「くるまきカレンダー」を使い続けていますし、オフライン地図の「MapFan+」は圧倒的に iOS アプリの方が出来が良いですし、テキストエディタは「iText Pad」、サードパーティ製カメラアプリを使う時は「Camera+」。

電卓は計算過程が残っていく「Calc」、音楽プレイヤーは ONKYO の「HF Player」、気象情報は「そら案内」、Flickr アプリはこれまた iOS に戻ってきた理由の一つである「FlickStackr」。写真の EXIF を確認する「Koredoko」、星座アプリは結局「Star Walk」のまま……

もちろん大定番の「GoodReader」は中身がどんどん変われど昔から手放せない愛用の一品だし、ヒコーキ好き必携の「FlightRader 24 Pro」「Flightboard」、サッカー好きなら必須の「Futbol24」もずっと変わらぬものです。

とまぁ、変わったものと変わらぬものを挙げていくと圧倒的に変わらぬものが多いのですが、昔と違って

常用アプリが変わらぬのは実用品として熟成した証拠


と思うようになりました。特に一度 iOS から離れてみると、強く感じますね。

ガジェットヲタ的には物足りない部分もありますが、もうスマートフォンやタブレットは、ただの実用品ですから、それはそれで良いのではないかと思うようになりました :-D


安売りが今月までかどうかは知らないけれど、ドコモ iPhone 5s 32GB へゼロ円 MNP した
出戻り野郎のドコモ iPhone 5s ファーストインプレッション【ドコモ の iPhone編】
出戻り野郎のドコモ iPhone 5s ファーストインプレッション【出戻り感想編】
iPhone 5s に続いて… iPad Air 購入 〜今回もまた結局 SIMロックフリー版にした理由