既に直っているみたいですが、Twitter のツイート内に貼られた一部の livedoor Blog 記事 URL( http://blog.livedoor.jp が含まれる URL)リンクが開けない、クリックすると警告画面が出る問題がまた発生していました。時間の長短含めて、何回目でしょうかね。

TwitterAlert_to_livedoorBlog1


理由は知るよしもないですが、ブログ更新を Twitter に流している人には不便なことと思います。利用者からは根本的な解決ができることもないですが、できる範囲での対処方法はあります。



一つ目は、

URL 短縮サービスを使う


こと。有名どころでは bit.ly ですね。

Bitly. The power of the link.

手動でツイートし直しても良いですが、ライブドア・ブログには投稿時の URL に bit.ly の URL 短縮機能を自動で使う設定があります。ただし、bit.ly で自分用のアカウントを作っておく必要があります。

TwitterAlert_to_livedoorBlog2


これで Twitter からの警告を回避できることも多いのですが、反面 bit.ly にも警告機能があるので、時には Twitter ではなく bit.ly の方に引っかかる可能性もあります。

また、Twitter のツイート上に表示される URL が http://blog.livedoor.jp/... ではなく http://bit.ly/... となり、表示までもワンクッション長くなるので微妙に表示速度が落ちる時もあります。



二つ目は、

ライブドアのサブドメイン機能または独自ドメインを使用する


というもの。要は blog.livedoor.jp で始まらない別の URL でブログを運営するという方法。

サブドメイン機能や独自ドメイン機能を利用しても、従来の標準 URL(blog.livedoor.jp で始まるもの)はその後もそのまま使えます(ドメイン転送機能やブログ内URL転送機能もあります)。

ただし、独自ドメイン機能は有料プランだけになりますし、サブドメイン機能で使った別の URL が Twitter の警告に引っかかる可能性はあります(特に利用者数の多い blog.jp とか)。

そして何よりも、安易にブログドメインを変えると SEO 的には結構厳しいことになるので、アクセス数を稼ぐべく努力している人には選択しにくい話かも知れません。

私みたいに適当に駄文書き連ねているだけなら、どうでも良いというか、そもそも「また Twitter にやられちゃってるかー」で済むんですけどね(^_^;)

ユーザー側からできる完璧な解決方法はありませんが、一応そういうこともあるということで。