三脚をあまり使わない私にとっては滅多に使わないけれど、必要な時は必要なカメラアクセサリーが「ケーブルレリーズ」。

eRemoteSwitchII_C1_4


最近は Wi-Fi 内蔵のデジカメだと、撮影写真をスマートフォンに転送するだけでなく、スマートフォンからリモートレリーズやライブビュー撮影ができるものが多く、メーカーによっては殆どの撮影設定が可能なところもあります。

が、残念ながら富士フイルムはそんなメーカーではありません。この手の対応は時代から取り残されそうなのを必死に頑張って追いつこうとして未だ追いつけていませんので、Wi-Fi 内蔵のカメラでもスマートフォンからのリモートレリーズはできません。

ぶっちゃけ、ケーブルレリーズを使う(使いたい)のは年に数回レベルのライトユーザーなら Wi-Fi 経由のスマートフォンからのリモートレリーズでも良いんですよね。有線より微妙にタイムラグがあったり、夜撮だと画面のライトに気をつけなければなりませんが(自分より周りに)、そこまでシビアでもないですからね。

とは言うものの、富士フイルム X シリーズでリモートレリーズするには有線しかありませんから、X-E1 の時から買おうと思っていました。例によって富士フイルム純正アクセサリーは高いので、エツミの安価なケーブルレリーズを買おうかと。



とか



とかが純正品の半額以下で売られています。

しかし、富士フイルム X シリーズはフィルムカメラ時代からのケーブルレリーズが使えます。↓のようなレリーズスイッチにブッ挿すタイプです(デジタルカメラでもNikon Df など一部で利用可能)。



五百円少々で買えますからコレを買おう…と思っていたら、友達から「もう使わないから」と貸してくれたので、X-E1 の時は(滅多に使わなかったけれど)コレを使っていました。

これでも何も問題ないですし、とにかく安い。おまけに、富士フイルム X シリーズのようなクラシカルデザインには、こういうアナログなアクセサリーの方が似合います。

とは言うものの、別にクラシカルデザインもアナログな感じも興味はないですし、何よりもいつまでも借りたモノで写真を撮ってるのはどうかと思うので、ようやく購入しました。

eRemoteSwitchII_C1_1
エツミ 電子リモートスイッチ2 C1 E-6535


X-E2 購入後に自分で安いケーブルレリーズを買おうと思ったら、エツミの互換リモートスイッチで新型が出ると知ったので、先週の新型発売を待っての購入でした。



お値段はヨドバシカメラで 1,680円(ポイント10%還元)。従来からある製品(電子リモートスイッチF1)と同価格でした。X-E1/X-E2 対応の本製品のみならず、各社対応製品が同時に発売されています。

エツミ 電子リモートスイッチ2 C1
(Φ2.5 ステレオミニジャック対応)
E-6535キヤノン EOS 60D、70D、Kiss系、G1X、G12他
ペンタックス、富士フイルム
電子リモートスイッチ2 C3
(キヤノンN3タイプ対応)
E-6534EOS 1D系、一桁機、50D以前の二桁機他
電子リモートスイッチ2 N1
(ニコン10ピンターミナル対応)
E-6536ニコン一桁、D6x0を除く三桁機他
電子リモートスイッチ2 N3
(ニコンアクセサリーターミナル対応)
E-6537ニコンD600、D610、D90、四桁機他
電子リモートスイッチ2 S1E-6538ソニー/コニカミノルタ リモート端子対応
電子リモートスイッチ2 O2E-6539オリンパス マルチコネクタ対応
電子リモートスイッチ2 PS1E-6540パナソニック/ライカ REMOTE端子対応


従来製品と新製品は必ずしもモデルチェンジというのではなく、

ケーブルがカールコードになり、反面ケーブル長が短くなった


という違いがあります。ケーブル長は従来品が 80cm だったのが今回の製品は通常 20cm、伸ばして 50cm です(公称値)。

ETSUMI 撮影用品 電子リモートスイッチF1 フジフィルムX-E1、各メーカーφ2.5mmピンジャック対応機種 E-6502
(従来製品)

eRemoteSwitchII_C1_2
(新製品のケーブル)


個人的には借りていたアナログなケーブルレリーズもそうですが、比較的長いケーブルが持ち運びに邪魔に感じることもありましたし、ケーブルはカールコードの方が絡まなくて好きですので、このタイプの新型が出るのを待って、こちらを購入しました。

ただ、通常 20〜30cm で使うことになると思いますので、このケーブル長は短すぎる、という人もいると思います。そういう人は従来製品を買うべきでしょう。

機能的には何も変わらず、半押しを含めたレリーズ操作はもちろん、レリーズロックがあるのでバルブにしておいてレリーズ操作による長時間露光も可能です。

eRemoteSwitchII_C1_3
(同梱物一覧)

eRemoteSwitchII_C1_5
(左側面の端子類パネルの一番上に挿します)

eRemoteSwitchII_C1_6
(スイッチを上にスライドさせればロックになります)


スイッチ本体は非常に軽くて圧力がかかったら割れそうだなぁ…という気はしますが、一応「外装は衝撃に強いポリカーボネート製」と謳われております。このあたりは、アナログなレリーズの方が信頼性はありますね :-)

個人的には EOS 下位機種にも使えるので、場合によってはそっちに流用できるのも良いですね。上位機種用のケーブルレリーズはキヤノン純正品を持っているのですが(殆ど使ってないけど)、Kiss 用は持っていなかったので…

いずれにしても、ミラーレス機の良いところは本体&レンズが軽い分、三脚を持って行ける余裕が出るところ、また三脚も状況に応じて小型三脚でも賄えるところですので、今年の花シーズンではケーブルレリーズが活躍する機会も増えるだろうと思います。

もっとも、昨年末のラバーダック夜撮の時みたくケーブルレリーズを忘れてしまった時には、やはりスマホで代用ということができれば有り難いので(2秒タイマーはタイミングが難しい)、富士フイルムもスマートフォンでリモートレリーズできるように、できれば他社のようにスマホで各種設定しつつライブビュー撮影できるようにしてもらいたいものです。

電子リモートスイッチ2 C1 Φ2.5ステレオミニジャック対応 / エツミ-ETSUMI-Photo & Digital Accessories
本日発売の富士フイルム X-E1/X-E2 向け新型ハンドグリップ「MHG-XE」を早速買ってみたわけだが…

FUJIFILM リモートレリーズ X-M1用 F RR-90
FUJIFILM リモートレリーズ X-M1用 F RR-90

(富士フイルム Love な方は言う間でもなく純正で。信心が問われます ;-)