今日から12月、クリスマス商戦、年末商戦を迎える時期になってきましたが、電子書籍ストアも年末にかけて割引キャンペーンの類いが色々と出てくるシーズンでもあります。

一昨年くらいはさほど動きはなかったのですが、Kobo や Kindle が参入した昨秋以降は競争が激しくなって、キャンペーンも各社増えているように思いますし、それに触発されて買ってしまう人も多いように思います。まぁ私自身は言わずもがなですが(>_<)

また、この一年で多少なりとも電子書籍ユーザーが増えてきたせいか、電子書籍に積極的な出版社も増えてきました。特に講談社は週刊誌や単行本の紙・電子同時発売にも積極的ですし、夏冬に出版社主導の電子書籍ストア横断的なキャンペーンも行っています。

講談社 冬☆電書2014 - Reader™ Store
講談社 冬★電書2014|紀伊國屋書店Kinoppy
講談社 冬☆電書2014|BOOK☆WALKER

もちろん上記以外の電子書籍ストアでも講談社「冬☆電書2014」のキャンペーンは行われていますし、同じ「冬☆電書2014」キャンペーンでも各電子書籍ストアごとに割引施策は異なっているので、色々見て回るのも面白いかと思います。

Kindle ストアのように「冬☆電書2014」セールという形ではプロモーションしていないものの、kobo 対抗で講談社系の多数の書籍が 30% ポイント還元という大盤振る舞いも開催中です。

Amazon.co.jp: 講談社: Kindleストア

また、Kindle ストアでは「Kindle本 冬のセール」という割引価格キャンペーンを大々的に行われています。

Amazon.co.jp: Kindle本 冬のセール: Kindleストア

あまり多数の電子書籍ストアをつまみ食いしていると使いづらさに繋がりますが、一つに絞らず、幾つかのストアを利用していると、それぞれの特徴の違い、セール施策の違いから、便利に使えることがあります。

本とのつきあい方が人それぞれであるように電子書籍ストアの使い方も人それぞれでしょうが、電子書籍ストアがまだ模索期である分、複数のストアを使っていると違いというのが見えてくるように思います(ぱっと見だけでは同じように見えても、意外と違ったり)。



さて、常用している電子書籍ストアについて、一利用者として使っている感想を述べていく記事を書いていますが、前回の紀伊國屋BookWeb + Kinoppy に続いては、角川系の電子書籍ストア「BOOK☆WALKER」です。




BOOK☆WALKER(KADOKAWA)

角川書店グループ(現 KADOKAWA)が運営する電子書籍ストア。出版社系ということで、当初は角川系の書籍だけを扱っていましたが、今は他の出版社も取り扱っています。ただ、他の電子書籍ストアと比べるとまだまだ取り扱い出版社、点数とも少ないのも事実。

そういった不利がある反面、出版社系ストアの強みとして

角川系書籍の電子化では BOOK☆WALKER 先行販売が多い


こと。他の電子書籍ストアより1ヶ月前後早くリリースされ、読むことができるのは自社系電子書籍ストアならではです。

そういったこともあって角川系の書籍、特にコミックや角川が買収しまくって独占市場化しつつあるラノベなどを利用するなら断然強い電子書籍ストア(といっても後述する理由で、ラノベを BOOK☆WALKER で買うのはあまりお勧めしませんが)。

そして、BOOK☆WALKER の大きな特徴としては

頻繁に行われるキャッシュバックキャンペーン


があります。○千円買ったら×××円分の WebMoney をキャッシュバックというものですが、その WebMoney は BOOK☆WALKER 専用ですので、実質ポイントバックみたいなものです。

セール内容は他の電子書籍ストアと比べてもかなり大盤振る舞いで、一般向けのみならず、大量購入者に向けたシークレットキャンペーンもあり、正直セールに釣られまくっている私は、現在購入書籍数トップの電子書籍ストアとなっています(^_^;)

また、Kinoppy ととも貴重な iTunes 決済可能な電子書籍ストア(この2つだけ)であり、私が利用するキッカケもそれでした。

ただし、iTunes 決済の制約上、iOS アプリから買う時のみ価格が違うとか、iOS アプリからは買えない書籍が多数あるのは Kinoppy と同じです。最近は iOS アプリから買おうとすると、長い注意書きメッセージが出てきて、あからさまに iOS アプリで買うな的な意図が感じられるのはマイナス。

(30%も中間マージン差っ引かれるわ、Apple 側の決済エラーでも文句言われるわ、で嫌なのは判るけど、iOS アプリでストアを開こうとすると毎回あのメッセージを見せられるのはウンザリする)

利用可能な環境は基本的に iOS と Android。Windows 用ソフトもありますが、こちらは iOS / Android アプリと異なり、常時ネットに繋がった状態で読む、ウェブコミックの専用アプリ版みたいなものです(Windows タブレットには適していません)。

BOOK☆WALKER アプリ自体の印象は

書籍管理は優れている方だが、文字系書籍を読むには微妙


という感じですね。コミックに関しては可も無く不可も無くレベルなものの、文字もの書籍を読むのには今ひとつのアプリです。

フォントサイズが変えられるのは当たり前として、余白や行間が全く変えられないのは、余白が詰まったレイアウトの書籍が多いだけにかなり辛いです。読書設定については最小限。以前リクエストは出したことがあるけれど、今のところ改善されていません。

フォント自体(というかフォントと文章レイアウトのバランス)も Kinoppy と比べると落ちる印象ですし、専用の E-Ink 電子書籍端末もありませんから、私の中では

コミック&雑誌用途メインのストア


という位置づけです(むかし角川系のラノベを BOOK☆WALKER で結構買ってしまっていて、読みにくさから完全に積ん読しまくっている…)。


アプリの書籍管理としては本棚機能があり、端末間の本棚同期機能もあります。本棚同期は Kinoppy と違って手動で同期指定する方式。また本棚自体も、一画面が一つの本棚になっていて感覚的に一番馴染みやすいタイプです。

EBookStore2_BookWalker


書籍によっては購入特典として、上記画面にあるような、購入した書籍にちなんだ本棚デザインが用意されています。頻繁に行われるセールでまとめ買いした際には、こういう本棚デザインが用意されているのは良いものです。

マニア心をくすぐる?ちょっとしたアイデア


があるのは BOOK☆WALKER の良いところではないかと思います。

購入したシリーズ続刊の通知機能はアプリにはありませんが、ウェブサイト上で続刊リリース通知される機能はあります。各種キャンペーンの告知はメールやウェブサイト上のメッセージ機能で知ることができます。

また、欲しい物リストに相当するチェック機能もありますし、カートに書籍を入れた際、既に購入していた書籍は自動的に除外されるという二重購入を防ぐ機能が備わっているのは安心です。

購入時の代金決済方法は、クレジットカードや iOS アプリ上の iTunes 決済だけではなく、プリペイドカードの WebMoney や au かんたん決済、Suica や Edy などが使えるのは非常に便利ですし、若年層にも優しい仕様になっています。

書籍データーのクラウドから端末へのダウンロード速度は、他のストアと比べて平均すると速い方。コミックは Kinoppy のような高精細データーではありませんが、端末の容量に対しては優しいですし、Kindle に比べれば画質はマシだと感じます。

シリーズものを読み終わると続刊や関連する書籍を表示して、購入済みならば本棚へ戻らずともその書籍へすぐに移行できたり、購入していなければ販売ページへ直接行けるのも便利です。アプリの書籍管理という点では、BookLive! のようなシリーズ書籍の一括まとめ機能がない以外は優秀な方だと思っています。

ただし、ウェブ上の管理画面で購入書籍を一覧する機能については購入数が多くなるとかなり使いづらい仕様なので(これも直して欲しいのだが…)、アプリの方で閲覧した方が楽です。Kindle のようにウェブ上から端末へデーター送信する機能はありません。

また、BOOK☆WALKER の大きな欠点として、登録デバイス管理がユーザーから一切行えないということ。端末上のアプリからログアウトし忘れると、登録デバイスが溜まっていきますし、過去の経験では1台の端末からログアウトしてから別の端末でログアウトしようとしたら、登録デバイス上限で撥ねられたことがあります。

登録デバイス一斉リセットを行うことでデバイス登録をやり直して使うことはできるものの、明らかに他のストアと比べても不便です。今後、端末の買い替え、買い増しが増えていけば、同じような体験をする人は増えるでしょうから、デバイス管理機能は実装してもらいたいものです。


ところで、BOOK☆WALKER の目立たないながら他にない大きな特長の一つとして、Android アプリのインストールは Google Play からだけではなく api ファイルも用意されている!ということがあります。

Android向けBOOK☆WALKERアプリ(apkファイル)│電子書籍ストア - BOOK☆WALKER

上記ページの apk ファイルは動作保証外ですが、これにより Google Play が使えない激安中華タブレットでも動かせる場合がありますし、何より

Kindle Fire 系タブレットでも Kindle 以外に BOOK☆WALKER の電子書籍が読める!


のは魅力です。ふだん使うことはないですが、幅広いデバイス対応という点ではこういうのも見逃せません。

また、上記ページではβ版の配布が行われていることもあり、いま現在 Android 4.4 への対応が遅れていますが、β版を提供して利用者の不便を少しでも回避しようという努力をしています。

【12/2 追記】正式な Android 4.4 対応版が本日 Google Play からリリースされています(ART ランタイムには非対応)。

そういったことも含めて、

サービス面ではなかなか使い心地の良いストア


だったりします。初期の頃は色々と酷いところもありましたが、順次改善されて良いストアになったと思います。

ただ、先にも述べたように “書籍を読む” という肝心な部分で足りないところがあるのは小さくない欠点です。また、近日配信予定のリストがあるのは良いのですが、あまり当てにならないというか、載ってないものがどっさり急に配信ということも間々ありますし、何よりも

出版社によっては(既刊が配信済みでも)新刊がスムースに配信されない


ことがあります。他の電子書籍ストアではとっくに配信されているのに BOOK☆WALKER だけ…ということを何度か経験しています。

おかげで、BOOK☆WALKER で全巻揃えて買っていたのに、途中から別の電子書籍ストアで買うことにしたシリーズも複数あります。1週間くらいなら待てたのですが、1ヶ月近く待っても出ないとか、ものによっては数ヶ月遅れでしたから待てなくなりました…

「BOOK☆WALKER の中の人たちは手が足りてないのかなぁ」なんて思うこともしばしばですが、いずれにせよ、取り扱い出版社や点数が他に比べて不利なこともありますし

メインにせよ、サブにせよ、他と併用して利用するストア


と言っても良いように思います。

また、ストアとしての方向性は紀伊國屋ウェブストアとは真逆で、

若年層向け、ヲタク向け、大きな子供向け


であり、そこが BOOK☆WALKER の魅力です。角川らしいとも言えます :-)

あとは、角川系コミックは安心安定かつ迅速に買えるので、角川系コミック/雑誌なら BOOK☆WALKER ですね。ラノベはアプリでの読書に読みにくさを感じないなら BOOK☆WALKER が良いですし、そうでないなら別のところへ。



ということで、「BOOK☆WALKER」を使っている中での忌憚ない感想を書きましたが、なんだかんだで一番買っているし、Kindle に比べれば(文字系書籍を読む時以外は)遙かに使い勝手が良いですので気に入っている、応援しているストアです。徐々に改善されている点も多くて好感はもっていますしね。

もちろん、キャッシュバック・キャンペーンで釣られまくってるのは間違いないですし、身も蓋もない言い方をすると、キャンペーンを活用して BOOK☆WALKER で買うと美味しい部分を堪能するストアでもありますが、反面 BOOK☆WALKER のおかげで随分と散財しつつも色々と読めているので有り難い存在です。

正直なところ、BOOK☆WALKER で買う時はキャッシュバック・キャンペーンを待って買っている状態で、今後もそうなるでしょうが、あまりに大量に買ってる分、ストア・クローズされると甚大な被害を被るので、それだけはないように頑張ってもらいたいと思います…

電子書籍ストアが本格的に立ち上がって3年
利用中の電子書籍ストア4店舗雑感【1】紀伊國屋ウェブストア + Kinoppy

Google Nexus 7 (2013) TABLET/ブラック(Android/7inch/APQ8064/2G/32G/BT4/LTE) ME571-LTE
Google Nexus 7 (2013) ME571-LTE

(BOOK☆WALKER は電子書籍専用端末がないので小型タブレットが最適)