iPhone 5s/5c からドコモも iPhone を取り扱うようになり、主要キャリアが全て iPhone を売るようになったのですから、もはや SIMロックフリー機を国内で販売しない理由はなくなっていたわけですが、ついに!であります。

iPhone 5s - ゴールド、シルバー、スペースグレイの新しいiPhone 5sを購入する - Apple Store (Japan)
iPhone 5c - ホワイト、ピンク、イエロー、ブルー、グリーンのiPhone 5cを購入する - Apple Store (Japan)

日本国内向け SIM ロックフリー機の価格は

iPhone 5s16GB71,800円
32GB81,800円
64GB91,800円
iPhone 5c16GB60,800円
32GB71,800円


となっていて、海外でもだぶついているっぽい iPhone 5c はともかく

輸入業者経由の iPhone 5s より随分と安い


ですし、アップル公式で買う分、安心感もあります(まぁ Expansys の輸入品購入で対応に不満を感じたことはないですけどね)。

ま、SIM ロックフリー iPhone をアップルが国内で発売開始したからといって大半の人はキャリアモデルを買うでしょうし、通常はその方が(2年で買い換えるなら)トータルとして安いわけですが、海外へ時々行く人には魅力あるモデルですし、MVNO の廉価 SIM で限界まで安くあげたい人にも朗報です。


というか、昔から SIM ロックがウンタラカンタラという論議がずっと続いてきた状況を見続けてきた人たちなら、こうやってアップル公式で SIM ロックフリー iPhone を取り扱っているのをみると感慨深いものがあるのではないかと思います。

ようやく発売された docomo iPhone 5s/5c は期待に反してソフトバンク並みの厳重な SIM ロックがかかっていますから、自由を求める人への SIM ロックフリー機の国内発売は良かったのではないでしょうか。日本通信が無駄に喜びそうですが ;-)

ただ、従来報告があがっているように現状、SIM ロックフリー機でも MVNO SIM では LTE 通信ができないなどの問題が発生する場合があるわけです。

てくろぐ iPhone 5s・iPhone 5c IIJmio高速モバイル-Dで使える?

そういった問題点が国内販売開始とともに何らかの改善があるのか、そのままなのか、今はそのままでも iOS アップデート(開発者向けに iOS 7.1 β版が既に来てます)で解決されるのか、注目すべき問題だと思います。

(それによっては私も iPad Air を SIM ロックフリー機で買うかも知れませんし… iPad の SIM ロックフリー機も売ってくれたら、ですけれど)

いずれにせよ、

SIM ロックフリー機が正式に国内発売され“正常化”しただけでも
ドコモの iPhone 参入の価値はあったかもしれないなぁ


なんて思います。ちょっと大げさかも知れませんが。

iPhone 3G が日本で発売開始されて5年以上経って、ようやく欲しい iPhone を自由に選べる環境になったことは喜ばしい、めでたい話です。


【海外版SIMフリー】Apple iPhone5S 64GB ゴールド【sim free シムフリー】
【海外版SIMフリー】Apple iPhone5S 64GB ゴールド

(馬鹿高い値段設定の輸入業者はどうしますかねぇ)