しかし、なんで X-Pro2 が先じゃなくて X-E2 が先なのでしょう?? X-Pro1 は X-E1 に先立つこと半年前に発売されていたのに、今回は順番が逆じゃないですかねぇ。

X-Pro1 は話題になりつつも大して売れず、X-E1 になってようやくボチボチ売れたから今度は X-E2 先行ということでしょうか。X-M1 がナニで余裕がないから一番の売れ線(といっても知れてるが)を先に出すのでしょうか。

まぁ、最近の富士フイルムは「富士フイルム独自の X-Trans CMOS 撮像素子じゃない普通のベイヤー素子を採用した X-A1」を出してくるなど、

どう見ても迷走中


な状況ですから、何がどうあってもおかしくないのですが、X-E1 ユーザーとしては悩ましいところです。

FUJIFILM X-A1 | 富士フイルム

というか、

最大の特徴を削ったら富士フイルムのミラーレス機なんて誰が買うの?


って感じなんですけどねぇ。富士機は X-Trans CMOS 撮像素子による先鋭な画質が魅力なわけで、平々凡々なミラーレス機でわざわざ富士フイルムを選ぶ理由なんて1ミリもないと思いますけどねぇ(大して安くないし)。

おまけに中途半端な廉価機ばかりだして、X-Pro1 発売の頃は「当社はプレミアム路線で」とか言っていたくせに、なんなのでしょう。

X-A1_Release1
(赤色か?赤色が出したかったんか?上位機で赤を出す勇気がなかったんか?ww)


ともあれ、X-M1 以上にどうでもいい X-A1 はともかく、X-E2 ですよ。初代 X-E1 発売から1年でモデルチェンジ。早いですね。

FUJIFILM X-E2 | 富士フイルム

中身はタイトルにも書きましたが、

X-E1 + X100S + X-M1 - 可動式液晶 + α = X-E2


です。以上、終了です。まぁ順当すぎて、良くなってるのは判るけど、物足りないのも事実。可動式液晶もなしではねぇ。

X-E2_Release1
(表側の見た目は、ほぼ一緒)


具体的な改善点を並べてみると、以下のようになります。



この春、X100 が2年ぶりにモデルチェンジして X100S となった時に採用された

  • Xマウント機で採用されている「X-Trans CMOS」に像面位相差画素を追加した「X-Trans CMOS II」

  • 小絞りボケを防ぐ点像復元処理「レンズモジュレーションオプティマイザー」

  • EVF で昔のマニュアルフォーカスカメラのようなピント合わせが可能な「デジタルスプリットイメージ」機能


といった機能。

これに加えて X-M1 からは、Wi-Fi 機能や「スーパーiフラッシュ」機能が搭載されましたし、他にも

  • 今どき±2EV しかできなかった露出補正が ±3EVに
    (これでも同レベルの機種には劣ってるが)

  • 10万円を超えるカメラなのに背面液晶が 2.8インチ46万ドットという糞液晶だったから3インチ104万ドットという標準レベルに高精細化

  • 心底遅かったメモリーカードへの書き込みが X-E1 から 1.8倍高速に

  • 連写性能が秒 6コマ→ 7コマ

  • ISO Auto 時の最低感度の設定が可能に


という改善がなされています。

像面位相差 AF も点像復元処理も現在注目機能であり、点像復元処理は最近になってオリンパスの EM-1 や昨日発表のソニー α7 / α7R にも採用されたし、今後搭載するカメラは増えていくでしょう(カメラ内処理でなければ、キヤノンが純正 RAW 現像ソフト DPP で最初に搭載した)。

また、「デジタルスプリットイメージ」は富士フイルムならではの機能で、私もちょっと使ってみたいと思っていますし、Wi-Fi 機能は F900EXR で使っていますが、富士フイルムのはまずまず使いやすいです。

ただまぁ、

  • メモリカードへの書き込み高速化は、X-E1 は遅すぎただけ

  • 背面液晶は X-E1 が酷すぎただけ

  • 露出補正は今どき±2EV だった方がおかしかっただけ


であり、

X-E1 が10万を超えるカメラとしては画質以外全て酷かった


だけであり、それが

X-E2 で並み程度になっただけ


という感じ。

おまけに像面位相差AF を採用して、例によって

X-E2_Release3


こんな風にキャッチコピーを載せてますが、

X100S と同じなら AF 速度は全く期待できない


ですね。触ったことがあるなら判りますが、X100S 程度であれば AF-S ならオリンパスのコントラスト式AF の方が速い。

それに AF というのはボディだけの問題ではなくレンズ側の性能も必要なわけで、ボディに像面位相差 AF を採用したから即爆速化するわけでもないし、もっと言えば動体相手の AF-C はメーカーノウハウが重要だから像面位相差 AF だけで劇的に良くなるわけでもありません。

まぁ、富士フイルムの世界最速○○秒とかいうのは、昔のオリンパスと同じで「数字だせば、購入者をだませると思ってるんか?」と言いたくなるレベルですからねぇ。X-E1 の時も散々数字出していたけど、どこのミラーレス機よりも遅かったと言って過言じゃなかったし。

(その後、この一年のファームウェア・アップデートで色々改善されてきましたが、それは初代 NEX-5 の時と同じで、マイナス100がよく言ってプラマイゼロになった程度の話)

X-E2_Release2


個人的には、富士フイルムの AF には1ミリも期待していないのですが、

  • 点像復元処理

  • デジタルスプリットイメージ

  • ±3EV 化した露出補正範囲(±2EV はキツかった)

  • まともになった背面液晶

  • 速くなったメモリーカード書き込み

  • Wi-Fi 機能


と言った点はかなり魅力を感じるので買い換えたい気持ちもあるのですが、

背面液晶のバリアングル化もなく、大して画質も変わらんしなぁ


という部分で躊躇いは強いですね。安くないし。

おまけに

AF-C は中央一点固定という恥ずかしい仕様のままなの?
連写モードにするとファイル名が変わるキチガイ仕様のままなの?
連写モードで撮った写真は再生時に勝手にグループ化されてしまうアホ仕様のまま?
ファイル書き込みしている間はフリーズして何もできない馬鹿カメラなの?
RAW だとフィルムシミュレーションブラケットは使えないままなの?
カスタム設定は記録画質モードも覚えない使えないヤツのまま?
カスタム設定は相変わらず1〜7という数字だけなの?


というのがあるんですよねぇ。それに操作性。

背面のボタンを見る限り

富士フイルムって操作性についてはピント外れやなぁ…


という感じをまた受けます。親指を引っかけるサムグリップの上に AFロック、AEロックボタンを付けてどうするんでしょうか。きちんとホールドして被写体と向き合ってる時にロックしたいのに、ホールドを動かすような真似はダメでしょう…

まぁ、機能面は変わっても、使い勝手の面はきっと変わってないんだろうなぁ…と思ってしまいます。いずれにしても、

実機触って操作性の改善がなされているかどうか


ですね、買い換えのポイントは。

あと、X-E2 をマイナーチェンジでお茶を濁しておいて、X-Pro2 に色々新技術投入しまくりだったりすると哀しいので、そこらへんも様子見ですかねぇ。

まぁ、X-Pro2 は結局なくなってしまったり、フルサイズ化して…となったりしても驚きませんが。

FUJIFILM X-E2 | 富士フイルム
FUJIFILM X-A1 | 富士フイルム

【追記】発表会のウェブメディア記事

富士フイルム「X-E2」「X-A1」「XQ1」の発表会レポート - デジカメ Watch
X-E2はXシリーズの決定版 ―― 富士フイルム新FUJIFILM Xシリーズ発表会 - ITmedia デジカメプラス

とか読んでいて、まぁ自慢大会になるのは当然だとしても、そこまで言うんだったら、防塵防滴くらい考えろよ、とか、世界最速AF ってもしかして超広角レンズで測ってたの?(失笑)とか、決定版というならバリアングルモニターにしてシャッター速度 1/8000秒くらい入れとけよ、とか思うわけで。

まぁ結局、Xマウントカメラはスナップ機でしかないのかも知れんが。