iPad / Android タブレットのおかげで、すっかり日陰者扱いになっている Windows 8 タブレットですが、今秋は新しい Atom プロセッサ(Bay Trail)と Windows 8.1 の発表を得て、一気に小型 8インチクラスの端末が充実します。

既に東芝 Encore が欧州で正式発表され、国内でも参考出品されたようですし、一足早く8インチ Windows 8 タブレット「ICONIA W3-810」を出したエイサーも新型機が海外で参考出品されています。

CEATEC JAPAN 2013:東芝の小型「Windows 8.1搭載タブレット」、CEATECでもチラ見せ - ITmedia PC USER
エイサーの8型Windows 8.1タブレットIconia W4目撃、Bay TrailにIPS液晶採用 - Engadget Japanese

そんな中、大手メーカー DELL からも小型 Windows 8.1 タブレットが発表されました。

Dell、Bay Trail/Windows 8.1搭載の8型タブレットなど - PC Watch
デルからも8インチWindows 8タブレット Venue 8 Pro、約400g で10時間駆動。ペン入力対応 - Engadget Japanese

スペック的には

大幅強化の新型 Atom + 8インチ液晶 + Windows 8.1 + 2GB RAM
それで、お値段 $300 台


という今秋の定番スペック。

液晶は 1280x800 pixels の IPS タイプで、ストレージは 32GB、マイクロソフト・オフィス付き、というのも定番。

その中で各社どう差別していくのかが楽しみですが、今のところはそう大きな差はないようで、実売価格やメーカーで選ぶ、という感じになるのでしょうか。今後まだ出してくるメーカーがあるらしいですが。



個人的には 2GB RAM ではメモリが実用ギリギリなので(Windows Vista を 2GB で使っていた時のような重さはないけれど)、メモリ 4GB 搭載モデルが早く出て欲しいのですが、新型 Atom 用デバイスドライバ絡みでまだ 64bit版 Windows 8.1 が動かないらしく、メモリ 4GB モデルが出てくるとしても、64bit版が使える来春以降なのかもしれません。

その前に海外発表ばかりで国内向けに発売が正式に決まったモデルが一切ないのですが、国内で参考展示している東芝 Encore は出してくれるでしょうし(期待)、エイサーも海外から遅れて出してくれると思いますが…。デルも含めて期待しておきたいと思います。

当分は愛用している ICONIA W3-810 で十分ですが、各種ベンチマークテストを見ても新型 Atom は消費電力そのままに処理能力が大幅向上しているようですから、元々非力な分、いずれ買い換えたいなぁ…と思っているので楽しみです。


Acer ICONIA W3-810 (Atom Z2760/2G/64G eMMC/8.1/Win8(32)/OF2013H&B/シルバー) W3-810
Acer ICONIA W3-810 (Atom Z2760/2G/64G eMMC/8.1/Win8(32)/OF2013H&B/シルバー)

(タブレットとしてはアレだが、小型 Windows 端末としては実用になるし安い!)