新しい Nexus 7 から遅れること二ヶ月経ちましたが、先日の新型 Kindle Paperwhite に続いて、本日 Kindle Fire HD の新型 HDX 7" / HDX 8.9" が発表されました。

従来と同じく 7インチ液晶と 8.9インチ液晶の2タイプが用意されていますが、時代に合わせて

Nexus 7 に続き、Kindle Fire の液晶も “Retina Display” 高精細化


しました。そのせいか、モデル名は従来の Fire HD から Fire HDX となっています。

7インチ液晶の HDX 7" は Nexus 7 (2013) と同じく 1920x1200pixels、一回り大きな 8.9インチ液晶の HDX 8.9" は 2560x1600pixels と Android タブレットの上位機種や Nexus 7/10 と同じレベルになりました。

さらに、新型 Nexus 7 同様にメモリ倍増 2GB になった他、

CPU は最新の Snapdragon 800 搭載
LTE モデル、ストレージ 64GB モデルあり


と、「ハイエンド仕様」になっています。

2ヶ月前に発表されて一足早く発売された新型 Nexus 7 (2013) は一世代前の Snapdragon S4 Pro ですから、

スペックもバリエーションも Kindle Fire HDX は Nexus を超えてきた


という感じですね。

おまけに

従来の重い・分厚い Kindle Fire を覆す大幅軽量化!


を実現しています(幅は相変わらずだけど)。はっきりいって、スペック上の進化は全て絶賛レベルの良いことばかりです。

ただし、これだけハイスペック仕様になると「ハードウェアで儲けるつもりはない」という Amazon でもそうそう安い値段にすることはできなかったようで、うーーん、という感じの価格。

Kindle Fire HDX 7" の 16GB/Wi-Fi版/広告付きモデルが $229(新型 Nexus 7 の 16GB Wi-Fi版と同じ)で、広告なしだと $244、HDX 8.9" に至っては 16GB/Wi-Fi版/広告付きモデルの一番安いモデルでも $379(Nexus 10 は $299)。

新型 Nexus 7 以上に Kindle Fire も高くなったな!


としか言いようがないですね。新型 Nexus 7 同様、スペックの高さを見れば、値段も納得ではありますが…これで売れるんですかねぇ。

もっとも、そのために HDX じゃない従来からの Kindle Fire HD が軽くなってモデルチェンジ、$139〜とエントリーモデル扱いになっています。


というわけで、Nexus 同様にハイスペック、ハイエンド志向になった Kindle Fire HDX ですが、直接のライバル?になるであろう Nexus との比較表を以下に。

 Kindle Fire HDX 7"Nexus 7 (2013)
画面解像度 (pixels)1920x12001920×1200
CPUSnapdragon 800
(2.2GHz)
Snapdragon S4 Pro
(1.5GHz)
メモリ2GB2GB
ストレージ16/32/64GB16/32GB
カメラ前面のみ前面・背面
4G/LTE版ありあり
無線LAN802.11a/b/g/n802.11a/b/g/n
スピーカーステレオステレオ
GPSLTE版のみ有り全モデル有り
OSFire OS 3.0
(Android ベース)
Android 4.3
アプリストアKindle ストア
(Google Play 利用不可)
Google Play
バッテリー駆動時間11時間10時間
サイズ186×128×9mm200×114×8.65mm
重さ (Wi-Fi版)303g290g
値段$229〜$229〜



 Kindle Fire HDX 8.9"Nexus 10
画面サイズ8.9インチ10インチ
画面解像度 (pixels)2560×16002560×1600
CPUSnapdragon 800
(2.2GHz)
Exynos 5
(1.7GHz)
メモリ2GB2GB
ストレージ16/32/64GB16/32GB
カメラ前面・背面前面・背面
4G/LTE版ありなし
無線LAN802.11a/b/g/n802.11a/b/g/n
スピーカーステレオステレオ
GPSLTE版のみ有り全モデル有り
OSFire OS 3.0
(Android ベース)
Android 4.2→4.3
アプリストアKindle ストア
(Google Play 利用不可)
Google Play
バッテリー駆動時間12時間9時間
サイズ231×158×7.8mm263.9×177.6×8.9 mm
重さ (Wi-Fi版)374g604g
値段$379〜$299〜


とまぁ、新しい Kindle Fire HDX のハイスペックぶりはなかなかのものですし、何より以前の分厚い重い Kindle Fire の印象が一変しています。それだけに、価格の高さっぷりは残念というか、Kindle らしくありませんね。

個人的には、アプリストアは Google のものが使えず、Kindle 限定になってしまう点が(よく使われる定番アプリは結構揃ってきているとはいえ)どうしても気に入らないので、Fire シリーズはよほど安くない限り買いませんが、この価格では魅力はあっても微妙です。

ともあれ、こうも揃って昨年の安売りコストパフォーマンス志向からハイスペック・高付加価値路線に舵を切られると、ちょっとなんだかなーな気分ではあります。

とりあえず日本で(SIMロックフリーな?)LTE版売るのかどうかは判りませんが、それも含めて国内版の価格にも注目してみたいところです(Paperwhite は何故か日本だけ大盤振る舞いですしね)。