午後4時の iPhone 5c 予約開始を目の前に、料金プランのさや当てが始まる午後なわけですが、まず au KDDI が記者会見を行って、スマートフォンとタブレットの「データシェア」サービスを発表しました。

スマホとタブレットでデータ容量を分け合いおトクに利用できる 「データシェア」サービスの提供について ~サービス提供に先駆けて「先取り!データシェアキャンペーン」開始~ (PDF)

「データシェア」サービスというのは

スマートフォンとタブレットの月間データー通信使用量を共用できる


というもの。

通常、大手キャリアではスマートフォンの月間データー使用量は上限 7GB、それを超えると大きく速度制限がされるという仕組みになっていますが、

スマートフォンとタブレットを両方契約してくれれば
双方の月間データー使用量は合算して融通するよ


というわけです。まぁ考えてみれば、同一契約なのですから今までなかった方がおかしいわけで。

さらに、これだけでは大した旨みもないわけですが、

タブレットの月間使用量を 2GB に抑えた「スマホセット割」で月額 2,992円


という廉価プランを出してきたのが特徴。

さらにさらに

新規、機種変更購入時は2年間、月額 1,050円


となるので、これはかなり「タブレットも Wi-Fi版じゃなくて LTE版にしようかな?」と思わせることのできる価格ではないかと思います。

ただし、これだけ安く打ち出してきたので、以下のような制限もあります。




  • 適用できるタブレットは、スマートフォンに 1 台に対して 1 台のみ

  • タブレットの月額料金には au スマートバリュー、毎月割は適用されない


ま、これは仕方ないでしょうかね。

ちなみに、今日発表した施策で、キャンペーン開始も iPhone 5s/5c 発売日の 9月20日ですが、

iPhone / iPad に限らず、Android 端末でも可能


のようです。

いずれにしても、

SIMロックフリーのタブレット+廉価データー通信サービスへの対抗策


ですね。かなり魅力的です。

iPad も 3G版/LTE版を使ってきていた身からすれば、タブレットも通信できた方が良いのは間違いないと実感できますからね。

ま、おそらく他社も追随してくると思いますが、多少は便利になりそうです :-)


NTTコミュニケーションズ OCN モバイル ONE SIMパッケージ
NTTコミュニケーションズ OCN モバイル ONE SIMパッケージ

(今までは SIMフリー機を買って廉価 SIM 入れていたが、よりマニアックになりそう…)