今日は PS4 の発売時期、値段が発表されたり、新型 PS Vita が発表されたり、SONY版 Apple TV、Chromecast な Vita TV なるものも発表されたりと、ホント最近は“意欲的なソニー”が帰ってきたなぁ、と思う昨今です。フルサイズ NEX の発表も近いようですし…

さて、先日、新型 iPhone が出る前にあたって適当な駄文をつらつらと垂れ流したわけですが、その続きのようなもの、です。


先月の記事「Acer ICONIA W3-810 購入から一ヶ月」の初回記事では、ネタ製品として買った ICONIA W3-810 が想像以上に実用になるヤツだったおかげで iPad mini の持ち出し回数が半減した、と書きましたが、その後も私の中で iPad mini の存在感は低下する一方です。

などと書くと、また日本エイサー公式が都合良くリツイートしたりファボったりするのですが、てめーらはウチのアフィを踏んで買い物を5千回くらいして嘘写真で改悪されたキーボード代を10倍返しで弁償しやがってから、おファボり下さい。

また、ITmedia とかで「仕事に使える8インチ Windows タブレット」云々という派手な広告を見ましたが、エイサーの場合は初期不良でも何でもサポートが有料ダイアルその他評判の糞サポートを真っ当にしてから仕事に使えるとか言いやがれ、であります。いやホント、真面目な話。

というわけで、ICONIA W3-810 は愛用しておりますが、決して軽はずみに勧められるものでもないのは、過去に書いた様々な理由、Win8 はタブレットとしては最低環境、次期Atom + Win8.1 を待つべき、などといったこと以外に、メーカー的に信用できるところでない故もあります。

といったことはあるものの、ICONIA W3-810 という 8インチの Win8 タブレット端末を得て、私のタブレット環境、考え方は随分変わりました。

GR005379.JPG


Win8 タブレットはタブレットと言いつつも、その実 Windows パソコンです。再三再四書いているように、タブレットとしては iPad / Android と比べて悪い意味で雲泥の差です。タブレットしては現状、かなり使い物にならないと言っても良いでしょう。

反面、Win8 タブレットはどこまでも Windows パソコンですから、パソコンでやらせていたような作業をやるには、 iPad / Android タブレットと比べて良い意味で雲泥の差です。

初代 iPad 購入以降、荷物軽量化のために「タブレットでノートパソコンの役割を一部代用できるようにする」努力を色々とやってきて、iPad (mini) は数多くのアプリ、周辺アクセサリに助けられて、出張先・旅先でノートパソコンを使う用途の一定部分は代用できるようになりました。

が、しかし、Win8 タブレットを使い始めて

パソコンでやるようなことはパソコンにやらせるのがベスト


という、至極当たり前のことを再実感しました。

小型の Win8 タブレットが出て使っていると

もう無理に iPad / Android にパソコン的な作業をやらせる意味はない


と思います。

「そんなこと当たり前だろ!」と言われればそれまでですが、実際に使ってみると、ちょっとしたことで「ああ、パソコン用 OS の Win8 タブレットなら楽だわ」と思うことは少なくないことに気づきます。



この記事は元々、先々週の東北〜北海道旅の途中で書いていました。日曜日に横浜でガンバ大阪を応援したのち、そのままバッグ一つ(+ポーチ一つ)で身軽に北へ向かってブラブラと旅をしていたわけですが、身軽さ優先ということでノートパソコンは持っていきませんでした。

いつもの身軽旅では iPad (mini)+キーボードカバーだけをお供にしつつも「リモートメンテだけでは対応できない突発事態が起きた時には、ノートパソコンがないと不安だなぁ」ということがあったのですが、今回は曲がりなりとも普通のパソコンでもある Win8 タブレット ICONIA W3 を持ってきているので(仕事環境も整えてあるし)安心?でした。

(ICONIA W3 というデバイスに対しては、メーカー的に信頼しきれないので、その部分での不安はありますが)

ところが、それだけではなく、例えばデジタルカメラで撮った写真のバックアップを行う場合でも、Win8 タブレットは簡単かつ大きな威力を発揮します。

Win8 タブレット(ICONIA W3)は基本的に Windows パソコンですから、デジタルカメラのデーターをバックアップするのに USB でメモリーカードリーダーと外付け HDD/SSD を繋げて、SD/CFカードの内容を HDD/SSD にバックアップできます。

たとえ、タブレット端末の内蔵ストレージに余裕がなくとも、小さな USB ハブでメモリーカードリーダーと外付 HDD/SSD を繋げば簡単にファイルコピーができます。パソコンでやるのと全く同じで何も苦労は要りません。

GR006367.JPG


ところが、こういうことを iOS / Android 環境でやろうとすると結構苦労します。私の場合、iPad 2 以降はデジタルカメラのデーターバックアップも考えて常にストレージ容量が最大のモデルを買ってきました。それでも 128GB 止まり、iPad mini なら 64GB 止まりです。

Android ならば microSDHC スロットに 64GB/128GB のカードを挿して、そこへバックアップすることになります。差し替えれば容量的にはさらに増やせますが、Android 端末の microSDHC スロットへの書き込みはたいていの場合、何十GB も転送していると膨大な時間がかかります。

Android の場合なら USB 経由のメモリーカードリーダーからいったん内蔵ストレージに読み込んで、次に外付け HDD/SSD に書き込む手段もありますし、iOS/ Android に限らず SSD/HDD 接続可能なワイヤレスメモリカードリーダーを使う手もあります。

が、どれも一長一短。というか、iPad のカメラコネクションキットで読み込む以外は、どれも時間や手間がかかりすぎて旅先ではやってられません。

そういったことを実際に色々試して経験してきた身からすれば、Win8 タブレット端末でのデジタルカメラデーターのバックアップは本当に楽です。USB ハブ経由ですから複数デバイスを繋いで電源容量的に大丈夫かどうかさえ事前確認しておけば、現地での作業は楽勝です。

それでいて、ノートパソコンを持ち歩かなくて済むのは、局所的な事例だとしても、自分が使ってきた中での Win8 タブレット端末の良さの一つでした。

GR005740.JPG


もっとも、Windows 8 タブレットがタブレットとして(完成したものではなくても)ある程度使えるものならば、ICONIA W3 だけを持ち歩けば良かったのですが、何度も書いているようにタブレットとしてマトモに使えるアプリが激少ない状況。

Twitter ですら真っ当に使えるアプリがなく(無料だけでなくリーズナブルな有料アプリもない)、ICONIA W3 のような Win8 タブレットより iPad (mini) や Android タブレットでやる方が遙かに快適、いやスマートフォンでも遙かにマシという状況です。

また、個人的にはタブレットを使う目的の一つとして電子書籍があるのですが、これまた Win8 タブレットではまともに使える電子書籍ストアアプリが殆どありません

Amazon Kindle は Kindle for Windows (Mac) が存在するにも関わらず日本国内では一向に出してくれないし、Book☆Walker のように Windows 版はあるけれど単なるビューワーでオフラインでは使えないものがあったり、そもそも

デスクトップ Windows 版であってタブレット用ではない電子書籍アプリばかり


であります。

本来、Windows 8 ならば真に「パソコン+タブレット」の一石二鳥、一台二役が完成するはずなのに、今は「タブレットもどきにもなるパソコン」でしかありません。残念です。

ですから結局、東北〜北海道ぶらり旅では小型 Win8 タブレット ICONIA W3 とともに iPad mini も持って行く羽目になりました。かなり悩みましたが、ICONIA W3 だけでは旅先で電子書籍を読むことも間々なりません。

正直言って

タブレット2台体制は、なんだかなー気分


ですし、アホらしい気がするのも事実でした。と同時に、純粋にブラウズ端末なら iPad mini より Nexus 7 を持って行った方が良かったなぁ、と思ったのですが、それについてはまた次回記事に。

いずれにしても、

パソコン的な作業もやらせるタブレットとしては Win8 タブレットに限るけど、結局タブレットとしては不十分だから別途 iPad (mini) か Android タブレットが必要

という間抜けな事態になるのが現時点の悩みです。

ただ、ICONIA W3-810 のような小型 Win8 タブレットなら

ノートパソコン+タブレットより軽くなるから、まぁいいか…


という形で自分を納得させてます。

本意ではありませんが、今まで多少無理してでも iPad (mini) や Android タブレットでパソコン作業の一部を代用してきて、

「色々と有用なアプリも揃ってきて、外部キーボードがあればかなりパソコン作業を代用できるようになったし、だいぶノートパソコンを持ち歩く必要がなくなってきたなぁ」

なんて思っていたのは所詮強がりでした、と言えるくらいには、パソコン的な作業をするのに Win8 タブレットが楽だと感じていますから、そこは当面妥協できるかな、と。


iPad でもそこそこ使えるエディタはありますし、IME も ATOKPad を使うことで代用できなくもないし、Snapseed を始めとする優秀なレタッチアプリも多く、なかにはパソコンより iPad の方が使いやすいと感じさせるアプリもあります。VPN も安定して使えるし、iSSH や iTeleport なんかは Windows 環境より優秀です。

けれども、ICONIA W3-810 を購入して使い始めて思ったのは

iPad で色々できる、やっていたのは多少無理していたのかもなぁ


と。iPad でノートPCでする作業の一定部分が代用できるのは間違いではないですし、その思いは今も変わらないのですが、やっぱりパソコン的な作業はパソコン OS 上でやるのが楽(当たり前)。

それだけに、これなら多少重くなっても ICONIA W3(と外部キーボード)を持ち歩こう、ノートパソコンを持ち歩くより軽いから我慢できるわ、必要に応じて閲覧端末としてのタブレットを別途持ち歩いてもいいや、と今は思っています。

GR005798.JPG


ま、私自身が年寄りすぎて純タブレット/スマートフォン世代ではなくパソコン世代と言うこともあるのでしょうが、こうやってエディタで糞みたいなブログ記事を書いている時でも、iPad や Android のエディタ+キーボードで書いているより ICONIA W3 の Windows 環境+キーボードの方が凄く楽に感じるのです。

昔から使い慣れたエディタを使えると言うこともあるのでしょうし、使い慣れた IME (ATOK) を使えると言うこともあるのでしょうが、同じ ATOK でも Win/Mac で使う ATOK と Android で使う ATOK ではどこか差があるように思ってしまいます(あくまで個人的な印象)。

ましてや iOS の ATOKPad はエディタとして少々どうかと思うレベルなので、ATOK は使えるけれどエディタという点でストレスを感じますから、他の OS 環境とは比較になりません。

ATOK で揃えて、同じ外部キーボードを使っていてタイプしていても、iPad (mini) や Android タブレットよりも Windows 環境の Win8 タブレット端末で使っている方が随分とストレスがありません。理由は判りませんが、確実に速度もストレスも違います。

また、

デジカメで写真を撮って→端末に取り込んで→レタッチアプリで軽く編集して→ブログサイトに写真をアップロードして→テキストを書いて投稿する、

こんな程度のことはどんなスマートフォンでもタブレットでも可能です。私自身、今まで散々やってきました。

が、やれるなら(たとえ画面が小さくても)パソコンでやった方が楽ではあります。特に iOS はアプリ間のデーターやりとりに制限がありますから、ちょっとしたことで工夫が必要な時があります。Android のインテントは便利ですが、使い勝手はパソコン用 OS には適いません。

これが仕事の資料作りだの何だのとなれば、尚更です。マイクロソフト Office が必須な仕事をしているわけでなくても、代用 Office ソフトよりマイクロソフト Office を使う方が安心安定なこともありますし、プログラミング作業となると iOS / Android ではお手上げです(リモートで別マシンにログインしてやる手もあるけど、高速かつ安定回線が前提だから旅先では心許ない)。

閲覧端末としては断然優れている iOS / Android タブレットも、パソコンもどき的な使い方をするとなると、やっぱりパソコン OS でやる方が便利だという当たり前のことを ICONIA W3 を使い始めて実感し続けています。



とまぁ、そんなこんなで私のタブレット生活の中で ICONIA W3 の存在感は益々大きくなっています。もうちょっと信頼できるメーカー、端末なら尚良しですが、現状の小型 Win8 タブレット端末は一択ですから仕方ありません。

初代 iPad を使い始めてタブレットはノートパソコンとまた違う便利があることに気づいてから、その両方を持ち出したくなるとともに、時にできるだけ荷物を軽量化する上で「タブレット+パソコン」的な環境を求めてきました。

未だ、それを実現する端末はありませんが、

タブレット+パソコンの一台二役を求めるなら Windows 8.x しかない


のも事実。

今の Win8 タブレット端末は、タブレットとしては論外のレベルですが、iOS や Android にパソコン的なものは決して求められませんし、求めること自体がおかしいわけで、そうなると Windows 8.x 端末に期待せざるを得ません。

そしてまた、閲覧端末としては最低の Win8 タブレットもパソコン的作業には向いてるわけで、そうなると「Win8 タブレットを補完する、もう1台のタブレット」は何でもできることよりも閲覧端末としてより適したものになります。

そうなると、最近は iPad mini より Nexus 7、特に新型 Nexus 7 だなぁ…という思いが強い昨今です。いま急速に私の中では iPad mini の存在感が薄くなっています。次回記事ではそのあたりについて、また書き散らしてみます。


Acer ICONIA W3-810 (Atom Z2760/2G/64G eMMC/8.1/Win8(32)/OF2013H&B/シルバー) W3-810
Acer ICONIA W3-810

(エイサーらしい安売り価格になってきた。これで Office 付きですからねぇ)