発売/購入から二ヶ月少々が経った、リコー新型 GR。カスタマイズサービスも行い、すっかり愛着度が増しています。

近年 GR Digital シリーズには関心が薄れていたのですが(GXR は買ったけれど)、APS-C化されつつも小型軽量を維持した新型 GR は「これは買っておくべきだろうなぁ」という感じで、他の購入予定物を押しのけて購入したわけですが、いやはや大正解でした。

発表で興味を惹かれつつ発売前イベントへ行って「これは買うしかないやろ!」と思ったカメラは EOS 7D、昨年の CyberShot RX100 に続いて3台目ですが、前二者と同様、

コイツは買って良かった!


と心底言えるカメラでした。

もちろん、気に入って常に持ち歩いています。たまにカバンや服装の関係上、ボディ厚の薄い PowerShot S100 を持ち出すことはありますが、GR とコンパクトデジカメをもう1台持って行ったとしても、結局使うのは GR ばっかりと言うことも多くあります。そして、予想通り DP1 Merrill の出番が殆どなくなっています…(;´Д`)

NewGR10CompareDP1M
(方向性が全然違う比較してはいけないカメラだけれどもサイズ差は如何ともし難く…)


元々予定外のカメラ購入でしたので、周辺アクセサリー類にはできるだけお金をかけず…と思っていましたが、なんだかんだと買い込み(まだワイコンに手を出すまでには至らないが)、先週始まったカスタマイズサービスも早速受けてしまっていますが、「気に入ったカメラ、長く使うカメラなら多少金をかけても問題なし」であります。

ともあれ、今のところは愛着限りないとも言える新型 GR ですが、反面

日々使い倒している分だけ、不満点も出てくる


のもまた事実。完璧な機械なんてありませんし、盲目的に「全て良し!」とは言えません。

ということで、二ヶ月使ってきての “改善要望点” も列挙しておこうと思います。

ファームウェア・アップデートでの改善を望む点も多くありますが、当然ハードウェアな問題もありますし、単なる好みの問題もありますが、自分が二ヶ月間感じてきた「ここはこうして欲しいなぁ、直して欲しいな」と思う点を以下に列挙しておきます。



  • Pモードにおいて、シャッター速度が確実に手ブレするであろう超低速(1/8〜1/2秒)になりながらも(マクロモード出ない場合は)絞り F4.0 を維持するプログラムラインは絶対におかしいと感じる。マニュアルにも記載のある仕様だが、手ブレ補正を内蔵していないのに何考えてんの?レベルで理解に苦しむ。
    ファームウェア・アップデートで低速時には絞りを開けるようなプログラムに改善を望みたい。そうでなければ、このプログラムラインが妥当である理由を示してもらいたい(後述のように GR はあまり高感度に頼れない機種だと思っているし)。

  • エフェクトブラケットでの RAW 3枚生成は止めて欲しい。シャッター 1回で同一 RAW から 3枚の JPEG を生成しているのに、同じ RAW を 3枚出力するのはメモリの無駄、待ち時間の無駄。使うたびにイライラする。
    (ファイル番号は RAW と JPEG 3枚を 4つの連番で振ればいいと思う。まぁ同じく RAW 1枚から JPEG 3枚のフィルムシミュレーション・ブラケットで RAW 撮影を許さない糞仕様の富士フィルムよりマシだけど)

  • 過去記事で書いたように、低照度・暗所での AF 性能は他社に比べて大きく劣る。精度を論ずる以前に AF を諦めてしまうシーンが多すぎる。ファームウェア・アップデートで可能な部分は改善を望みたい。

  • AF-C は発売前イベントで使った時に(従来の GR, GXR に比べて)相当良くなったと思ったが、実際に使ってみると、良くなっているけれどまだまだ頑張れ、だったので頑張ってください。そういうカメラではないと判っているけれど、AF-C ボタンを作っちゃってるので、せめてオリンパスに追いつく方向でよろしく(広角カメラなので個人的優先度は低いけど)。

  • 画質についてはコンパクト機にありがちな中央は良いけれど周辺部が…ということがなく、描写自体は気持ちよくて一応満足だが、カメラ内現像の撮って出し JPEG とパソコンでの RAW 現像の画質差が大きいと感じる。
    GR の撮って出し JPEG はローパスレス機にしては線の太さを感じるシーンが少なくなく、カメラ内現像エンジンがハードウェアのポテンシャルを活かしきってないように感じる(昨今、パソコンの RAW 現像よりカメラ内 JPEG の方が良い印象を与えるカメラも少なくないので、余計に GR の現像エンジンは物足りない)。
    スナップシューターたる GR は RAW より JPEG を重視したいカメラだけに、撮って出し JPEG の画質がより良くなることを期待したい。

  • 高感度画質は 2013年の APS-C 機としては全く物足りない。APS-C センサー搭載ということでもう少し期待したが、他社同世代機どころか少し前の機種と比べても劣ると感じる。
    大型センサー搭載で暗所にも強いスナップシューターになれるかと思ったが、暗所 AF のダメさ加減と合わせて、この点は今後の熟成で改善を強く望みたい。

  • ISO AUTO は、通常の ISO AUTO と ISO AUTO-HI に分かれていているが、ISO AUTO-HI に設定して電源を一度切って再投入後に ISO AUTO に戻っているのはおかしくないか?

  • マニュアルの記載では ISO AUTO は ISO 800 上限固定ということだが、ISO AUTO でも ISO AUTO-HI で設定している ISO 3200 まで上がっていることがあるのだが…何が正しいのだろうか?
    (まさか ISO AUTO-HI で電源OFF→ON で表示上は ISO AUTO に戻っているが、内部的には ISO AUTO-HI のままというようなことは…)

  • RAW + JPEG で撮影できるカメラなら RAW だけ、JPEG だけの削除機能が欲しい。リコーのことだから、そのうち取り入れると思っていたのだが、GR でもまだ入っていないので要望しておきたい。

  • 純正のパソコン用現像ソフトを提供できないのだから、カメラ内で複数ファイルの一括 RAW 現像機能を備えて欲しい。1枚1枚やるのは手間すぎる。これも前項同様に GR だけではないが(富士フィルム、おめーもだ)強く望みたい。

  • 初代 GR の頃から思っていたが、ADJ. レバーのメニューをレリーズ半押しで完全に抜けられるようにして欲しい(レリーズボタンから離した後に ADJ. メニューに戻らなくして欲しい)。GR/GXR シリーズの流儀といってしまえばそれまでだが、できればユーザーに選択させて欲しい。
    (レリーズボタンを半押しする時は既に設定は終わっている状態なので、レリーズボタンから離したらまたメニューが出るのは集中力を削ぐと感じる。好みの問題だけど)

  • ADJ. メニューは現在5つだが(初代では4つだったような?)、機能も相当増えたことだし、ADJ. メニューに入れられる設定項目をもう1つ2つ増やしても良いのでは?
    というか、増やして下さい。お願いします m(_ _)m

  • 今どきのデジタルカメラにしては足りない機能がある。HDR 撮影とパノラマ撮影機能。多重露出もあるのに…きっと、将来のファームウェア・アップデートに取ってるものだと思ってる :-)

  • エフェクトの種類は多くても使いづらく無駄に派手派手しいのは要らないが(ソニー機で実感)、パートカラーがないのだけは残念。これもきっと将来のファームウェア・アップデートで…

  • ブラケット撮影は豊富にあって満足だが、画像設定ブラケットがないのは不思議。ないと不便とまではいかないが、あったら使う。

  • フォーカスエリアの拡大表示倍率の等倍/n倍の切り替えを Fn ボタンおよび ADJ. メニューに追加できるようにして、マイセッティングにも登録できるようにして欲しい
    (現状、拡大倍率変更はフォーカスエリア移動モードに入ってからの切り替えで面倒だし、拡大状況がマイセッティングに保存されずにマイセッティングを切り替えてもそのままなのは、MF用セッティングとそれ以外を切り替えている私としては非常に使いづらい)

  • AWB はたまに外すことはあっても概ね良好だが、晴天屋外でややマゼンタ方向にかぶるのは個人的に好きではない
    (WB を晴天モードにすれば済むことだけど)


以上は現行 GR で改善を望む点や個人的な好みを書きましたが、以下の点は次期 GR で検討してもらいたいと感じる点です。

  • 液晶の見え味は GXR より相当良くなったけれど、ソニー機やキヤノン機に比べるとまだまだ劣ると感じる。日中屋外、特に直射日光下での見え方はもっと頑張って欲しい。

  • レリーズの感触はもう少しダイレクトかつ浅いものにして欲しい。という個人的好みを別にしても、10万円近くするカメラのフィーリングとしては物足りない。
    (ボディの質感は我慢できるけれどシャッターフィーリングはボディ同様にして欲しくない)

  • 充電用 USB 端子はノーマルな microUSB にしろ(命令形w)

  • たぶん要望が一番多いであろう手ブレ補正内蔵は、厚く大きく重くならず、画質に影響がないのなら実現して欲しい。厚く大きく重くなるくらいなら不要。

  • 手ブレ補正が内蔵されないなら(画質などに影響がない範囲で)もう少し横幅を小さくして欲しい。

  • 純正ケースから出す時に再生ボタンに指がかかることが多いのか、取り出したら再生モードになってることがよくある。再生ボタンはもう若干奥に引っ込む形でも良い気がする…

  • 以前の記事でも書いたが、そろそろメニューは一新すべき。深い階層になっていないのは良いけれど、あまりにフラットすぎて ADJ. メニューや Fn ボタンに割り当ててない設定項目へのアクセスが悪すぎる。
    新規ユーザーへの敷居が高く感じる部分の一つでもあるし、前時代的なメニュー UI と構造を再構築すべき時。
    (以前書いたように、どうしても従来の GR ユーザーとの継続を考えるなら、最近のスマートフォンのガラケーっぽいメニューのように新旧2つのメニュースタイルを取り入れるなどして欲しい)

  • メニューの文字、アイコンが小さすぎるのも改善すべき点。年寄りユーザーも少なくないと思うのに、大丈夫なのだろうか?
    (私はまだ大丈夫だ。ホントだよ! でも 5年後10年後は判らない…まぁ生きてるかどうかも判らんけど ^^;)

  • Wi-Fi や GPS 内蔵はあったら便利だけど、GR の場合はまだ他に優先すべきことが多いように思うので、そちらから。

  • 理由は不明だが、この2ヶ月で一度だけハングアップがあった。

  • GR に限らないのだが、TAv モードと M モードに分けているが、ニコン機のように Mモードで露出補正が可能になって ISO Auto が可能になっていれば TAv モードをいちいち分ける必要がないと思うのだが…何が違うんですかねぇ。
    (だから TAv モードの存在を殊更に強調するレビュー記事はどうかと思っている)


GR003800.JPG
(GR BLOG 今月のお題「ブルー」で応募しようと思いつつのボツ写真…)


とまぁ、色々と勝手なことを並べ立てましたが、言うのはタダ、聞くのはスルー承知で自分なりに気づいた点、考えたことを列挙いたしました。

これらが解決しないからといって GR への愛着、愛用具合が冷めるものではありませんが、ファームウェア・アップデートで改善できるものは改善して欲しいなぁ…と思います。

特に暗所スナップに関しては(AF、画質、プログラムの3点で)正直期待外れなところもありますし、他社機を見てももう少し頑張ってもらえるのではないかなぁ、熟成を進められるところがあるのではないかなぁ…と感じています(X-E1 並みにとまでは思わないけれど、NEX 前世代機並には…ね)。

GR002947.JPG


いずれにせよ、まだ半年強ですが、

今年一番の買って良かったカメラ製品


ですし、もしかすると毎年末に書いている、今年のお買いものベスト最有力候補かもしれません。

今年買ったカメラの中では X-E1 も愛用していて、愛着も全くないわけではないのですが、基本的に「このカメラの UI 設計した奴、ちょっとツラ貸せや!」と言いたくなる X-E1 と、「使っていてストレスないわ〜」と毎度実感できる GR では、愛着の度合いに雲泥の差があるのも当然です。

この GR に対するテンションの高さがいつ冷めるのかは、自分自身でも興味深いところですが(次期 PowerShot S シリーズに期待したい :-)、その時期がなるべく遅くなるといいなぁ、と思っています。

GR003741.JPG


というわけで、GR 発売前イベントの時からアレコレ、ダラダラと書き連ねてきた新型 GR の件ですが、ひとまずこれで区切りになるかと思います。また何か GR に関して動きがあれば、書くと思いますが、とりあえずこの辺で。

リコー「GR 体感&トークライブ in 大阪」へ行ってきました 【とりあえず編】
リコー「GR 体感&トークライブ in 大阪」へ行ってきました 【改めて諸々編】
Welcome to RICOH New GR 〜 新GR が1日遅れでやってきた、ヤァ!ヤァ!ヤァ!
リコー GR ファースト・インプレッション【1】まずは2日使ってみての雑感
DP1 Merrill, RX100…色々カメラサイズ比較とか 〜リコー GR ファースト・インプレッション【2】
リコー GR ファースト・インプレッション【3】親指AFは使いやすいが、C-AFは…連写ではなく一発狙いで
リコー GR ファースト・インプレッション【4】画質はまずまず満足だけど NRだけは…
リコー GR の梅雨対策【前編】なにはともあれフード&アダプタ
リコー GR の梅雨対策【後編】簡単付け替えストラップとか、なんちゃって超簡易レインカバーとか
GR と Eye-Fi カードの便利で微妙な関係【前編】〜 従来の Eye-Fi 連動から一歩進んだ便利な転送機能
GR と Eye-Fi カードの便利で微妙な関係【後編】〜GRユーザーにお薦めしたいが、もう一工夫も欲しい
リコー GR ファースト・インプレッション【5】お気に入りポイントその1 〜多彩で便利なブラケット
リコー GR ファースト・インプレッション【6】お気に入りポイントその2 〜使える使いたくなる派手すぎないエフェクト
色々試して悩みつつ、結局買ってしまった GR 純正革ケース GC-5 〜コンパクトなGR用ケースなら現状一択で良い製品
RX100 / GR など大型コンパクトデジカメ収納可能なカメラポーチ3製品紹介
新型 GR と汎用ミニ8ピン平型 USBケーブルの(充電に)便利で微妙な関係
新型 GR の背面液晶保護シートを買ったわけだが…
GR早期購入+発売前イベント参加者特典のネーム入り「GR × nano・universe ストリートバッグ」、ようやく到着!\(^o^)/
GR 予約特典限定の「GRオリジナルREDリング」もようやく到着したわけだが…
改めて GR セカンド・インプレッション【操作性/前編】〜グリップと親指AFの使い勝手は絶賛レベル
改めて GR セカンド・インプレッション【操作性/後編】〜操作性は満足とはいえ、改善要望点も
改めて GR セカンド・インプレッション【画質編】〜画像エンジンはもう一声頑張って!
改めて GR セカンド・インプレッション【Eye-Fi 編】〜GR 云々というより Eye-Fi を便利に使ってるという話
改めて GR セカンド・インプレッション【アクセサリー編】
寄りきれない GR で、もう一寄りを実現するクローズアップレンズ
なかなか使える/愛用できるヤツだった、GR早期購入特典の「GR × nano・universe ストリートバッグ」
今週始まった GR のカスタマイズサービスを行なってきました!(+限定数量の部品の残り状況も聞いてきた)
リコー GR カスタマイズサービス再び 〜ダブル赤仕様にしたけれど…