最近グーグルさんに「お前のブログは役に立たねぇ」とハブられ気味になって、場末ブログがさらに閑古鳥モードになったので、昔のような適当日記ブログ化を邁進していこうかと思っています。まぁ今までと大差ないけど。


さて、3ヶ月前に INFOBAR A02 を買って iPhone 5 から移行したのは以前のブログに書いてきた通り。

au INFOBAR A02 と一ヶ月少々 〜セカンド・インプレッション【前編】
au INFOBAR A02 と一ヶ月少々 〜セカンド・インプレッション【中編】
au INFOBAR A02 と一ヶ月少々 〜セカンド・インプレッション【ようやく本題の後編】

タブレットは iPad mini と NExus 7 / dTab の併用ですが、スマートフォンは一旦 iOS から Android へ全面移行しました。iOS で使っていたアプリ、代替となるアプリを購入し、Android は Android でそれなりに使っています。

ただ、スマートフォンを iPhone 5 → INFOBAR A02 へ移行するにあたって、iPhone をサブ端末で持っておきたいということもあり、以前使っていた au iPhone 4S に下駄を履かせてドコモ系 MVNO の安いデーター通信サービスの SIM を入れて使っています。

この件についても以前、記事にしました。

GPP Gevey SIMロック解除下駄を履かせ iPhone 4S を復活させて感じる、オリジナル iPhone サイズの良さ
複数のスマートフォンやタブレットをどう使い分けているか?という他愛もない話【スマートフォン&モバイルルーター編】

で、最近はというと

ポケットに入れてすぐ出せる端末は iPhone 4S
INFOBAR A02 は鞄の中に入れておく端末


になりつつあります。すっかり出先での使用時間が逆転し始めている昨今。



もっとも、INFOBAR A02 はモバイルSuica や JAL IC サービスの連動端末でもありますので、自宅に置いて出かけるということはなく、また電車や飛行機に乗る時は必ず出す必要がありますから、電車内では iPhone を鞄に入れて INFOBAR A02 を手にしていることも多いです。

ですので、必ずしも INFOBAR A02 が追いやられているとかそういったことはないのですが、4S に下駄を履かせて現役復帰させてみると

自分でも不思議なくらい iPhone 4S が手に馴染んで離れない


状況になっています。

理由は後述しますが、昨年9月に iPhone 5 を買ってから完全に現役を退いて、まともに使っていなかった iPhone 4S を改めて使い直してみると、これが実に具合がいい。

GPP Gevey SIMロック解除下駄を履かせ iPhone 4S を復活させて感じる、オリジナル iPhone サイズの良さ

この記事で久しぶりに使うと結構いい感じだ、と書いていた時には、さすがにメイン端末が先祖返りするようなことはないと思っていたのですが、どころがどっこい、きがつけば逆転気味であります。

ただし、誤解をされてほしくないのは INFOBAR A02 より iPhone 4S がメイン機に戻りつつあるとは言え、

Android より iOS 端末の方が良かった、というわけではない


ということ。

ぶっちゃけ、両方使っていて思うのは、iOS でも Android でもどっちでもいいんですよ。あーだこーだ、無駄に信心深かったり、アンチしてる人が思うほど両者に差はないし、どっちも良し悪しある。

これはバランス取りや当たり障りの無いように言ってる訳じゃなく、本気で両方使っていれば、そういう結論になると思う。そうじゃないのは、単なる好き好きの問題(好き好きは本人の問題だけだからどうでもいいし、どうにもならない)。


唯一、あるとすれば iOS vs Android という図式とは少し違いますが、

iPhone のカメラは手間要らずで、実によく撮れる


というのはあります。スマートフォンのカメラというのは(ワタシ的には)重要ですし、INFOBAR A02(というか HTC 端末)のカメラが過去記事で書いたように色々酷いですからね。

iPhone のカメラは細かな設定は一切できませんが、ホントどんなシーンでも真っ当に撮れる度合いは高く(特に HDR 併用時)、サッと取り出してすぐに撮るスマートフォンカメラとしては、すこぶる優秀です。撮影時の音も最低限ですしね。

この点だけは、色々設定ができることが良いことと勘違いしている多くの Android 端末のカメラと違って、スマートフォンのカメラの方向性としては実に真っ当であり、出先で写真を撮ることを考えると iPhone を使いたくなる理由の一つでもあります。

(iPhone のカメラは設定が殆どできないとはいえ、AE/AF ロックが長押しで簡単にできること、HDR ON 時は通常写真と HDR 写真が同時撮影できることで撮影の幅は広がります。AF ロックできるので流し撮りもしやすいですしね)

INFOBAR_A02_and_iPhone4S_4SPhoto


ただ、iPhone 4S が手に馴染むのは、

4S のサイズ感とサイズに応じた造り込み


にあると思っています。まぁ Android の場合は千差万別すぎて、サイズや端末に応じた造り込みというのは難しいから仕方ないけれど。

もっと言えば、

iPhone 5 と INFOBAR A02 だったら、iPhone に戻ってない


だろうなぁ、ということ。

これは iPhone 5 が悪いというわけではなく、iPhone 5 のサイズなら INFOBAR A02 とも大差ない感覚、どちらも “手のひらにすっぽり収まるサイズ” ではない、ということです。

ですから、その両者を併用すると言うことはなかったと思いますし、LTE 端末としての通信性能があまりにも違いますから、iPhone 5 へ戻るという選択肢もなかったでしょう。

(件の言い訳謝罪会見でも明らかになりましたが、LTE エリアを含む iPhone 5 における通信部分での不満は Android 機に代えて、ほぼなくなりました)。



ともあれ、iPhone 5 を INFOBAR A02 へ移行するとともに、iPhone を 4S に戻して感じるのは、

iPhone 5 は自分の手に少し大きめだったかなぁ

という改めての発見。iPhone 5 購入当初から少し大きい、一番上まで片手で届きにくい、ということは感じていましたが、半年以上経って 4S に戻ってみて、そのことをより強く実感しました。

私自身が男性としては手の小さい方と言うこともありますが、4〜5インチクラスの端末を使ってきて 4S サイズに戻ると、

iPhone 4S はどんな時でも手の中にすっぽり収めて
しっかり握って使える安心感


があります。

iPhone にはストラップ穴がなくて…というのは初代が出た頃からずっと言われ続けていますが、ぶっちゃけ私は大型端末にストラップを付けているより iPhone 4S のように手の中に収まる端末の方が安心して使えるように感じるのです。

もちろん、これは個人的な感覚であり、iPhone 4S サイズでは液晶は小さくて何をじっくり読むとか調べることには不利なのは間違いありません。地図や電子書籍には小さすぎます、

ただ、出先で、特にちょっとした移動中に使うくらいなら、このサイズの液晶でもあまり問題を感じることはないですし、元々このサイズの iPhone を長く使ってきて、そう大きな不満はなかったわけですしね。

「常に取り出しやすい位置に入れといて、サッと出してちょいと使う端末ならば、このサイズの端末の方が良いよなぁ…」

というのが、最近の率直な思いだったりします。

INFOBAR_A02_and_iPhone4S


もっとも、この話も大きな条件付きの話であり、

鞄の中にもう一台、大型端末がある前提での
「ポケットに入れて常に取り出して使う端末は iPhone 4S サイズが良いなぁ」


であります。スマートフォン2台持ち、ないし、スマートフォンとタブレットの両方持ちを前提として、常に手に持って使うような端末は 4〜5インチクラスだと大きいんじゃないかな、と。

これがスマートフォンを一台しか持たない人なら別でしょう。というか、そういう人が殆どですし、私だって

スマートフォン一台縛りなら 3.5インチ液晶より 5インチクラスを選ぶかもなぁ


と思うわけです。あくまで、4S サイズが良いなぁ、というのは2台持ち前提の使い分けという意味。

ま、贅沢な話です。


ただ、それを敢えて判った上で最近感じているのは、

「iPhone 4S を常用して大画面スマートフォンを鞄に入れるくらいなら、中途半端に 4.7 インチとかではなく、5インチ、いやむしろ 6インチクラスの端末とペアで持ち歩くのが良いんじゃね?」

ということ。

iPad mini や Nexus 7 など 7インチクラスのタブレットと併用してもいいのですが、いつも思うのは 7インチクラスになると、スマートフォンとは使い方も変わってくるし、鞄から出すのもスマートフォンよりは少し敷居がある気がするのです。

また、小型端末を iPhone 4S にするとモバイルSuica や JAL IC その他のおサイフケータイの処遇を “もう一台” に求めなければなりませんから、ガラケー機能のついた大型液晶スマートフォンが良いかなぁ、と思ったりしています。

とはいえ、今年度いっぱいくらいは au 800MHz LTE の優位性があるでしょうから、それを享受したいと思っているので、au 端末には適した選択肢がないのが悩ましいところです。ドコモだと 5インチオーバーのスマートフォンも複数あるのに…



それに加えて iPhone 4S をメイン端末のように使い始めると切実に思うのが

iPhone 4S サイズの端末で LTE が使いてえ〜〜〜


ということ。

いま iPhone 4S にはドコモ MVNO の廉価データー通信サービスの SIM が(入れ替わり立ち替わり)入ってますが、これ以上本格的にメイン端末にするとなると、やっぱり LTE が欲しい…

もちろん、iPhone 4S を使っている間は望むべくもないですし、鞄に入れてある INFOBAR A02 をモバイルルーター代わりにすることで十分賄えているわけですけれど、今後を思うと

小型のプレミア端末が欲しい


と思うわけです。

とはいえ、iPhone 5S と同時期 or 前後して出てくると言われている廉価版 iPhone も液晶サイズは4インチだと言いますし、世界的に見て

「デカい画面ほど良いモノ」

という流れは変わらないようですし、まぁ小型端末を望む人も局所的、マイナーな存在なのでしょうけれど、そろそろそういう方向もあっても良いのでは…と思ったりします。

期待するのは Apple よりもむしろ SONY なわけで、Premini みたいなのもありましたし、Xperia mini 系列もあったので、ソニーが LTE時代の小型プレミア端末を出してくれても良いと思うのですけれど、無理ですかねぇ。

Xperia mini の後継も全く出ないし、日本のキャリアがもうそこまで余裕がないのかもしれません。



とまぁ、とりとめもなく、昨今の私のスマートフォン使用事情などを語りつつ、iPhone 4S サイズの LTE 端末が欲しいね的な希望を言ってみました。全く期待してませんけど、

小さきことがプレミア


だった時代は終わってしまったのでしょうかね。それとも成熟してないだけなのか…

当分 iPhone 4S は手放せない貴重な端末になりそうです。ってか、これなら普通の SIMロックフリー iPhone 4S も手に入れたいと思いつつも、4S の SIMロックフリー版すらまだまだ高いんですよねぇ…