3月の購入・契約から一ヶ月少々、そろそろ一ヶ月半ほどメインスマートフォンとして使ってきた INFOBAR A02 のセカンド・インプレ2回目。購入当初のテンションも収まり、実用機として色々と思うところは出てきています。

前回記事の【前編】ではカメラ機能に関して鬱憤晴らし込みでボロクソに書きましたが、

そんなに iPhone のカメラの方が良かったなら iPhone 5 に戻るか?
と言われれば、それは全くない


と断言できます。メインの7インチタブレットを iPad mini から他に変えるのと同じくらい、現状では有り得ない選択肢。

そして、INFOBAR A02 でどれだけ貶しまくっても当然だと思えるのがカメラ機能だけならば、iPhone 5 に戻るのが有り得ないと言える理由も唯一つ。

現状の au 800MHz LTE の広さ/快適さに一度慣れたら
iPhone 5 に戻れるわけがない


わけです。



800MHz LTE 云々は INFOBAR A02 端末そのものの良さではなくキャリアの話ですから、他の au Android LTE 端末でも同じことです。それでも

INFOBAR A02 を買った一番の動機が 800MHz LTE だった


私にとっては、それが一番重要なことであり、結果として

au 800MHz LTE を求めて移行した、その期待に違わぬモノ


だったと実感しています。

InfoBarA02_44
(秘境路線として名高い飯田線の山中で一時的に LTE が!なぜ、こんなところで…)

InfoBarA02_45
(確かに LTE の爆速。実はこの水窪付近は超山間部だが SB も LTE。Xi はエリア外。
ただし秘境駅区間の大嵐〜金野はどこも度々圏外になる)

InfoBarA02_46
(飯田などの伊那エリアはもちろん、中央道で恵那山トンネル近くまで LTE)

InfoBarA02_47
(阿智村付近で計測。こんな山奥の村でもこんな速度で通信できるとは…)

InfoBarA02_51
(石垣島の港・役場付近以外で現状 LTE が入るのは au 800MHz LTE のみ。
石垣島中南部をほぼエリアカバーしているのは素晴らしい。
Xi もソフトバンクも川平湾も含めた広範囲のエリアカバー予定はない)

InfoBarA02_52
(石垣島の中心部から沖合にかけては Xi や au iPhone 5 LTE も含めてエリア内
ソフトバンク LTE も宮古島に続いてそろそろ整備される頃のはず)

InfoBarA02_53
(電波的に日本で一番厳しいところの一つである西表島では
ちょっと川を遡ったり、山に入ると全キャリア圏外に)

InfoBarA02_54
(西表島では au より若干ドコモがマシだが、外周道路でも全キャリア圏外あり。
SBは一大観光地の由布島も含め不安定な箇所、圏外が多いので、
LTE 整備もいいけど、プラチナ 3G での僻地整備もして欲しいですね…)


au iPhone 5 向け 2GHz 帯 LTE の整備も進んでいるので、都市部だけなら大きく変わることもないでしょうが、使い始めてすぐにビル内の回り込みなどでその効果は実感できましたし、あちこち行ってると地方での差は大きすぎます。

もちろん、このあたりも各個人の使い方に依るものですから、このことをもって iPhone 5 が駄目だとか言うつもりはありませんが、店舗の奥まった場所などでの LTE 電波の入り方の差は都市部でも実感できます。

au の 3G は大阪圏でも時間帯によっては残念速度になっていますから、「どれだけ LTE が入るか?」が快適性の差に直結します。

現状だけですが、au 800MHz LTE はかなり空いているせいか快適な速度も享受できます。使えば使うほど、iPhone 5 の時とは LTE エリアの差、快適性の差を実感します。

端末の使い勝手の差は(良し悪し含めて)色々あれど、

毎月同じ料金払っていて、この通信快適度の差はナニ?


というのが正直な印象です。

先日の決算会見での au 社長の弁によれば、au iPhone 5 向けの 2GHz 帯 LTE はあくまで都市部の混雑エリア中心の整備ということですから地方に広げるつもりはないのでしょう。

au の場合は本命が 800MHz 帯ゆえにそういった方針は止むを得ないとしても、現実としてソフトバンクやドコモ Xi とは都市部以外では顕著な差があります(だからといってエリアマップを公開しないのは卑怯ですが)。

それだけに、INFOBAR A02 のカメラ機能が糞ったれのウンコだろうが、その他の端末性能や使い勝手で特に称賛するところがないにしても

800MHz LTE の快適さだけで INFOBAR A02 買って良かったわ〜


と思っています。

正直言って iPhone 5 に戻るくらいなら、au Android LTE 端末のテザリングに iPhone 4S or 5 をぶら下げて使った方がマシだと思っています。

InfoBarA02_35


もちろん、電波的な問題だけではなく

INFOBAR A02 には LTE の快適さについてくるだけの端末性能もある


という点は強調しておきたいと思います。

何度も書きますが、メモリ 1GB という点だけは気になっていますし、実際、複数のアプリを頻繁に切り替えているとそのうちアプリ切り替えにやたら時間がかかるようなことも起きますが、そういった状況を除けばまずは不満ないですし、Android 端末としては十分使い良いと思います。

iidaUI が使い勝手や端末の細かい点でストレスを感じることがないわけではないのですが、少なくともカメラ機能のように壁に投げつけたくなるようなことは(カメラ以外では)皆無です。

使い方によっては Android らしい一時的な重さに多少イラッとすることがないとは言いませんが、それは OS の問題でありますしね…

(Android OS や端末そのものというより、OS の影響があるにせよ、Android版が iOS版に比べてイマイチの出来なアプリが多い方が気になります。Instagram とか Kindle / Book Walker などの電子書籍アプリも iOS版に比べると出来が悪すぎます。この件はまた別途そのうちに)

いずれにしても、

快適な電波、データー通信速度があってこそのスマートフォン


ですから、そういう意味では au Android LTE 端末は現状お薦めでありますし(この先は判らないけど)、INFOBAR A02 はクワッドコア CPU の au Android LTE 端末の中では安価な方ですので悪くないように思っています。

全てを満たす端末などというのは存在しないわけで、どこで妥協するか、どこを重視するか、という中で、au 800MHz LTE の現状の快適さを優先するなら、INFOBAR A02 は有力候補に挙げても良いのではないかと思います。いくら、カメラが糞ったれであっても X-)

InfoBarA02_PhotoSample5


前回カメラ機能をボロカスに言ったものの、それでも INFOBAR A02 を手放さずに iPhone に戻らない/戻れない理由を書いておかねば、ということで、今回は au 800MHz LTE の快適さを改めて書きました。

逆に言うと、iPhone 5S で au 800MHz LTE に対応したら iPhone に戻る可能性はあります。

ただ、メインのスマートフォンを移行して改めて iPhone の使い良さ、実用性の高さは実感はしていますが

持ち歩きタブレットが iOS 機(iPad mini)なら
スマートフォンは Android がバランス取れてるかな?


とも思ってはいます。カメラが糞すぎるので au版 Xperia Z (Xperia A?) にするのもアリかとは思ってますが。


もっとも iPhone 5S で 800MHz LTE に対応したならば、

iPhone ユーザーが一気に雪崩れ込んできたら 800MHz帯 LTE も遅くなるだろうなぁ


というのは、昨秋 iPhone 5 発売日に買って身として、その直後の LTE 速度と半年後を思えば十分予測できます。

au の場合は iPhone 4S で流入してきたユーザーも多いですから、2年の刑期明けを迎えて 5S に移行する人も多いでしょう。iPhone 5S で 800MHz LTE に対応するかどうかは不明なわけで、まだ何とも言えませんが。

既に 800MHz LTE を使ってる身からすると大量の iPhone ユーザーの流入は勘弁して欲しいですが、au iPhone 5 の LTE エリアの狭さを実感し続けた人間でもありますので、5S で対応して欲しいとも思っています。

iPhone 5 発売当初にエリアカバー率の嘘キャッチコピーを撒き散らしたのですから、もし 5S で 800MHz LTE 対応になるなら iPhone 5 ユーザーの 5S 買い替えには便宜を図って欲しいとは思いますけどね(今の au の姑息なやり方をみてると無理でしょうけど)。

と、話は逸れてしまいましたが、今回は au 800MHz LTE の話に終始してしまいましたので、INFOBAR A02 端末そのものの良し悪しについては次回にまとめて書きたいと思います。

au INFOBAR A02 と一ヶ月少々 〜セカンド・インプレッション【前編】