このところバタバタしておりまして、事前に噂が流れていたり、耳にしていた新製品、新サービス以外は落としてしまうことの多い昨今ではありますが、こちらも3日前に発表された新しい “月額980円のデーター通信サービス”。

この日の so-net の発表会では、個人向けとしては世界最速のインターネット回線サービスを標榜する「NURO 光」がメインに発表され、大きな注目を集めました。

So-net、“世界最速”最大2GbpsのFTTHサービス「NURO 光」〜月額4980円から -INTERNET Watch

私もこのニュースだけはチェックして「なんだ、また NTT東日本だけ、首都圏だけかよ、関係ねーわ」と完全スルーしていたのですが、その傍らで、モバイルデーター通信サービスも発表になっておりました。それが、「NURO LTE」。

モバイル接続サービス「NURO LTE」には以下の2種類のコースがあり、

・下り最大100Mbpsの「NURO LTE ハイスピード」
・下り最大150kbpsの「NURO LTE ライト」

前者はフルスピードの Xi LTE 網利用のデーター通信サービスで、月額 3,800円。ドコモ本体契約より多少安いですが2年縛りがあり、縛りなしでは月額 4,980円なので余裕でスルーして、注目すべきは、月額 980円の「NURO LTE ライト」。

昨今、月額980円のモバイルデーター通信サービスは花盛りと言っても良いくらい色々と出てきて、先日始まって速攻使用中の「OCNモバイル エントリーd LTE 980」など、従来にない特徴あるサービスも出てきました。

そして、この So-net NURO LTE ライトもまた

後発らしく他にない特徴あるサービス


を打ち出していて、よく見ると IIJmio 高速モバイル/D や新たに使い始めた OCNモバイル エントリーd LTE 980 に満足している俺も興味をそそられる内容になっていました。



ので、思わず記事にしているわけですが、特に注目すべきは

月額980円が基本だが、1枚158円/月で SIM を3枚まで増やせる


という点。月当たり 980+158×2円、つまり

月額 1,296円で SIM 3枚使える


というわけです(SIM 1枚毎にユニバーサル使用料3円は別途かかる)。

ただし、複数枚 SIM を契約すると最大150Kbps の速度 を最大3枚の SIM で分け合うことになるので、この SIM を挿した端末を同時に複数使えば、それでなくても遅い速度が更に低下するわけです。

が、これは値段的にも当然といったところでしょう。家族でそれぞれ使うならば、IIJmio 高速モバイル/D ファミリーシェアプランのような高速通信込みでコストパフォーマンスの良いプランがベターだと思いますが、

一人で “とりあえず複数の端末全部に SIM を挿しておいて、
いつでも IP Reachable にしておきたい” という目的を一番安く実現できる


通信サービスだと言えます。一人の複数端末に挿しておく用途なら同時に複数 SIM を利用することも少ないでしょうし、維持コストの安さは魅力的です。



もう一つ、大きな特長は

音声通話 / SMS付きプランも選べる


というのがあります(NURO LTE +Talk)。

廉価データー通信サービス+音声通話というサービスは日本通信 b-mobile が提供していますが、なかなか追従するところがありませんでした。しかし、ようやく So-net が日本通信以外の選択肢として選べるようになりました。音声通話込みだから日本通信しか…と思っていた人には朗報です。

こちらは 500円の無料通話分と NURO LTE ライト相当の低速データー通信サービスを含んで月額 2,310円。音声通話が含まれると、どうしてもそれなりの金額になりますが、NURO LTE +Talk には他社からの MNP も可能ですので、音声通話+データー通信で安く維持したい人には日本通信とともに良い選択肢になるかと思います。

そして、この

音声通話付きプランでも SIM 追加が可能


というのは、日本通信の音声通話サービスと比べてのアドバンテージになっています。

ただ、音声通話付きプランで SIM を追加した場合、追加した SIM はデーター通信専用となり音声通話はできません(音声通話はあくまで NURO LTE +Talk と契約した主回線の SIM のみ)。

とはいえ、1台は音声通話付きの主スマートフォン、2台はタブレットなどのサブ端末、という使い方をとにかく安く維持したいという人には良い選択肢かもしれません。

そうそう有るケースではないかもしれませんが、一般的なケースとは違う人のための選択肢が増えるのが MVNO サービスの有るべき姿の一つでしょうし、このサービスはそれを提供しているのは評価されるべき点に思います。



この So-net の NURO LTE は OCNモバイルなどの低価格データー通信サービスにありがちな通常SIM と microSIM だけではなく 追加SIM も含めて nanoSIM が選べるのも嬉しいところです。

低価格データー通信サービスの中には nanoSIM が選べないところもありますから、nanoSIM 3枚という使い方も可能なのは iOS機器ユーザーには有りがたいかもしれません。


また、通常時は最大150Kbps ですが、追加チャージで一時的な高速通信が可能なのは他の廉価データー通信サービスと同じです。追加チャージ価格も 100MB 525円と相場の価格。

加えて、500MB 2,205円、1GB 3,990円とまとめてチャージすると若干割安でチャージ可能です。ただ、後述するようにチャージの有効期間が短いことやオンオフが不可能なのは要注意です。

複数 SIM を使っている場合は、チャージ分も各 SIM で共用する形になるのは IIJmio 高速モバイル/D ファミリーシェアと同じですね。

他にも、データー通信を

使いまくった時の規制基準が 3日で 500MB と MNVO にしては若干緩い


というのも良い点ですし(他の MVNO の廉価データー通信サービスでは3日間で 360MB のことが多い)、OCNモバイル エントリーd LTE 980 と違って LTE対応サービスだが 3G端末にも対応しているのも安心です。

あと、「マカフィー・マルチデバイス・セキュリティサービス」なんてのも無料で利用できるようですが、マカフィーとかどうでもいいですね。No, thank you :-)



とまぁ、良い点を挙げてきましたが、もちろん、廉価なデーター通信を提供するわけですから、相応のトレードオフはあります。

この So-net NURO LTE ライトプラン/+Talk プランを使うにあたって注意すべき点を挙げるとすると、以下の点でしょうか。

  • 本サービスは1年縛り(途中解約金 3,150円)であるので、気軽に契約→解約という感じではない。
    (ただし、最初の2ヶ月は解約料無料

  • 2枚目、3枚目の SIM 追加は申し込み時のみ可能で、後から SIM を追加したり、SIMサイズを交換したりできない。

  • 追加チャージによる高速通信は任意にオンオフできない。一度チャージすると、チャージ分を使い切るまで高速通信有効のまま。

  • 複数枚の SIM を使っている場合、追加チャージした高速通信分を SIM 毎に使用、不使用できない。
    (追加チャージした場合は使い切るまで、使っている SIM 全部で共用で有効になる)

  • 追加チャージの有効期間が最大4ヶ月(購入月を含まない3ヶ月後の月末)と、他社に比べて短い。


といったところでしょうか。

追加チャージ周りがダメ仕様なのは、3月までの IIJmio 高速モバイル/D と同じです。IIJmio の方は1年経って改善されましたが、So-net の方は今後どうなるかは判りません。

そして、何と言っても1年縛り。解約金は 3,150円とそう高くないものの、音声通話プランの +Talk だけでなく、純粋なデーター通信のみのライトにも縛りあり、というのは若干抵抗感のあるところです。

ただ、

1年縛りはあるけど、最初の2ヶ月は解約金かからず


というのは、まだ良心的と言えるかもしれません。

とりあえず使ってみて「コイツは使えねぇ」となっても、最初の2ヶ月なら解約金を気にせず気兼ねなく止められます。最初の手数料 3,150円は、まるまる持って行かれますが。

もっとも、すぐに解約されないだけの回線クオリティを用意できてる自信の現れかもしれませんし、そうであってもらいたいと思いますね。

いずれにせよ、

一番肝心なのは回線クオリティであり、それはまだ未知数


なわけで、こればっかり人柱の報告待ちになるでしょう。

廉価データー通信サービスの質的基準とも言える IIJmio が最大200Kbps に増速され、安定して 100Kbps 後半から 200Kbps 近くを維持している現状、他に特長があるといっても安定して 100Kbps 前半の速度や 100ms 未満の ping値は欲しいところです。



とまぁ、So-net の NURO LTE ライトをしっかり見ていくと、なかなか面白いサービスです。通話サービスがいる人や複数端末使いにはなかなか魅力的に見えます。

肝心要の回線クオリティは始まってみて利用者がある程度増えてこないと何とも言えませんが、スペックとサービスと値段を見る限りは、一定の存在感、魅力はあって、個人的にも注目しています。

先週の「OCN モバイル エントリーd LTE 980」のように早速申し込んで…と行きたいところですが、さすがにこれ以上 SIM があっても仕方ありませんので、今回はしばし様子見です。

ただ、一年以上使っている IIJmio 高速モバイル/D のファミリーシェアプラン(SIM 3枚)を家族の iPad / iPad mini(いずれも SIMロックフリー版)にも割り当てて使っているのですが、私以外はあまり通信量も使わないので、評判次第ではこの NURO LTE ライトプランに乗り換えも考える予定です。

IIJmio 高速モバイル/D のファミリーシェアプランには毎月 1GB の高速通信分があって3千円弱と、それなりに通信量を使うなら断然のコストパフォーマンスですが、家族 SIM 2枚で月平均 200MBしか使わず、私も1年前と違って(テザリング利用可能になり)そう必要でもなくなってきたので、NURO LTE ライトに適当に追加チャージの方が安くできそう、と思っています。

とはいえ、IIJmio のコストパフォーマンス(特に低速モードでのクオリティ)は安定して信頼できるので、新しいものに乗り換えるのは勇気がいりますし、それだけに今回は人柱を避けて様子見したいところです。

しばらく経ってからの評判をとても楽しみにしています :-)


NURO LTE ライトプラン | 高速モバイル | インターネット接続 | So-net
NURO LTE +Talkプラン | 高速モバイル | インターネット接続 | So-net


NTTコミュニケーションズ OCN モバイル エントリー d LTE 980 マイクロSIM
NTTコミュニケーションズ OCNモバイル エントリーd LTE 980 マイクロSIM

(大人気品切れ中のこちらは、次回4月末入荷という噂…)