昨日、「ドコモ dtab は USB ホスト利用可、デジカメ写真も読み込める」という記事を書きましたが、dtab の USBホスト機能を確認した時点で思い出しました。

少し前の Nexus Media Importer バージョンアップで
外部メディアへファイル書き込みが可能に


なっています。Nexus Media Importer が Ver.5 になった時点で可能になりました(記事執筆現在 Ver.5.0.2)。すっかり忘れていました。

Nexus Media Importer - Google Play の Android アプリ

以前、メモリーカードスロットのない Nexus 7 の代替策として以下のような記事を書きましたが、こうなると“今は昔”になってしまいましたね。

Nexus 7 にないメモリーカードスロットの代替策【1】USB ホストケーブル + Nexus Media Importer
Nexus 7 にないメモリーカードスロットの代替策【2】Wi-Fi ストレージ/メモリーカードリーダー

Nexus 7 での USB 経由外部メディアへの読み書きは元々ハードウェア的には可能なことで、root を取れば自由自在にアクセスできていました。それが意図的に読み込み専用に制限されていたのが謎すぎますし、未だに Nexus Media Importer 限定ですから困ったものです。

もっとも、スマートフォンやタブレットに外部メディアを繋いで、デジカメのデーターなどを読み込む人はいても、何かしらを書き込む人は少ないでしょうから、あまり問題にならないのかもしれません。

とはいえ、せっかくある機能を無闇に制限されてるのも腑に落ちませんし、Nexus 7 でもようやく、何かしらのデーターを

外部メディアにバックアップ可能になった


わけですから、素直に前進を喜びたいと思います。

iBUFFALO USB(microB to A)変換アダプター ブラック BSMPC11C01BK
iBUFFALO USB(microB to A)変換アダプター ブラック BSMPC11C01BK

(この手の microUSB ホストケーブルで USB カードリーダー等と接続する)


ちなみに、Nexus Media Importer Ver.5 になっても、

標準設定のままでは外部メディアにファイルを書き込めません


ファイルを外部メディアに書き込み可能にするには設定の変更が必要です。

ということで、Nexus Media Importer で外部メディアへ書き込み可能にする設定方法と、ファイルを外部メディアへ書き込む手順について、以下簡単に記しておきます。



Nexus Media Importer」アプリを Ver.5 以降(記事執筆現在 Ver.5.0.2)にアップデートしてから起動すると、以下のような画面になります。

NexusImporterWritable01


従来版とは少しレイアウトが変わっていますが、従来通り、写真、ビデオ、音楽、書籍の各ファイル種類別タブと、ファイル種類にかかわらないフォルダー形式での表示、ファイルのコピーや移動に適した2画面表示の「ADVANCED」タブがあります。

microUSB ホスト経由で外部メディアを接続していると、左側に Root と書かれてフォルダが出ていますが、このアプリで ROOT は外部メディアの最上位ディレクトリになります。

ここで右上のメニューボタンから「Preferences」を選ぶと

NexusImporterWritable02


といった設定項目が並んでいて、新しい写真ビューワーや音楽プレイヤーに慣れない人向けに Classic Photo Viewer / Classic Music Viewer という項目も用意されています。

で、肝心の外部メディアへの書き込みを可能にする設定は中央から下、「ADVANCED」の下にあります。

NexusImporterWritable03


この「Enable Write」の項目の右のチェックボックスにチェックを付けると、次回アプリ起動時から外部メディアへの書き込み、外部メディア上のファイル削除が可能になります。

「Enable Write」のチェックを付けると

NexusImporterWritable04


という感じの警告文が出ます。書き込み可能なのは FAT16 / FAT32 でフォーマットされたメディアだけ、書き込み可能にしたことでどうなってもワシャ知らん、という話です。

(NTFS や exFAT でフォーマットされた外部メディアは読み込み専用になります)

書き込み可能にするチェックボックスを入れて Preferences 画面から戻ると、外部メディアを接続していても内容の表示が消えています。

いったん、Nexus Media Importer アプリを終了して、もう一度起動すれば Nexus Media Importer は外部メディア書き込み可能な形で使えるようになります。


ということで、簡単に試してみます。

USB ホストケーブル+カードリーダー経由で SDHC カードを接続し、Nexus Media Importer はファイルのコピーや移動に適した2画面表示の ADVANCED タブを開くと、

NexusImporterWritable05


2画面分割の上側(/ および Root と書かれている方)が USB 経由で接続した SDHC カードの中身、下側の /storage/emulated で始まっている方が Nexus 7 の内部フォルダです。

で、下側のNexus 7 の内部フォルダで幾つかのファイルをタップ選択してから、下半分の右にある▼印をタップしてメニューを出し、Copy を選択します。

NexusImporterWritable06


すると、

NexusImporterWritable07


下半分で選択したファイル(ここでは5ファイル)を上半分に表示されているところ(ここでは SDHC カードの一番上のディレクトリ)にコピーしてもいいか?というダイアログが出ます。

問題なければ OK をタップすれば、サクッとコピーされます。

NexusImporterWritable08


コピーされました。


では、SDHC カード内のファイルを削除してみます。今度は上側の SDHC カードに入っているファイルをタップ選択して、右上の▼メニューをタップして Delete を選択。

NexusImporterWritable09


また、同じように削除の確認ダイアログが表示されます。

NexusImporterWritable10


OK をタップすると、以下のように削除されました。

NexusImporterWritable11


といった感じで、従来の読み込み専用状態だったのが

Nexus 7 でも USB ホスト経由+Nexus Media Importer で
メモリーカードなどが自由に読み書きできるように


なりました。外部電源付きなら HDD も接続可能ですし(USB 給電のモバイル HDD は不可)、従来通りキーボードなども接続できます。

ちなみに Nexus Media Importer アプリ自体はまだまだ改良、機能追加を勧めるようで

・ハブ経由の複数メディア同時接続サポート
・キヤノン/ニコンの RAW ファイルのサポート

などが予告されています。



ただ、最初にも書いたように

USB 経由のファイル読み書きは Nexus Media Importer 限定


であり、USB ホスト機能が使えるスマートフォンやタブレットと異なり、普通のファイラーアプリからのアクセスは不可能です。

NexusImporterWritable12
(ES ファイルエクスプローラーで見てもメディアはマウントされていない状態)


Nexus 7 にかぎらず Nexus 10 でも同じですが、Google 謹製端末ということで他メーカーに配慮しているのかどうか分かりませんが、ちょっと困ったちゃんな制限であります。いつか制限が外れる日が来るのでしょうかね…


SANWA SUPPLY アンドロイド対応カードリーダー
SANWA SUPPLY アンドロイド対応カードリーダー

(カードリーダーとして使うならケーブルより直結タイプが便利。だが接触不良に注意)