以前から噂の出ていた APS-C センサー搭載コンパクトデジカメ「COOLPIX A」を発表し、同時に COOLPIX P310 の後継として 1/1.7インチセンサー搭載になったハイエンド系コンパクトデジカメ「COOLPIX P330」と、ミドルレンジの新機種「COOLPIX S3500」(S3300 の後継)も発表になりました。

COOLPIX A | ニコンイメージング
COOLPIX P330 | ニコンイメージング
COOLPIX S3500 | ニコンイメージング

そして、一眼レフ向け新レンズとして、望遠系ニコンユーザー待望の 80-400mm のリニューアルも発表されました。

AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR | ニコンイメージング

いやー、めでたいです \(^o^)/ キヤノン望遠系ユーザーとしても、心よりご祝福申し上げます。

キヤノン EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM と同じく、ニコン AF 80-400mm のリニューアルを待って待って待ちくたびれて、首が三千里よりも長く伸びてしまった人は多いかと思います。特に旧型 80-400mm は VR(手ブレ補正)はあっても AF-S(超音波モーター)ではなかったので、EF100-400 ユーザーより難儀だったでしょうから、喜びもひとしおでしょう。

AF-S_NIKKOR_80-400mm_G_VR


もちろん、キヤノン 100-400 とて首を長くしてリニューアルを待っているのは同じなのですが、

ニコンが 80-400 を出したからには、近いうちにキヤノンも新型 100-400 が出る!


そう確認して止みません。いや、そうでしょ、キヤノンですから。キヤノンですもの。

他メーカーじゃダメ、ニコンが本気になってくれなきゃ、尻に火がつかないキヤノン。出し惜しみ、後出しのキヤノンですから、これでようやく待望の 100-400 の新型が出してくれることになると思います。期待できます。

ありがとう、ニコンさん!そういう気持ちでいっぱいでございます。


もちろん、世間的には APS-C センサーを搭載したコンパクトデジカメ「COOLPIX A」に注目が集まるのでしょう。28mm 単焦点、ニコン一眼レフのレンズと画像処理と操作体系をそっくり詰め込んだような一眼レフ。

(だったら Nikon 1 も、せめて V 系はニコンの一眼レフと合わせてよね…)

フルサイズセンサー搭載の Cybershot RX1 のインパクトには遠く及ばないとしても、APS-C センサー搭載コンパクトで 12万円というのは富士フィルム X100S の良い対抗馬になるでしょうし、キヤノンも後追いしてくるのかもしれません。

ま、キヤノンは PowerShot G1X がそれなりのセンサーでズームレンズ搭載という独自の位置にあるので、あちらを小型化した方が一般受けするようにも思えますが…どうなりますやら。

個人的には「COOLPIX A」も良いとは思いますが、DP1 Merrill があるのでどうでも良くて、むしろ

COOLPIX P330 の搭載センサー大型化(1/2.3" → 1/1.7")


には驚きです。

COOLPIX_P330


P310 は一般的な 1/2.3インチセンサーだったのが、P330 はハイエンド・コンパクトに多い 1/1.7インチセンサーに大型化。当然、画質向上、高感度耐性の強化にもなるわけですが、

1/2.3" → 1/1.7" とセンサー大型化したのにボディサイズがほぼ同じ


というのに、二度びっくりですね。レンズもワイド端開放 F1.8 を維持しているし、このあたりはニコンの本気を見る思いです。

ニコン党の方々にとっては「コンパクトもやっぱりニコンだね」と思える今日の発表でしょう。キヤノンも今秋の S シリーズのモデルチェンジはフルモデルチェンジの番だと思うので、次は何を頑張ってくれるのか楽しみにしたいと思います。

とはいえ、個人的に今日の発表では「AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR」でした。いやー、これで EF100-400mm リニューアルが近くなりました。今月の 70D 発表と同時に出しちゃうか、それとも 7D Mark II と同時発表か…楽しみです。


Nikon デジタル一眼レフカメラ D7100
Nikon デジタル一眼レフカメラ D7100

(解像度番長になりそうな D7100 といい、ニコンはローパスレスで攻めますね)