前編記事は「4つの理由」と書きながら2つしか書かないという中途半端な状況で終わってしまいましたが、

  1. 望遠レンズの小ささに改めて驚き!

  2. 望遠レンズでは動きモノを撮りたくなる→現状のミラーレス機で動体撮影なら Nikon 1 に決まり


という2つの理由を示しました。

まぁ、EF マウントユーザー的には「EOS M が全てにおいて情けないから」というのが最初に来るわけですが、それはまぁ言わずもがな、理由以前であります X-)

Nikon 1 V1 + 30-110mm Test (14)


旅用ミラーレス機の望遠レンズとして、あらゆるミラーレス機の望遠レンズと比べて圧倒的な小ささは魅力でした。改めて見なおして、X-E1 の望遠レンズが発売されるまでの繋ぎというだけでなく、このサイズなら併用もあり、と思わせるくらいに。

そして、望遠レンズないし高倍率ズームレンズを付けると、結局いつも何かしら動きモノを撮りたくなる私。本気撮りでなくても旅先でヒコーキを撮りたくなるわけで、過去多くのミラーレス機を使ってきて動体相手に撮ってしまっては「ん〜」と思っていたなら、やはり Nikon 1 に行くしかないかな、と。

明確な購入理由としては、この2つの理由になるのですが、今まで Nikon 1 を避けていたのを翻した背景には、もう2つの理由がありました。



【理由3】今の Nikon 1 の画質は全く好きじゃないが、RX100 で1インチセンサーの将来を感じた


正直、Nikon 1 が登場した時に「1インチセンサー?なんで、そんなまた小さな撮像素子を…」と思っていました。ハッキリ言って否定的でしたし、実写画像を見ても買う気にさせる画質とは違いました。

そして、画質面では購入した今も、やっぱりちょっと…と思うことは多いです。まぁそこは他の魅力を再認識して、とりあえず画質的には我慢しようかと思ったのですが、それだけではなく、

RX100 を使ってみて、同じ1インチセンサーの Nikon 1 も
今後ずっと画質が良くなる可能性があるのでは!?


と思ったことが大きかったです。

Nikon 1 に対して「マイクロフォーサーズより小さな1インチセンサーのミラーレス機なんて…」と思っていましたが、昨年ソニーから発売された Cybershot RX100 を購入し、使ってきて

「1インチセンサーも、なかなかやるじゃん」

と思っています。そのことは昨年散々書いた RX100 に対する記事で述べたとおりです。RX100 の画質は、そのボディサイズ、撮像素子サイズからは思いもよらぬ良さでした。

DSC-RX100 マイ・ファーストインプレッション
DSC-RX100、2ヶ月使ってきて感じたこと
Cybershot DSC-RX100 その後 〜いつまで経っても満足感が薄れないお気に入り

もちろん、Nikon 1 の撮像素子は RX100 とは全く違いますし、同じセンサーサイズでも像面位相差AF 素子がある分だけ差っ引かれるわけですから、全く一緒になりようもないでしょう。また、信号処理もソニーとニコンでは違います。

しかし、1インチセンサー採用機の画質という点で見ると、RX100 は Nikon 1 が今より遥かに良くなる、高感度画質に至っては2段くらいの向上は十分あり得ることを示したと思います。像面位相差AF 素子の分を勘案しても、今後の技術改良で Nikon 1 が RX100 並みの画質に向上することは可能でしょうし、やらなければならないでしょう。

従来書いたように、RX100 の画質はミラーレス機の画質としても恥ずかしくない程度ではあります。高感度画質も ISO 1600 までは実用的ですし、ISO 3200 でも(スナップ、記録写真としては)我慢できなくはない。

となれば、Nikon 1 の現状は ISO 800 でもちょっと厳しく感じる画質も、将来はちょっと期待できます。そういう意味では

EOS M に大きな進化がなければ Nikon 1 を使い続ける気概
将来の新型 Nikon 1 の購入も頭に入れて今回購入した


のです。

ちょっと使って全然思惑と違ってダメだったら速攻で売り払うつもりでしたが、そんなこともなかったですし(ダメな点は幾らでも挙げられるけど、限定用途としては納得)、反面 V1 の中古を買って Nikon 1 を気に入ったら V2 を買うかも…と思っていましたが、画質面での向上がそう大きくないので、Nikon 1 V3 に期待というところです。

Nikon 1 V1 + 30-110mm Test (7)
(鳥取ーG大阪 練習試合より)


また、Nikon 1 には1インチというセンサーサイズを小ささを生かして

換算 300mm 以上の超望遠レンズをよろしく


という気持ちもあります。昼間専用とはいえ、スポーツや飛行機が撮れるかも?というカメラになると 300mm 超も欲しくなってしまうわけで。

Nikon 1 登場から1年半、望遠レンズは 30-110mm だけで、マイクロフォーサーズ以外のミラーレス機と同じく、標準域や広角レンズばかり作ったり、ソニーと同じく高倍率ズーム連発になっていますが、せっかくの小型センサーなのですからマイクロフォーサーズ同様に超望遠域のレンズも作ってもらいたいものです。

ニコンであること、動体に強いことも含めて、Nikon 1 ユーザーでそう思っている人も多いようですし、私も次のボディが出る頃には超望遠レンズが出てくれることを期待しながらの Nikon 1 購入であります(期待が叶うかどうかは判りませんけれど…)。

30-110mm のコンパクトさを考えると、他マウントの望遠ズームくらいのサイズか、それ以下で 75-300mm、換算 200-800mm の超望遠レンズをつくってもらいたいです。

RX100 並みの画質 + Nikon 1 の AF + 超望遠レンズ


というのは(少なくとも一部の人には)かなり魅力的な、現状では only one なモノになると思うんですけどねぇ。




【理由4】中古がかなり安い


今回買ったのは Nikon 1 V1 と 1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6 の、それぞれ中古。どちらも傷やチリ混入がなく、付属品も揃っている良品美品。ボディは付属バッテリーの消耗度合いも少ないので、さほど使い倒された感じもありません。

で、某カメラ店での中古購入価格は

V1 ボディと望遠レンズ合わせて3万円


でした。そして、これが特に安いわけでもなく、それなりの価格、相場です。

NEX 用の望遠ズーム E 55-210mm を買うか、マイクロフォーサーズ機を望遠ズームごと買い直すか、などと色々考えていたわけですが、

「EVF 付きボディと望遠ズームで3万ならお手頃価格では?」
「マイクロフォーサーズ機の EVF 付ボディ+望遠ズームを3万で買うとなると、昔使っていた DMC-G1 あたりになる(好きなボディだったけど)から、Nikon 1 V1 の方が使ってみたい」
「E 55-210mm も新品で2万円台半ば、中古で2万円弱だから、ボディ丸ごと Nikon 1 で揃えても大差ないなぁ」

ということもあって、Nikon 1 V1 + 1 NIKKOR VR 30-110mm の中古をそれぞれ購入することになりました。


ただ、正直なところ、

安くても信じられない操作性の V1 中古より、マシになった V2 を買うべきか


は相当悩みました。

最有力候補になってからは色々と調べて

初期モデルと昨秋〜今冬モデルで画質面の大きな差はないなぁ


と思ったので、操作性には目をつぶって、今回は V1 の中古を買いました。

ただ、ニコンプラザに入り浸って散々 V1 と V2、J2 / J3 / S1 などの操作性を確認したおして買ったものの、中古の V1 を買って言えることは

Nikon デジタル一眼カメラ Nikon 1 (ニコンワン) V2
Nikon デジタル一眼カメラ Nikon 1 V2 ダブルレンズキット

ケチらないなら断然 V1 より V2 を買うべき


ということ。Nikon 1 V1 の操作性の悪さには耐えられる身体になっていると思いましたし、設定変更が面倒なことくらいは許せたのですが、設定が勝手に変わることが多くて泣いてます。

安いけど V1 は本気でお勧めしかねる操作性ということは次回以降の記事で詳しく書きますが、それなりに出せるなら新型 V2 を買ったほうが絶対に良いですし、小型化優先なら J3 / S1 を買った方が良いと思います。

Nikon 1 V1 の中古価格の安さはかなり魅力で、私もそれにやられたのですが

Nikon 1 V1 の中古が1万円台半ばなのは安いどころか適正価格


ってのは、使ってみて実感しています(>_<)

まぁ今回は “お試し” という側面もありましたし、V2 も納得できる操作性とは言えないので、次の Nikon 1 V3 で画質も操作性も更なる改善をしてもらって買い換えたいと思っています。

それまでに EOS M が Nikon 1 を超える進化と望遠も含めたレンズシステムを出してくれれば別ですが、それはもう妄想の域だと思ってますからね X-)


Nikon 1 V1 + 30-110mm Test (6)


というわけで、2回に分けて EOS ユーザーの私が Nikon 1 を購入した理由を書いてみました。4つの理由と書きましたが、その根底には

  • EOS M が期待外れ

  • 色々とミラーレス機を使ってきて糞な操作性も我慢できるようになってきた


というのがあるのは再度強調しておきたいと思います :)

理由3にも書いたように Nikon 1 の将来については(EOS M の将来よりも)期待しているところがありますが、昨秋の V2 では操作性と画素数向上以外はあまり琴線に触れなかったので、V3 では「これは絶対予約するぜ」というモノにしてもらえればなぁ…と思っています。

それまでに V1 の操作性に耐えかねて V2 を買ってる可能性は皆無ではないのですが、さすがに今年は2ヶ月でカメラに浪費しすぎましたし(Nikon 1 は3万円とリーズナブル?でしたが)、V2 に充てる費用は既に別なものに使ってしまった(^_^;) ので、V3 を素直に待ちたいと思います。

…と書いていてなんですが、やっぱり EVF 付きのボディはデカイので、超小型望遠レンズをより活かすために、ボディも小さな J3 / S1 が欲しいなぁなんてことも思ったりしています(^_^;)

V1 より操作性に難のある J1 の中古が1万円以下なので、そちらに言ってしまう可能性はありますが、新しい高倍率ズームレンズも魅力的なんですよね。



収納時の大きさが 30-110mm と変わらない驚異的な小ささなのに 28mm 広角から 270mm までの望遠をカバー。おまけに 30-110mm と違って断然寄れるのが魅力。

サイズの割りには少々重いのだけが難点ですが、Nikon 1 V2 とならバランスも良くて、V1 + 30-110mm の中古にするか、V2 の小型10倍ズームキットと、どちらにするかは迷ったんですが…

Nikon デジタル一眼カメラ Nikon 1 (ニコンワン) V2
Nikon デジタル一眼カメラ Nikon 1 (ニコンワン) V2

(発売されたばかりの V2 小型10倍ズームキットは10万を軽く超える値段)


今回は値段的にちょっと無理でしたので、価格4分の1だけど自分の目的を考えた際の満足感はそう変わらない V1 + 30-110mm 中古になりました。操作性は10分の1ですけどね!(>_<)

いずれにしても、望遠目的で購入した Nikon 1 ですので少しでもテレ端が長くて軽い 30-110mm が自分の目的には適っていると判りつつも、小さなボディと超小型高倍率ズームレンズは便利だろうなぁ…なんて思っています。S1 や J3 との組み合わせでは、これが 27〜270mm のズームキットとは信じられないくらいですからね。

いずれにしても、そういったレンズサイズのこと、RX100 のことなどを思い返して

「1インチセンサーというのは意外と悪くないんじゃないかな」

そう思ったのが Nikon 1 購入のキッカケでしたね。

キャノンユーザー禁断?の Nikon 1 を買ってしまった、4つの理由【前編】