昨年末、興味を持っていた友人に売却した NEX-7。それなりに愛用しつつもどうしても馴染めないところがあって手放したわけですが、ボディを売りつつも Eマウントレンズその他は残して、値頃感が出たら NEX-6 を買うかなぁ…と思っていました。

また、手元に残った Eマウントレンズやら NEX用のマウントアダプターだけではなく、

X-E1 を使っていると NEX が恋しくなる時が少なからずある


のです。

X-E1 と NEX の比較感想については、近日中の記事で改めて書く予定ですが、なんというか

X-E1 を使えば使うほど、撮影する時は NEX の良さを思い出す


のですよね。軽快さ、まともな背面液晶、バリアングルモニターの便利さ、右手だけで完結する操作性…

まぁ、撮影後に撮った写真を見ると評価は逆転して、撮影時のストレスを帳消しする卑怯な X-E1 ですけど、撮影する時のストレスの差はかなり大きいです。

そんなこともあって「やっぱり NEX を1台手元に置いておきたいなぁ…、NEX-6 を買おうかなぁ、うむむむ」と悩んでいたのですが、今回手元に来たのはコレ。

NEX-C3_Used02


オンボロ見た目はまずまず綺麗な NEX-C3。

「NEX-6 とか言っていたのに、こんな古い NEX にしたのか!?」というのは、自分でもなくはないのですが、もちろん理由があります。



Amazon などを見ていて、年が明けてからの NEX-6 価格はズームレンズキットで7万円台前半に落ち着き、悪くない値段になってきて、正直何回か購入しようかどうしようか迷いました。



ただ、過去にチラッと書いたように NEX-6 では、今ひとつ納得できなかった UI だった NEX-7 から操作性が良くなってるとは思えないわけで、「これを買ったらまた文句たらたらかもなぁ」と思うと購入に踏み切れず。

誤解のないように言っておくと、NEX-6 は良いカメラだと思います。まさに新世代 NEX。自分の感覚と NEX の UI がどこかしら合わない、だけなんです。CyberShot の UI の方がまだ理に適ってる、と思うわけで。

あとは、個人的によく使う望遠系レンズが相変わらず放置プレイなので、

「NEX / Eマウントにお金をかけるとしても、もうちょっと先でいいかなぁ…」

と。NEX-7 の後継機や先々のレンズロードマップを見てからでも良いかと思ったわけです。


とはいえ、それまで手元のレンズやマウントアダプターを死蔵するのも嫌ですので、NEX ボディを1台買っておきたいとは思いました。先にも書いたように、バリアングルモニターなどが便利な時も多いですしね。

それで中古も含めて、どの NEX を買おうかと考えて出てきたのが

今回の NEX は気軽な価格で買えて、使い回しの効く NEX-C3 の中古


狙いとなりました。

NEX-C3 に狙いを定めた理由は以下のとおり。

  • かなり値落ちしていて安い(相場的には1万円台半ば)

  • 初代モデルから撮像素子に改良が入って高感度画質も向上し、マウントアダプター経由で広角 Mマウントレンズを使っても色かぶりが出にくくなった最初のモデル
    (全く出ないわけでもないし、GXR や FUJIFILM みたいな補正機能があるわけでもない)

  • 初代 NEX-3 より薄くなり、後継機の NEX-F3 がデカくなったので、3系では現状一番コンパクトで軽い

  • 現行3系の NEX-F3 と違ってバリアングルモニターが下側にもちゃんと向くタイプ

  • NEX のユーザーインターフェース、捜査カスタマイズ性の良さは、最新世代より以前の方がずっとマトモだと思うから

  • NEX の基本的な機能は一通り揃っている
    (ただし、NEX-C3 から搭載されたピクチャーエフェクトはインテリジェントオートのみ。P/S/A/M モードでも使えるのは NEX-5N から)


以上のように、過去の NEX-3 系では一番好みであり、なおかつお値段がお手頃であることが NEX-C3 選択の理由でした。

どうせ安く済ませるなら、機能的に納得できるレベルでとことん安いのにしよう


ということ。

NEX-C3 は相場的にも値頃感が高くなっていて、ボディだけなら1万円台半ば〜後半くらいで売られています。私は多少難あり中古だったので、さらに安く買いました。

外観は1〜2箇所シルバー塗装の角部分が微妙に剥げているくらいで殆ど綺麗な状態であり、蓋類のパッキングも問題なく背面液晶に傷もないのですが、背面の上下左右ボタンがいささか渋いのと、元箱もマニュアルも付属 CD-ROM もない、ナイナイ尽くしの中古だったので、割安で買えました。

NEX-C3_Used01
(付属しているのは全部でコレだけだった)


私自身は初代も含めて NEX を使ってきているので、マニュアルがなくても操作方法は分かりますし、今の時代はマニュアルその他はネットからダウンロードできますから、何ら問題ありません。

(一点だけ SONY ならではの問題はありましたが、それについてはまた次回記事にでも)

中古は出会いですし、「元箱なし、付属品類もなし、あるのは充電器だけ」という割安になり得る個体を見つけて、でもボディそのものはそれなりでしたので(外観はきれい)、

「もっと安くならんの?」
「色々付いてないじゃん、もうちょっと何とかしてよ」

で、結構引いてくれましての購入価格となりましたので満足感は大きいです。

それにヤフオクなどと違って、きちんとした店の店頭販売中古で一定期間の保証がありますから、問題があれば修理に出せばいいだけですしね(サブ機、お遊び機だからこそ気軽にそう言えるわけですけど)。

NEX-C3_Used03
(X-E1 用の 28mm 相当単焦点を買ってないので、NEX-C3 + 19mm F2.8 EX DN でその代わりを…?)


ただ、割安で買えたといっても、2年前の機種ですので最近の NEX と比べると、

あらゆるレスポンスはトロい


です。ただ、こんなにトロくても X-E1 並み(^_^;) ですから、私の場合は我慢できます(笑)

それに初代 NEX-5 も使ってましたので、あの当時を思い出せばノープロブレム。だいたい、10万円のカメラなら文句を言いたくなりますが、1万円そこそこなら不満が出るわけもありません :-D

それに、この世代は色々良いこともあって、例えば初代 NEX-3 から薄型化したにも関わらず、

NEX-C3_Used06
電池ボックスとメモリカードの入れるところが別


という、昨今のミラーレス機ではなかなか見なくなった真っ当な仕様になってます。あと NEX は、真面目に三脚穴が光軸上にあるのも好きですね。

また、最新世代の NEX と違って、ボタンの機能カスタマイズが幅広いのも良いですね。

NEX-C3_Used07


正直言って、NEX-6 を高い金出して買いたくない理由がボタンカスタマイズがかなり縮小された点にありますので、これが改善されない限りは買う気にならんかなぁ…と思います(NEX の UI指揮を執ってる人間が変わらないと無理かな)。


それに AF やらレスポンスやらが糞遅くても、マウントアダプター遊びにはあまり関係なく、NEX-C3 中古の値段と色かぶりが改善された世代であることを考えると、マウントアダプターごっこには一番手頃でコストパフォーマンスが良いとも言えます。

EVF はないし、外部 EVF も付きはしませんが、NEX にはピーキング機能もありますし、拡大表示の MF アシスト ON/OFF もこの世代はホイール左下のボタン一発なので、かなり便利に使えます。

NEX-C3 のあらゆるレスポンスはまったりですが、自分なりにカスタマイズしての操作性は悪くないんですよね。初代 NEX で叩かれまくって改善した結果が出てるモデルでもあります。

このあたりの世代の NEX は

ハードウェア的にできる範囲で可能な操作性の改善が可能


な点では納得して使えます。ホント、今の NEX や X-E1 には、この当時の NEX の爪の垢を煎じて飲ませたいですね。

NEX-C3_Used04
(こういうレンズは似合いませんね。当然ながら X-E1 の方が合ってます)


とまぁ、今さら中古の NEX-C3 を買ってみた、というチラ裏記事でしたが、お手頃価格で買えちゃうので、あらゆるレスポンスのトロさを許容できれば、割りとお買得中古モデルだと思っています。特に今月また NEX-3系の新型が出れば、さらに値落ちするかも…でもありますしね。

ただ、NEX の純正レンズは中古でも(質と比べて)微妙に割高に感じられる相場なので、Eマウントレンズを持ってる人やマウントアダプター遊び前提での推奨ですね。

もしくは、現行のシグマ EX DN レンズなら1本1万円未満で買える割には良いレンズなので、安く NEX-C3 買って廉価な 28mm ないし 45mm 相当の単焦点1本で散歩カメラ、というのは良いかもしれません。

私もマウントアダプター遊び以外は、これらのシグマ EX DN レンズと一緒に散歩カメラという感じになる予定です。AF は遅いけど、リーズナブルにそこそこ画質で楽しめます。