クリスマスも終わり、いよいよ本年も終わりに向けてラストスパートの週になりました。昔よりもどこか年末年始の区切りが薄れつつあるように感じる昨今ですが(自分自身も)、年の瀬の雰囲気は個人的に結構好きだったりします。

そして本ブログでは、毎年末に「だぶる☆えっち的 お買い物ベスト10」というチラ裏記事を書いていますが、近年は「今年のお気に入り新アプリ」的な記事も書いていました。

が、

アプリもとっくに自分の需要の多くを満たしているので新規参入が少ない


状況です。去年はまだ少しはあったかもしれませんが、今年は本当にもう少ないです。

正直言って iPhone 4 の頃、iOS 4.x の頃までは iPhone の画面一面目、二面目の常用アプリにもちょくちょく変化がありましたが、今はすっかり変化がなくなってきています。年に数個変わるレベルでしょうか。

既存アプリに対する慣れもありますし、保守的になってしまっている自分のダメさ加減もあるでしょうが、もうスマートフォンやタブレットでできること、求めることの多くは満たされてしまっていることが大きいように思います。

また、一見便利に見えても敢えて入れるアプリ1つ増やすほどのこともないアプリも多くなってきたかな、と思います。作り手としては難しい時代になってきたと、ユーザー的にも思います。

そんな状況ですから「今年のお気に入り新アプリ」を紹介するなんてとても烏滸がましいのですが、今年私の iPhone/iPad の “一軍入り” した数少ないアプリを紹介しておきます(昨年までも存在したアプリも含めて、私自身が今年使い始めたアプリを対象にしています)。



Tweetbot ― 個性派Twitterクライアント (for iPhone) App

カテゴリ: ソーシャルネットワーキング

価格: ¥250

Tweetbot ― 個性派Twitterクライアント (for iPad) App

カテゴリ: ソーシャルネットワーキング

価格: ¥250

今さらの Twitter クライアントアプリですが、今春から使っています。長年使ってきた Echofon / Echofon Pro が Ver.5 にアップデートした時に超改悪、機能大幅削減されて、使っていた機能を幾つも予告なしに削除されました。

有料版がそれまでの 600円から 85円になったことは長く使ってきたことを思えば別に良いのですが、金払って使っているのに機能をアレもコレも削除したのはブチ切れですわ。長く使ってきての突然の措置だっただけに、Echofon 作者○ねレベルの怒り心頭でした。

そんなわけで、作者許すまじなアプリを使う気にもなれないので改めて試して決めた移行先がコレ。

不満がないわけではないですが、動作速度や使い勝手とも満足できるレベルだったので、iPhone版、iPad版とも購入して利用しています。


ただ、写真のアップロード先に Flickr がないことだけは困りモノです。Instagram を Flickr と Twitter 両アップデート用アプリとして使っていたのですが、今年いっぱいで止めたいと思っているので、Flickr 対応の Twitter クライアントにまた移るかもしれません。

写真アップロードはずっと Flickr を使ってきていますし、Twitpic が最大画像サイズを大幅縮小したように他の写真アップロード先もどうなるか判らないので、やっぱり Flickr 安定で使いたいんですけど Tweetbot は対応していません。

前々からそろそろ止め時と考えていた Instagram が先日アレコレ騒動ありましたし、Facebook と密接にリンクされるのも近い気がするので、Instagram は止めたいのですが、Twitter クライアントと Flickr の関係もあって、どうしたもんかと悩み中です。

まぁ、ごく個人的な話でしかありませんが。




くるまきカレンダー(6週表示スクロールカレンダー iOSカレンダー対応) App

カテゴリ: 仕事効率化

価格: ¥170

くるまきカレンダー(6週表示スクロールカレンダー) App

カテゴリ: 仕事効率化

価格: ¥250

私自身が毎日多くの予定が入っていてスケジュール管理をしっかりやらなければならないほどの“できる”人間ではありませんので、ある程度の最小限の管理ができれば十分ですので、カレンダーアプリにはあまりこだわりがありませんでした。

千円前後の月表示での一覧性に優れたカレンダーアプリを買おうかと思うことはよくあったのですが、結局

「俺程度なら標準カレンダーアプリでも問題ないわ。必要な時にきちんとアラームが鳴ってメールが飛んできて知らせてくれれば十分だし、ToDo はリマインダーがあるし」

と思っていましたし、実際今でもそれは変わっていません。

Android ではカレンダーアプリの超定番である「ジョルテ」を使ってはいますが、無料アプリで標準アプリよりは良いという理由にすぎず、ジョルテの iOS版が出てしばらく使ってみましたが、結局標準カレンダーアプリで良いか…と外しました(あくまで私のライトな使い方では、の話)。

そんな「俺程度なら標準カレンダーアプリで十分」な私が、お?良いかも?と思って使い始めたら、そのまま常用アプリになったのが、この「くるまきカレンダー」。


実を言うと「くるまきカレンダー」が 24時間だけ無料化されたときにとりあえずダウンロードしておいたのですが、従来どのカレンダーアプリも合わなかったので、今回もどうせダメだろうと放置していました。

ダウンロード後、数日経って試してみたら「これは良いかも?」という感じで常用し始めて、それならと iPad版の「くるまきカレンダー HD」も購入して今や常用しています。

BestApp2012A


画面写真を見て判るように、一見月表示のように見えますが月ごとにページめくりがなく、来月再来月とスクロールしていけるのが特徴です。というか、それ以外の大きな特徴はなく、そこだけです。

機能的には他のカレンダーアプリと比較しても少ない方です。が、必要最小限はクリアしていると思いますし、少なくとも私の用途には十分です(といっても標準カレンダーアプリで我慢できたような人間ですからね ^^;)。

月毎に“めくる”動作は決して嫌いじゃないのですが、こうして月の境界を意識せずにスクロールして一覧できるのは悪くないですし、デザインも気に入っています。

そしてなにより価格が手頃なのが良いです。170円なら気軽に買えます。使いもしない機能満載で千円前後のカレンダーアプリは私には必要なくても、

170円ならちょっとした使いやすさだけで買える


というのは大きいですね。今年一番購入して良かったアプリかもしれません。




MapFan+ App

カテゴリ: ナビゲーション

価格: 無料

オフライン地図アプリとして有名だった「MapFan」の後継アプリ。従来は二千円以上する高額アプリの代表でしたが(その価値はあったと思うけれど)、新版では無料アプリとなり、無料で使えるオンライン地図と、オフライン地図も含めた月額課金方式の有料機能に分かれました。

とはいえ、いま流行の「基本無料、月額課金でガッポリ」な感じではなく、オフライン地図を使いたいだけなら、オフライン地図をダウンロードしたい時だけ月450円の月額課金を1ヶ月払えば、以後は月額課金なしでもダウンロードしたオフライン地図は使える良心仕様。

iPhone/iPad の買い換え、リカバリー時にもダウンロードが必要になるので、必ずしも一度だけ課金してダウンロードすれば終わりとは言えませんが、地図の初回ダウンロードおよび更新時だけ 450円、というのは個人的には悪くない仕様だと思います。

それにユニバーサルアプリですから月額課金の分は iPhone、iPad 両方で有効になりますから、複数台使っていればその分お得かもしれません。

また無料でもナビ機能は利用可能です。無料では渋滞情報の表示や渋滞を考慮したルート探索はできませんが、渋滞情報自体が元々金を払って得る情報であることを思えば、無料でそこまで望むのは無理でしょうし、ナビ機能が無料で使えるだけでも悪くないでしょう。

BestApp2012B


個人的に Google Maps アプリが出た今も地図アプリを起動する時の第一は MapFan+です。理由は

地図を表示する速度が電波状況に依存しないのでイライラしなくて済む


ということです。

イラチなので混雑スポットや山間部で Google Maps その他の地図アプリでなかなか地図が表示してくれないような状況があるとイラッとしてしまいます(^_^;)。その点、オフライン地図なら常にすぐに表示してくれます。

もちろん、オフライン地図では情報量が若干少な目な MapFan+ だけに頼ることはできないので、必要に応じて Google Maps や他の地図アプリ(地図マピオン、Yahoo! ロコ地図)も併用しています。

しかし

まずオフライン地図の MapFan+ を使って、足りなければ他の地図を使う


のは今後とも変わらないかな、と思います。なにせ、地図を見たい時の多くは素早く見たい時ですからね。

それに MapFan+ のオフライン地図は詳細図でビル名などの記載が少なめなどの問題はあるにせよ、Google Maps も河川名や橋名の表記に乏しいなど決して万能ではありませんからね。無料で多機能なのは素晴らしいですが、私は使い分けていくと思います。

利用開始から既に一回 30日分の課金していますが、今後は必要に応じて課金したりしなかったりになると思います。あとは、ダウンロードした地図を課金してない時でも使える良さがなくならないことを願いたいですね。




渋滞ナビ App

カテゴリ: ナビゲーション

価格: 無料

高速・一般道の渋滞情報を表示するアプリは幾つもありましたが、今秋の JARTIC サイトのリニューアルで多くのアプリが使えなくなり、対応されないままのアプリも増えました。

従来の渋滞情報表示アプリは JARTIC サイトの画像ファイル1枚表示するだけの、アプリ作成の練習台として作れるレベルのものでしたが、リニューアル後は直リンクできない複数枚の画像を取得して連結…が必要になったので、本気のアプリだけが残ったとも言えるかもしれません。

私自身、Android では本アプリを使っていたのですものの、iOSでは昔買ったアプリを惰性で使っていました。それを JARTIC サイトのリニューアルをキッカケに iOS も本アプリに変えました。

BestApp2012C


正直なところ、ユーザーインターフェースに関してはイマイチ使いやすいとは感じないのですが(自分がよく使う情報をブックマークできるけど呼び出しに一手間かかる)、それが致命的でもないし、Android と共通にしておくと便利なので、これを使っています。




iHighway交通情報 App

カテゴリ: ナビゲーション

価格: 無料

NEXCO 西日本がリリースしたアプリ。交通情報は高速道路しかないのですが、NEXCO の公式アプリですから今後使えなくなるようなことはないでしょうし、

ライブカメラや高速道路料金計算があるのは便利


ですね。ライブカメラは NEXCO 西日本地区だけですが、中国道の積雪状況とかは気になる時がありますので、遠隔地から目視できるのは有り難いです。

高速道路料金計算は ETC 対応の結果表示がパソコン版ウェブサイトと同じになって見づらいという問題はありますが、アプリ内から IC 指定ができるのはブラウザでやるより少しでも速くなるので悪くありません。

BestApp2012D


それにこれで有料ならともかく無料アプリですから、車でちょくちょく高速道路を走る人間としては1つ入れておこうという気になります。

年額課金の NEXCO 東日本「ドラぷらアプリ」は機能も多いようですが、安くない高速料金取っておいてアプリも有料アプリかよ…と思うと、無料提供されているコレは真っ当かな、という気がします :-)




乗換NAVITIME App

カテゴリ: ナビゲーション

価格: 無料

ナビタイムといえばガラケー時代からの定番経路案内サービスで、まだ他のサービスが有力で新参者だった頃から使っていましたが、今や押しも押されぬ最大手。なのですが、iPhone アプリは最初期に出したものがホント酷くて失笑モノだったのが今でも印象に残っています。

とはいえ、今はその面影もなく、昔は批判の多かった月額課金も今は iOS でも当たり前にありますし、きちんと AppStore 決済に対応しているので、初期の酷かったアプリは黒歴史として、今はガラケーからの移行者も含めて良い選択肢になっています。

その中で、公共交通機関の乗り換え検索機能に特化して無料アプリとしてリリースされたのが、この「乗換NAVITIME」。

他の乗換案内アプリを使っていたのですが、検索結果画面からの「一本前」「一本後」機能が(限定的ながら)当時は月額課金なしで使えるのが珍しく、使いやすさも気に入ってこのアプリに乗り換えました(ダジャレでもなんでもなく ^^;)。

日頃から電車を頻繁に使うわけでもないので無料版で十分なのですが、有料コースだと検索結果から途中駅の時刻表や駅構内図を見られるのは便利そうなので、今後必要があれば課金するかもしれません。

30日で 250円、90日で600円という感じで1ヶ月 200円くらいなら iTunesカードを安い時に買っておけば、下手なゲームアプリ1つ買うより良いかな、なんて思っていたり。まぁそうやって月額課金にハマっていくのでしょうけれど(笑)




DERBY OWNERS CLUB 〜 ダービーオーナーズクラブ 〜 App

カテゴリ: ゲーム

価格: 無料

コンシューマーゲーム機でゲームをしなくなって、iPhone/iPad でももう殆どゲームをしていない昨今なのですが、今年唯一、多少なりとも遊んだと言えるのが、このゲームでしょうか。

昨今こればっかりな基本料金無料のアイテム課金ゲームの一つですが、元々競馬はリアルもゲームも好きで、ダビスタにはどれだけの時間をつぎ込んだか…なクチですので、これも iOS版が出るのを楽しみにしていましたし、出てからは楽しんでいます。

プレイはアイテム課金を殆ど使わず無料プレイが基本です。アイテム課金してプレイし始めると蟻地獄にハマる性格なのは判っているので、最初の頃に幾つかテストでやってみた以外はスルーです。

無料プレイだと重賞をステップアップしていく課程でかなり辛い感じですが、現実もそんなもんだし…という感じで割り切って遊んでいます。どうせやりこむこともできず、気が付いたら1週間放置していた、なんてこともありますしね。

今はゲームの他に優先して時間を費やしたいこともありますから、この程度で十分です。が、いい加減そろそろフリープレイだけでは飽きも来ているので、来年はもうプレイしてないかな、と思います。

年末年始はとりあえず「Final Fantasy IV」がありますしね。オッサンは旧き良き時代の懐ゲーの方が合ってます(笑)

エンディングのないアイテム課金のオンラインゲームばかりな昨今は閉口気味ですが、育成系のゲームは元々エンディングなんてなかったので、こういった形態にはあってるなぁ、と改めて感じたゲームでした。



(次点)
ATOK Pad App

カテゴリ: 仕事効率化

価格: ¥1,200

以前からある比較的有名アプリですが、今年使い始めたものです。お気に入りと言うには不満が多いので次点扱いです。

iOS では日本語入力メソッドが Apple提供のものに固定でアホ馬鹿まぬけなのは、大いに不満を持ちつつもデメリットだけではないのも事実なのでやむを得ないと我慢していますが、その代替措置として ATOKPad を使っていますが、正直言って

値段の割にはカスタマイズ性も含めて満足はできない


って感じですね。

大きな不満だけでも

  • ATOKPad の画面はやたら余白が多い。もっと広く有効に使いたい。

  • 言語切り替えが Option+Space 固定で、標準と同じ Command+Space で切り替えられない。
    (ATOK独自の Option キー連携基本は馴染めないので変更くらいさせて欲しいね)

  • クラウド連携が Evernote しかない。Dropbox くらい頼むわ。

  • アプリ連携で呼び出した時も含めて自動保存機能は欲しい
    (未だにアプリ連携から 100%戻れるとは信用できないので)


といったあたりがあります。とにかく機能最小限で、あまりアップデートもない。

iOS 関連はやる気がないんだねー


というのが感じられる割にはアプリ価格だけは強気なので、あまり他人には勧められない。

けれど、エディタなどでまとまった文章を書く人には変換効率一つとっても欠かせないし、私もこうやって病院の待ち時間に iPad でブログの草稿を書くなんて時には、やっぱり欠かせない。

決して気に入ってはないけれど欠かせない、ある意味 “仕方ないアプリ” だったりします。



ということで、大した内容でもありませんでしたが、私が今年使い始めて気に入っているアプリを幾つか紹介しました。

Android の方もちょくちょく入れ替えはしているのですが、なにせメイン環境でもないので紹介するような真似はできません。来年以降、また状況が変わる可能性はなくもないですが…

ちなみに、最近話題の「Smart News」も入れています。すぐに読む機能について議論は色々ありますが、すぐに読む機能を使う場面は限られていて、それ以外の点で便利に使っています。ただ、まだ使い始めて1ヶ月も経っていないので、継続的に使っていくかどうかは不明ですので番外にしました。

あとは本当に昔からの定番ばかりで、RSSリーダーは Reader 一択、Instapaper、Dropbox、Evernote、GoodReader、Camera+、iText Pad、Tap Forms、大辞林、i英辞郎、日めくり、手帳の付録、AppBox Pro、そら案内、FlightRader24、テレBing…

ホント代わり映えしないし、趣味絡み以外は特に特徴もないと思います :-)

ちょっと便利だからと増やしても、使うのに便利な位置に置けるアプリというのは限られていますし、アプリの増加は決して便利さの向上に繋がりませんから難しいところです。

来年はまた何か大きな変化があれば面白いのですが、ハードウェア的にもソフトウェア的にも目をみはるような変化は期待していません X-)