相変わらずウチの Nexus 7 には、なかなかアップデート(Android 4.2)がやってこずにヤキモキし始めている昨今です。4.2 ではちょっと期待していることもあるのになぁ…

と思ったら、常用している電子書籍ストア Kinoppy アプリが Android 4.2 では現在動かないようなので、速攻突っ込んでいかなくて良かったのかもしれません。

さて、iPad mini に関してはグダグダ書くのも(特に何もなければ)ひとまずこれで終わりにしようかと思います。最後に Nexus 7 と両方使ってみた私なり印象と結論めいたものを、アポとアポの合間に本日発売開始のグラコロを食べつつ、つらつらと…

iPadmini_vs_Nexus7_23
(閑散とした店内だったので、思わずアホな写真を…スイマセンスイマセン ^^;)


何度も触れてきたことですが、Nexus 7 と比べた場合の iPad mini が

  • タブレット用アプリ(iPad 用アプリやユニバーサルアプリ)が Android OS より豊富に存在する

  • 画面比率が 4:3 であり、Nexus 7 などの Android 7インチ端末より一回り大きい画面


ということもあって、

iPad mini は純粋なタブレットの小型版
Nexus 7(や Android 7インチ端末)はデカいスマートフォン


と評されることに繋っていますし、私自身そう書いてきましたし、事実使ってみてもそう感じています。

けれど、実際両方を使い続けてきて今一番強く感じるのは

7インチ端末がデカいスマートフォンではダメなのか?


と。

iPad mini と Nexus 7 を持ち出して使っていると、果たして 7インチ端末がタブレットらしくなければならないのは必須条件なのか?と疑問に思ったりします。タブレット専用アプリが豊富でないといけない、時には画面比率が 4:3 の方が正義のように言う記事も散見しましたが、決してそんなことないだろうと。

10インチクラスになれば、否が応にでもタブレット的にしか扱えないし、横画面で使うのも普通ですが、7インチクラスの端末は人によりけり、

7インチ端末はデカいスマートフォンとして使えれば十分な人も多くないか?


と思うわけです。

少なくとも閲覧デバイスとしてだけ使う場合は縦が基本になり、それゆえにデカいスマートフォン的でも十分だと感じるし、

「スマートフォンは画面が小さくて見辛いから、7インチが手頃で良いんだよね」

という層は多いわけで、みんながみんな、“タブレットらしさ”、“タブレットアプリ”を求めてなんかいないのでは?と。

iPadmini_vs_Nexus7_01


私自身が iPad / iPad mini でも Nexus 7 でも諸々テキストタイピングしたり、仕事の資料を作ったり、デジカメで撮った写真を取り込んでレタッチしてブログを更新したり、みたいなことをしてきて、7インチ端末にも“タブレットらしさ”、“タブレットアプリ”を求める最たる人間なんですが、周りを見ていると、そういう人って意外と少ないんですよね。

基本的に、多くの人が閲覧用端末。ちょっとメールの返事を書いたり、ウェブ上で SNS やブログコメントの短文を書いていたりするけれど、閲覧中心という範疇から外れることがない。やっていることは、スマートフォンの延長。

だったら、7インチ端末がデカいスマートフォンであることは、ある意味理にかなってるし、4:3 じゃなく 16:10 の画面はボディサイズの小ささ、特に横幅の狭さにつながって、持ち出し時に有利な点がもっと強調されてもいいんじゃないかな、と。

電子書籍端末としても 7.9インチの大きさが良好と思うこともあるけれど、雑誌や大判書籍の PDF でもなければ7インチで十分と思うことも多い。事前に色々と言われたほど 4:3 が有利に働いてるとも感じなかったし、何よりも文字の見やすさは Nexus 7 の方が少し良い。少しだけど明らか。

そう思っていくと、

iPad mini の良さは確かにあるけれど、皆が皆、必要としてる良さでもなく
安価な Nexus 7 で十分な人、幅が狭い分 Nexus 7 の方が良い人も少なくない


だろうなぁ…と、両者を使ってきて思っています。特に持ち出し用端末として考えると、横幅が狭いのは車内とかで使いやすいと思うんですよね…



iPad mini と Nexus 7 を比較してみると

  1. 画面比率の違い

  2. サイズの違い

  3. 画面解像度の違い

  4. スペック上の性能の違い

  5. 背面カメラや NFC の有無など一部機能の違い

  6. iOS と Android の違い

  7. 値段の違い


と「違い」があるわけですが、前回記事でも少し触れたように、処理性能で目立つような体感差があるかといえば、私が 10日間両者を使ってきた限りは殆ど皆無、と言っていいくらい差はありませんでした。

CPU的にはクワッドコア(4コア / Nexus 7)、デュアルコア(2コア / iPad mini)というスペック上の差があり、メモリも 1GB (Nexus 7) と 512MB (iPad mini) という差があるのですが、それを大きく意識することはなかったと言えます(CPU の場合は動作クロック数の問題もありますからコア数で比較するのはフェアではありません)。

ただ、以前の記事でも書いたように、Nexus 7 はメモリ 1GB の恩恵もあって、古い Android 端末の基準では計れないほどサクサクと動きますし、iPad mini もメモリを消費しにくい iOS の恩恵もあって動作に不満なく、動作速度的に両者間に有意な使い勝手の差はないと思います。

iPad mini の場合は第三世代以降の iPad が既に存在して、それに比べると色々と見劣りするので、どうしても評価基準は厳しくなってしまいますが、Nexus 7 との比較では通常使っている限り、特に差を論ずるような差はないと感じています。


機能的な差では、「デカいスマートフォン」的な Nexus 7 にこそ、背面カメラが欲しかったなぁ…と思います。もちろん、あって損はないものなので iPad mini にあるのは良いことなのですが、

幅広な iPad mini で撮るのは、フルサイズ iPad と撮ってるのと変わらない気分


なので、Nexus 7 の方が「有ったら良かったかもなぁ…」と感じることはありましたね。これは後述するサイズ差による使うシーンの差にも影響されていますが。

それ以外の機能差は処理性能同様、特に大きく差を感じることもないですね。



で、どうしてもポイントになるのは「画面比率の違い」「サイズの違い」であって、この両者はコインの表裏でもあります。

何度も書いてますが、iPad mini が Android 7インチ端末の 16:10 画面比率ではなく、そこから幅を広げた 4:3 比率の画面にしているのは、iPad mini が iPad であるがゆえの必然ですし、タブレットとしての最低限の操作感を維持するべく、それより小さく出来なかったのは理解できます。

実際、何か作業をする時、特に横画面で作業する時には、16:10 と 4:3 という数字が見せる印象より遥かに大きな作業感覚の差を感じます。

iPadmini_vs_Nexus7_04

iPadmini_vs_Nexus7_03

iPadmini_vs_Nexus7_06
(Nexus 7 で当ブログ更新作業例/外部キーボード利用)

iPadmini_vs_Nexus7_05
(iPad mini での当ブログ更新作業例/外部キーボード利用)

iPadmini_vs_Nexus7_07
(アプリは異なるものの、iPad mini と Nexus 7 のレタッチ作業例)


また、ドキュメント作成や写真レタッチ、動画編集などの作業を行うのではなく、単にウェブサイトを見るだけに置いても横画面だと大きな差を感じることになります。

iPadmini_vs_Nexus7_08
(閲覧だけでも縦の差が大きな印象、使い勝手の違いを与える横画面)


ただ、横画面での閲覧でも元々横画面前提の動画閲覧に関しては 4:3 より 16:10 の方がむしろ適しているわけで、閲覧の場合は全ての場合に良い訳ではありません。

さらに、通常使う場面、特に閲覧系デバイスとして利用する場面を考えてみると

7インチ端末は片手持ちで使うサイズ、軽さ

片手持ちで使うなら普通は縦画面メイン


となるわけで、なにか作業するのでなければ多くの場合、7インチ端末では縦画面利用になるのではないかと思うわけです。

そして、縦画面での利用となると 16:10 より 4:3 の良さは横画面ほどのアドバンテージはないように感じます。このへんは感覚的なもので、私がそう感じるからといって他人もそうだとは限りませんし、それを強制するつもりもないですが。

iPadmini_vs_Nexus7_09
(縦画面のウェブサイト比較。iPad mini の方が大きめ表示が可能だが
どちらも拡大しないと文字を読み取りにくいのは同じ…)

iPadmini_vs_Nexus7_10
(同じく縦ウェブ画面比較。表示量は iPad mini の方が大きいが、
文字サイズは大差なく、解像度が高い分だけ Nexus 7 の方が若干見やすく…)

iPadmini_vs_Nexus7_11
(Android版Chrome にはリンクをタップする時に拡大機能もあって便利)

iPadmini_vs_Nexus7_12
(Twitter アプリ例。見る読むだけなら 4:3 画面が使い勝手の差に繋がることは殆どない)


また、「電子書籍は元々の紙書籍の判型から言っても 4:3 比率の画面の方が相応しい」とはよく言われますが、使っていて

大判書籍のPDF、スキャン書籍以外だけは iPad mini の方が良いけど
それ以外の電子書籍は iPad mini も Nexus 7 も大差ない


と感じますね。画面が 16:10 という縦長になることでの違和感が皆無とは言いませんが、慣れの問題に感じます(スマートフォンで読む時だって 16:10 とか 16:9 だしね)。

リフローできる電子書籍はもちろん、コミックだって Nexus 7 で読むのに何ら不便は感じませんし、iPad mini が一回り大きく表示されるとしても大きな優位性を感じるほどではないと思います。大判書籍になると差はありますが、そういうのは iPad mini よりフルサイズ iPad の方が遥かに読みやすいので、iPad mini じゃないと、iPad mini がベストマッチ…というのは実際あまりない気がします。

ま、個人的に電子書籍端末は 7インチが大きさとしてギリギリ、持ち歩いて気軽に出して使うなら6インチで十分でしょう…と感じる人だから、そういう人間の目と思って下さい。

iPadmini_vs_Nexus7_13
(コミック表示例。Nexus 7 の方が一回り小さくなるが、解像度的にも特に問題ない)

iPadmini_vs_Nexus7_14
(紀伊国屋 Kinoppy での新書表示例。同程度の文字サイズにして表示。
アプリ差もあって、縦長 7インチの Nexus 7 は表示領域が実質 6インチ程度になる)

iPadmini_vs_Nexus7_15
(Kindle での表示例。iPad mini の表示量の多さが目立つが、個人的には Nexus 7でも十分)

iPadmini_vs_Nexus7_16
(Kindle での横画面表示例。さすがに横画面では Nexus 7 はナニコレ巻物なの?状態)

iPadmini_vs_Nexus7_17
(大きめ判型のオライリー書籍 PDF 表示例。ここでは iPad mini の大きめ 4:3 画面が生きる。
iPad mini は拡大せずとも何とか読めるが、Nexus 7 は少々苦しい)

iPadmini_vs_Nexus7_18
(前の例を横画面表示。フルサイズ iPad だがそのまま読めるが、iPad mini でも厳しい)


以上はあくまで一例にすぎないですし、人それぞれ好みの文字の大きさも違うので、あくまで私の例にすぎませんが(歳を取ると小さい文字が苦しくなってくるのを実感してきましたしねぇ ToT)、縦画面で読んでる限りは大きめ判型の PDF やスキャン書籍以外は Nexus 7 で特に困ることはありません。

特に文字の拡大縮小が可能でリフローされる電子書籍については、Android の 7インチ端末でも十分だと思っています。コミックも配信されているもの、自炊しているのも含めて Nexus 7 で問題ないですね。iPad mini では一回り大きく表示されますが、持ち出し時には覗かれる可能性も考慮すると良し悪しかと。

また、Nexus 7(や Android 7インチ端末)は画面が 16:10 な分、電子書籍としての表示領域はひと回り小さく実質 6インチ程度になりますが、巷の電子書籍専用端末と変わらなく、何も不足ないと感じています。

ただまぁ

電子書籍ストアアプリには Android版の使い勝手が iOS版と比べて劣るものが多い


ので、その点だけが未だに Android 端末で読んでいて何だかなぁ…と思うことですが。

iPadmini_vs_Nexus7_19mini
(iPad mini)

iPadmini_vs_Nexus7_20Nexus7
(Nexus 7)

iPadmini_vs_Nexus7_21mini
(iPad mini)

iPadmini_vs_Nexus7_22Nexus7
(Nexus 7)


画面解像度(と画面サイズ)の違いによるピクセル密度の違いによる文字の見やすさの差は、これまた個々人の判断基準によるので断言はできませんし、上記例は適当に撮影した例ですので、これをもって証拠とか言うつもりはありませんが、少なくとも

私個人としては Nexus 7 の方が見やすいと感じる差はある


と思っています。Retina iPad との比較のような決定的な差ではないですが、差は感じます。

Retina iPad や Nexus 7 を使ってきた身として、iPad mini は7.9インチだから Retina じゃなくても気にならないなどというのは信じられないし、Nexus 7 と見え方に差がないなどという意見には疑問を感じますね。

先のオライリー書籍 PDF でも iPad mini が Retina Display ならばギリギリ読めるではなく、文字は小さいけど読みやすいと思えるものになっただろうに…とは思います。事情は理解できても、そういう思いは消えません。



また、実際に iPad mini と Nexus 7 の両方を持ち出して使っていて一番感じたのが、

Nexus 7 や Android 7インチ端末のボディ幅の狭さは大きな利点でもある


ということ(使い方によるけど)。

出先でスマートフォン以上 iPad 未満の7インチクラスの端末が望まれる場面は色々あるでしょうが、カフェなどのゆっくりとできる場面、他者とパーソナルスペースに余裕が有る場合は多少大きめ、幅が広めの iPad mini でも何ら問題ないでしょう。

ところが、電車内バス内で座っていて使うなど、特に隣席に人がいるような場面では少し違います。タブレットを出せる余裕はあっても

隣人との距離は広くない空間では、横幅の差は意外と効いてくる


ように思います。

これも個人の感覚でしかありませんが、隣人との距離感は上下ではなく左右ですから、ボディ幅の狭さは覗き見その他への警戒感を多少なりとも薄れさせます。「デカいスマートフォン」というスタイルがむしろ好ましいのではないでしょうか。


バックへの収納や出し入れでも、やはり iPad mini と Nexus 7 ではそれぞれに良し悪しあり、薄い iPad mini が収まりが良い場合もあれば、幅の狭い Nexus 7 の方が収まりが良い場合もあります。

ブリーフケースタイプの鞄なら iPad mini の薄さが効いてきますし、薄型ノートパソコンの脇に入れるのも iPad mini の方が収まりが良いです(ケースとか付けて分厚くすれば別ですが)。

反面、小さなポーチ、ショルダーバックに色んなモノが雑多に入ってる状況だと、Nexus 7 の小ささが入れやすく、また取り出しやすいとも感じます。このあたりはカバン次第、一緒に持っていくもの次第でしょうか。


また、ちょっと特殊な例とも言えますが、この季節になると

Nexus 7 がジャケットやコートの内ポケットに入るのは、ちょっと便利


なんですよね。

7インチ端末を常にジャケットの内ポケットに入れておこうとは全く思いませんが、電車の乗り換えなど少しの移動時にいちいちカバンへしまわずとも内ポケットに入れて移動できる、乗り換えの電車や待合のベンチですぐに Nexus 7 を出せるのは結構便利です。

iPad mini だと幅が広くて無理です。ジャケットの外ポケットに入れられる場合もありますが、はみ出してしまいますし、iPad mini をはみ出しながら外ポケットに入れるのは、スタバでドヤ顔で云々どころの話ではないですからねぇ(^^;)

iPad mini のサイズ、幅広が正当な納得できる理由があるとはいえ、外で閲覧デバイスとして使っていると、サイズ感としては Nexus 7 の方がコンパクトかつスリムで良いと感じるシーンも多くあります。

そういうこともあって、16:10 の Android 7インチ端末の方が便利に思うことも、デカいスマートフォンで問題ないじゃないかと思うことも多いのも事実でしたね。


あと、寝モバ(ベッドで寝ながら利用)するのも、個人的には iPad mini ではちょっと大きく感じて、Nexus 7 くらいが限界ですね。実際、持ち出し時以外にベッドサイドに置いてあるのは iPad mini 購入後も Nexus 7 ですね。

本来 SONY Reader くらいのサイズ、軽さが寝モバではベストなのですが(薄さだけなら iPad mini でも OK)、そういうタブレット端末は当分望むべくもないので、むしろ 5インチクラスのスマートフォンでも買ってみようかと思ったりしています…



とまぁ、iPad mini と Nexus 7 の対比についてダラダラと感じたことを書いてきました。ここ2週間は敢えて両方持って出かけて、使い比べして感じたことをメモっていたものを元にしたのですが、相変わらずまとまりがなくてスイマセン。

とにかく両方使って思うのは

iPad mini と Nexus 7、画面比率としての 4:3 と 16:10 は
それぞれに良し悪しはあって、どちらが優れているということもない


ということ。

iPad mini はタブレットとしての優位性はあるけれど、Nexus 7 のデカいスマートフォンというのも 7インチ端末の特性を考えれば決して否定しうるものではない、と思います。

それを鑑みて言えば

iOS デバイスを持ってない/タブレットで作成・編集作業をするつもりもない
ならば、安い Nexus 7 で何の問題もない


と私は思います。私自身も Nexus 7 があれば iPad mini がなくても困ることはないです(多少不便になることはあったとしても)。

ただ、

他に iOS デバイスを使っている人、小型の iPad が欲しい人は mini 一択


となるのは当然ですし、9千円の価格差は惜しむ余地もありません。

すぐ上で「私も Nexus 7 があれば iPad mini がなくても困ることはない」と言っておきながらも、

「どちらか1台選ぶ、持って行くとしたら、やっぱり iPad mini かなぁ」

というのはあります。それは私がタブレットで色々と作業することがあるからであり、iPhone / iPad ユーザーであるからです。

あとまぁ、両方使っていると

iPad mini の薄さ軽さは麻薬


であって、iPad mini の薄さに慣れると、どうしても Nexus 7 が厚く重く感じてしまうんですよね…(そういう意味では MEDIAS TAB UL N-08D に惹かれるのですが、如何せん高すぎ)

iPadmini_vs_Nexus7_02


質感の差は歴然としつつも、以前の Nexus 7 の感想記事でも書きましたが、この安っぽい Nexus 7 の造りも私は決して嫌いじゃないです。気軽に裸で使えて良いじゃないですか。iPad mini みたいに綺麗すぎると、裸で使うのに躊躇ってしまうこともあります。

私は躊躇いつつも薄さ軽さ優先でケースを付けることなく使いますが、ケースを付けて分厚く重くしちゃってる人の多さを見ると、iPad mini の質感の良さも決して良いことばかりじゃないように思います。

綺麗だ、薄いと言いつつ、ダサいケースつけて Nexus 7 より厚く重くしていたら、質感や重さ、薄さの比較なんて無意味ですからねぇ(私も iPhone ではバンパー付けてるので、あまり他人のことは言えませんが ^^;)。


ともあれ、タブレットが1家庭に1台のリビングのものではなく、1人1台の自分専用端末、持って歩く端末に広がると同時に 7インチクラス端末の要求は増え、そういった時代に迎合即して作られた iPad mini。

今まで使ってきた iPad の環境が半分の重さ、二回り小さなサイズ、納得できる薄さで実現されているのは、従来ユーザーには堪らない魅力です。

iPad ユーザーなら使えば堕ちること間違いなし


です。それは Retina 云々の欠点を超越します。

けれど、

iPad mini は Nexus 7 を超えるものでもない


のもまた事実。良い部分もあれば、そうでもない部分もある。

iOS ユーザーかどうか関係なく、Nexus 7 を買ってしまって十分使えている人なら、わざわざ iPad mini を買い増すほどでもないし、Retina iPad mini を待てるなら待った方が良いとも思います。

これからタブレットを買う人もそう。iPad mini の質感やデザイン、使い勝手に魅力を感じるなら iPad mini にすべき。毎日のように使うものは、自分の感覚、直感は重要。

でも、Nexus 7 で十分、できるだけ安い方にしたいと思うなら Nexus 7 で何も問題はないと思います。iPad mini が出たからといって全く色褪せるものではありません。ホント、これだけのものをこの価格で売れるのは凄い。Google はハードで儲ける必要がないとはいえ、良い時代になったと感じる一品です。

iPad mini は使ってみて良さを感じるのだけれども、Nexus 7 もまた良し、というのが両方を2週間使ってみての率直なところ。やっぱり 19,800円という価格は背中押しやすいしねぇ(笑)