今日(というか記事公開時では昨日)の午前中、九州へ向かう車内で

iPad mini でロジクール Ultrathin Keyboard Cover TK710 を使ってみたわけだが…

という記事を書きました。

フルサイズ iPad では素晴らしくマッチした愛用の一品、ロジクールのキーボードカバー TK710 も iPad mini での利用には少々厳しいと言わざるを得ませんでした。

その記事を書きながら、

「以前使っていたロジクールのキーボードケース TK700中華製安物キーボードケースの方が立て掛ける溝が深い分、ボディの薄い iPad mini でもしっかり差し込めて安定するんじゃないか?」

と感じました。

ということで、出先でロジクールのキーボードケース TK700 を持っている人に会うので、お願いして TK700 を借りてきました(TK700 は売却しちゃったので…)。

(名前が良く似ていますが、今年発売の iPad 用キーボードカバー製品が「TK710」。昨年発売の前モデルであり、iPad 用キーボードカバーではなくキーボードケースの製品が「TK700」です)

そして早速、帰りの福岡空港で使ってみています。

iPadmini_TK700_01


iPad mini とロジクール Ultrathin Keyboard Cover TK710 の組み合わせは全くお勧めできない状態でしたが、前モデルでキーボードカバーではなくキーボードケースである TK700 との組み合わせはと言うと…

iPad mini と TK700 の組み合わせは、安心して使える感じ\(^o^)/


です。

ただ、ここ(福岡空港)では机の上に置いてキーボードケース TK710 と iPad mini を使っていますので、このあと関空到着後に揺れる車内(リムジンバスまたは電車内)で使って、再び感想を書いてみたいと思います。というか、それ以前に飛行機が遅延していて終電に間に合うのか…

現在、福岡空港でピーチ関西空港行き最終便の搭乗を待っているのですが、折り返しの到着便が遅延していて、このままでは終電の接続に間に合うかどうか非常に微妙な情勢です。ヤキモキしながら、その不安を紛らわすために本記事を書いています(-。-;)

さて、ようやく搭乗開始…



………
いやー、大げさでも何でもなく、間一髪で最寄り駅まで帰ることのできる最終の接続電車に乗ることができました!久しぶりに猛ダッシュして、発車のブザーが鳴っているなかを電車に滑り込みセーフ。

この電車を逃すと梅田で一晩明かすかタクシーに乗って帰るか、でしたので助かりました。まぁ梅田からタクシー使っても、新幹線で帰るより安いエアチケットではあったのですが。

ともあれ、少し息を整えてから、空港急行@南海電車のなかで改めて、iPad mini +ロジクール・キーボードケース TK700 を使っています

iPadmini_TK700_02


福岡空港では動いている車内ではなく、しっかりした机の上に置いての使用でしたが、今回はそれなりに揺れる車内でのお試し、午前中にキーボードカバー TK710 を試したのと同じような条件です。

率直に言って

揺れのある車内でも iPad mini +キーボードケース TK700 なら、まずまず安定


しています。十分使えています。

行きに使っていたキーボードカバー TK710 と iPad mini の組み合わせで感じた不安を感じず、心おきなく iPad mini を使ってタイプ作業ができ、

これなら使う気になる安定度


ですね。

キーボードカバー TK710 の場合、フルサイズの iPad との組み合わせでは TK710 のマグネット吸着機構が威力を発揮して絶大な安心安定感をもたらしていましたが、iPad mini はマグネット位置が異なっていて殆どマグネット吸着効果がありません。

キーボード“カバー”である TK710 はタブレットを差し込む溝が浅く、マグネット吸着効果がないと溝に iPad mini を差し込んでもイマイチ不安定になり、揺れなどの影響で、使っている最中に iPad mini が倒れることもありました。

反面、キーボード“ケース” TK700 は自身の筐体もやや厚みがあって重いのですが、厚みがある分だけタブレットを差し込む溝も深いので、iPad mini のような薄いボディでもしっかり差し込めて簡単に倒れるような感じがありません。

iPadmini_TK700_04
(溝のフロント側にある引っ掛けが効果を発揮している)


いま実際に使っていて車内がブレーキや加速、ポイントなどで揺れたりしても iPad mini がパタッと後ろに倒れる気があまりしませんし(キーボードカバー TK710 と iPad mini の組み合わせでは常に心配だった)、

iPad mini を立て掛けた時の角度がちょうど良い具合


です。前回記事にも書きましたが、キーボードカバー TK710 に iPad mini を立て掛けると iPad mini の角度が寝すぎるんですよね…

そういう意味では

「iPad mini とキーボードカバー TK710 の組み合わせは何もかも微妙で不安定だったが、キーボードケース TK700 との組み合わせでは心地よく利用できる」

と言えると思います。

もっとも、TK700 にはマグネット吸着機能はないのでキーボードケースを傾けたりしたら、載せているタブレットは倒れるのですが、さすがにそれは当たり前ですので、自分で気をつける必要があります(キーボードを傾けても載せてる iPad が倒れない iPad+キーボードカバーTK710 の組み合わせが凄すぎるんですが)。

iPadmini_TK700_03


ここからは乗り換えた JR環状線の車中でまた少し書いています。なんとか自宅に終電で辿り着けそうですが、ここまで1時間半ほど iPad mini+キーボードケース TK700 を使ってみた感じから言うと

膝の上でタイプする前提で iPad mini と組み合わせるキーボードを選ぶなら
iPad 用キーボードカバー TK710 ではなく、キーボードケース TK700


なのは間違いありません。iPad mini+TK700 は、かなり快適に使えています。

おまけに TK710 と組み合わせていた時より安定しているせいか、iPad mini の小さな、そして非Retina の文字でも目の疲れ具合が違う気がします。TK710 との不安定な組み合わせでは細かな揺れが影響していたのかもしれません…

ということで、結論としては

フルサイズ iPad と組み合わせるならキーボードカバー TK710
iPad mini と組み合わせるならキーボードケース TK700


が適しています。

といっても、TK700 もフルサイズ iPad 用で、iPad mini 用のケースとして使うことは全く無理ですけどね。iPad mini 用に良い感じで使えるキーボードがあれば良いのですが…ねぇ。

おまけに

キーボードケース TK700 は分厚くて、同種製品の中では重め


であるので、せっかく iPad mini という軽いデバイスにしたのに意味がなくなりそうなのが難点ですね…

TK710_21CompareTK700b
(左:TK700、右:TK710)

TK710_22CompareTK700c
(左:TK700、右:TK710)


類似製品と比較してみる・キーボード付きの iPad カバー「Ultrathin Keyboard Cover」TK710【中編】


となると、iPad mini と薄めのキーボードケースである中華製キーボードケースとの組み合わせが気になりますが、それはまた改めてということで…


そんなわけで、ロジクール・キーボードケース TK700、本来 iPad ようですが、iPad mini 用キーボードとして使ってみても、なかなか良さ気でした。フルサイズ iPad を持ってる人は兼用できますし、価格もこなれて5千円前後。まぁこいつはデカいですし、武骨ですけどね…

with iPad mini + Keyboard Case For iPad2 TK700.


【追記】iPad mini に背面 TPU ケースを付けた状態で TK700 に差してみました。

iPadmini_TK700_05
(TPU ケースを付けた iPad を挿した状態を横から見たところ)


ケースを装着すると、ちょっと立ちすぎて直角に近くなってしまい、少なくとも机の上では使いづらいですね。膝の上で使うにしても、この角度はちょっと辛いように思います。TK700 で iPad mini を使う時は、裸で使ってちょうど良い角度だと思います。

別のキーボードケースを試した次記事→ そして iPad mini で中華製安物キーボードケースも使ってみた