先日「Nexus 7 を便利にするためのお買い物、使っている物」という記事でも紹介した、リーズナブルな Bluetooth キーボード「ポケモンキーボード」。

バトル&ゲット ポケモンタイピングDS (シロ)
バトル&ゲット ポケモンタイピングDS (シロ)

(一時期はもっと安かったが、今は2千円前後)


このポケモンキーボードは「バトル&ゲット ポケモンタイピングDS」というニンテンドーDS 用ゲーム?ソフトに付属するキーボードなのですが、これが安くて、なかなか侮れず。

先日の記事で Nexus 7 と組み合わせて使っていることがあると書いたら、実際どんな感じなのか教えて欲しいと2人ほどから聞かれたので、簡単に紹介しておきます。

PokemonKeyboard01


ま、既にポケモンキーボードを各種スマートフォンやタブレットで使うのは数多くの先人がいて(ある意味もう定番)、多くのブログその他で紹介されていますので、わざわざ私が書くことでもないでしょうけど…

と思いつつ、以下簡単に。



パッケージはキーボードが入っているため、ゲーム用ソフトとは思えない横長になっていて、表側は左にニンテンドーDS用ゲームパッケージ、右にスタンドが入っていて、キーボードは裏側に収納されています。

PokemonKeyboard08


ニンテンドーDS用キーボード、ポケモンキーボードといっても中身は普通の Bluetooth キーボードですから、一般的な Bluetooth キーボードの接続と何ら変わりません。

ペアリング開始は「Fn キーを押しながら電源スイッチON」


これだけを覚えておけば十分です。

付属のスタンドはキーボードを使ったゲームをする時に、ニンテンドーDS を立て掛けておくためのスタンドなのですが、Nexus 7 など7インチクラスのタブレットを横置きするのにもピッタリ使えます。

PokemonKeyboard03
(付属スタンドに Nexus 7 を立て掛けてポケモンキーボードを使っているところ)

PokemonKeyboard04
(Nexus 7 を取り除いてみた付属スタンド)

PokemonKeyboard05
(Nexus 7 を置いて横から撮ってみた)


Nexus 7 程度のサイズ、厚みだと十分実用になりますが、iPad のような10インチクラスの端末は無理です。7インチクラスの端末でも縦置きはちょっと不安定すぎて好ましくないでしょう。

この商品には、キーボードとスタンド以外に、ニンテンドーDS用のゲームパッケージも付属していますが、ウチではむしろ本体であるそれは、未開封のまま眠っております…最近 DS も全然使わなくなりましたね…

PokemonKeyboard06
(出先の Nexus 7 から VPN 経由で自宅の Mac にアクセスして作業中…)


使い勝手ですが、上記の写真でも判るように、キーボードはサイズの割に十分なキーピッチを持って作られていて、パソコン用キーボードと比べてもピッチ的には違和感がありません。

小型キーボードですのでファンクションキー列はありませんし、パソコン用と見れば足りないキーもありますが、タブレット向けキーボードと思えば十分です。カーソルキーだけは少々微妙なサイズ、配置ではありますが…

ただし、

タイプ感は独特のフニャ具合


です。はっきり言ってタイプ感は良くないのですが、2千円のキーボードですからね…

このキーボードのタイプ感は、接点を叩いてる感じのないフニャフニャさ満点なのですが、反発がないわけでなく何とも言えない感じで、一般的なパソコン/スマートフォン用の安物キーボードのダメさ具合とはまた違う感触です。

フニャタイプで違和感がなくはないのですが、カチャカチャとうるさいキーボードではないので、外で使うには悪くないと思います。全く音がしないわけではないので、サイレント・キーボードというわけではありませんが。

PokemonKeyboard07


ただ、このキーボードの良いところは

安いだけじゃなく、壊れにくい感じ


というところ。

ニンテンドーDS 用、つまり子供がガチャガチャと乱暴に扱っても簡単に壊れないようになっているようで、使っていても「安っぽいけど、子供の玩具と同じ感覚でキーボードにしてはヤワな感じがないなぁ」と感じます。

まぁどれだけ耐久性に優れているか、壊れないかを検証したわけではないので、あくまで“感じ”ですが、安物キーボードだと店頭展示品でよくキートップが外れていたり、端が割れていたりしますが、そういうのが簡単にはないような印象のするキーボードです。

壊れにくそう、万が一壊れてもあまり痛くない値段ということもあって、

旅行・出張に持っていくキーボードとしても良い


です。いくらタイプ感が微妙とはいえ、少なくとも折りたたみキーボードよりはずっとタイプしやすいので、スーツケースの隅に入れていくことが時々あります。

百均の長いポーチに入れて、何回かそうやって持ち運んでいますが、全く問題ないですね。スーツケースだけでなく、普通のショルダーバックに入れて出先で使うこともあります。

PokemonKeyboard02
(縦長の百均のクッションポーチ。普通のキーボードだと不安だが、これなら安心?)


ポケモンキーボードと言っても、見ての通り

キーボードにポケモンの文字も絵もなくシンプルデザイン


ですから出先で使うにあたっても何の問題もありません。見る人が見れば判るでしょうけれど :-)

それどころかキートップに「かな」の印字がなくアルファベットだけというシンプルさは、むしろ好ましく感じる人も要るはずです。

PokemonKeyboard09
(iPad とポケモンキーボード)


以上、Nexus 7 を例に出してきましたが、元々 Galaxy Tab や iPad で利用していました。iPad との組み合わせも何ら問題ありません。

iPad ではキーボードカバー TK710 を愛用していますが、Bluetooth キーボードは機内で利用不可なので飛行機移動の際にはキーボードはスーツケースに入れておくことも多く、その際には丈夫そうなポケモンキーボードを持って行くことも多いですね。

仕事でキーボードを持って行く時には Bluetooth じゃなく USB キーボードのことが多いので、場合によりけりですが、折りたたみじゃない小型 Bluetooth キーボードを持って行く時には、こいつが結構安心して持っていけるので気に入ってます。

タイプ感触だけは、いつまで経っても慣れないですけどねぇ…

(Android 端末の場合、サポートしている Bluetooth プロファイルが機種毎に異なりますので、使えるかどうか調べてからご判断下さい)

バトル&ゲット ポケモンタイピングDS (クロ)
バトル&ゲット ポケモンタイピングDS (クロ)

(キーボードカラーは白だけでなく黒もあります)