iCloud が昨年スタートした際、それまで Apple が以前有料で提供していたダメクラウド MobileMe のユーザーに対しては「iCloud の 20GB ストレージ増量オプションを1年間無料にするよ!」というプレゼントをしてくれました。

まぁお金出して(年額1万円弱)イマイチなサービスを受け続けてきたどころか、mac.com → MobileMe のサービス移行時に酷い目に遭ったダメクラウドもいいところなモノだったので(それでも複数 Mac間の諸々同期は便利だった… iCloud で無くなったけど >_<)、それくらいしてもらってもバチの一つも当たりはしないわ…と思えるものでした。

ともあれ、その旧 MobileMe ユーザーの iCloud ストレージ 20GB無償増量の期限は先月末、2012年9月30日でした。

が、その少し前から

「確認したら 20GB のストレージ増量期限が 2050年9月30日になってる!」
「バグらしい」
「いや、Apple が認めたらしい」

という話題が駆け巡り、最終的にはあちこちの Mac / iPhone 系ブログで 2050年まで増量で決まり、みたいな記事を散見しましたが…

結果的には

旧 MobileMe ユーザーへの iCloud ストレージ 20GB 無償増量は延長
ただし延長期間は1年のみ、2013年9月末まで


ということでした。

さきほど Apple からその旨のメールが来ました。以下、そのスクリーンキャプチャ。



iCloudExteneded20121006


いくらなんでも 2050年まで延長とか有り得へんですわな、常識で考えたら…。それならいっそ永久提供になるだろうし。

まぁ MobileMe が酷いサービスで年額 1万近くも取っていたことを思えば、iCloud の増量ストレージの無償提供を 1年どころか10年くらいはしてもらっても良いとは思いますが、

2050年なんて iCloud どころか Apple が存在してるかも判らん


ですわな。俺も存在してないけど(笑)



まぁしかし、MobileMe の時のことを思えば、iCloud はホント安定してます。iCloud メールは時々遅延しますが、MobileMe に比べれば全然実用的。

私も含めて Google サービスに依存している人にとっては利用価値に乏しい部分はあると思いますが、Google 依存率を下げる時の代替案にはなりますし、iCloud バックアップ&復元は旅先・出張先で iPhone がおかしくなった時にはすごく安心です(そんなことは今まで一度もないですが、保険としては十分)。

もっとも私自身、無償提供されている 20GB の増量ストレージを全然使ってないんですよね。

カメラロールや動画・写真編集アプリのバックアップを切れば
iCloud バックアップ利用時も元々無料の 5GB 分で十分


なので、無償提供されている 20GB 増量ストレージもあまり使い道がありません。

iCloudExteneded20121006c
(カメラロール以外にも Instapaper、Camera+などのキャッシュを除外すれば
バックアップ容量は意外と少ない。少なくすればバックアップ時間も速攻)

iCloudExteneded20121006b
(使ってない iOS機のバックアップも消すので 5GB でも十分余裕)


MobileMe 時代のようにストレージとして使えるようになれば、また利用価値もあるのでしょうけど、そういった機能は削られてしまいましたしね(アプリ内でのストレージ機能はある)。それにオンラインストレージも Dropbox あり、SkyDrive あり、Google Drive あり、Box あり…ですからね。

ま、iCloud は下手に拡大せず、細々とやっていただく分安定して使えているのが良いのかもしれません。元 MobileMe ユーザーとしては非常にそういう気がします :-)