未明に開かれた IFA(ドイツのコンシューマーエレクトロニクス展)のカンファレンスで、様々なソニー新製品が発表され、かなり魅力的な商品が揃い踏みしています。

・薄型化されてようやく他社並みになった XPERIA Tablet
・今なお品薄のヘッドマウントディスプレイ (HMD) の新型(欲しい)
・11インチでフルHD液晶にキーボード取り外し可能なコンバーチブル Ultrabook「VAIO Duo 11」(久々に欲しくなる VAIO だ!)


そして、こちらもかなり噂が出回っていたミラーレス機 NEX の新モデル NEX-5R も海外発表になりました。国内発表が今日あるのかどうかは判りませんが、個人的にも注目しているので、ひとまず速報的に一記事。

今回の NEX-5R はモデル名から判るように NEX-3/5/7 の3系列のうち NEX-5 のモデルチェンジ機種、NEX-5N の後継機です。

NEX-5N は初代 NEX-5 からマイナーチェンジと言えるようなモデルチェンジでしたが(外付 EVF 対応も含めて使い勝手は随分よくなりましたけど)、今回の NEX-5R は

  • 像面位相差 AF 採用(ハイブリッド AF)

  • 像面位相差 AF により動体追尾で最高10コマ/秒撮影可能

  • ダウンロード可能なカメラ内アプリケーション対応

  • Wi-Fi およびスマートフォン対応

  • カスタマイズ可能なダイアルが上面に1つ追加
    (NEX-7 の2連ダイアルの1つが付いたような形)

  • タッチシャッター機能付きのタッチスクリーン背面液晶(自分撮り可能)


と大きく進化。AF の完全刷新や UI の向上に加え、カメラ内アプリといった飛び道具も搭載して

フルモデルチェンジ、NEX 第二世代の始まり


と言って良い感じです。



個人的に NEX-5R で最も注目しているのは、

像面位相差 AF 採用
(従来のコントラスト AF とのハイブリッド式)


で、Nikon 1、EOS M に続いて像面位相差 AF 採用のミラーレス機がまた一つ、登場したことになります。

これによって期待されるのが、

もっさり、迷う、照度が落ちるとお手上げな NEX の AF の大改善


であります。NEX-7 を使っていても AF はホント、ストレスが溜まることが多いですからねぇ。

なにせ遅いだけならともかく、ちょっとしたことで迷うし、ちょっと暗くなってくると合焦しなくなるダメ AF で、NEX-7 に限らず、DSC-RX100 も「ちょっと驚き、素直に感服。DSC-RX100 の AF はコンパクトデジカメとしては実に素晴らしい」ってな記事を書きましたが、RX100 も NEX-7 同様、日没前後になると迷いまくりの末に合焦しないことが多いので、正直嫌になることはありますからねぇ。

正直こういった点が

像面位相差 AF でどこまで改善されるか判らないけど、ちょっと期待


してしまいます。

そしてもちろん、位相差AF 搭載ということで、

位相差 AF 採用&トラッキングで動体撮影能力の大幅向上も期待


したいわけですし、実際「動体追尾で秒10コマ撮影」を謳っているわけです。あくまでスペック上ですけど。

動体追尾で秒10コマといえば、ハイエンド一眼レフ並みですし、高速かつ不規則な動体にも秒10コマで殆どにピントが来てるようなことがあれば驚天動地ですが、そんなことは有り得ないとしても、今までよりは多少なりともマシになってることを期待したいものです。

私の被写体的に、ミラーレス機がデジタル一眼レフの置き換えをすることは将来的にも全く期待してませんが(夜間飛行機やスポーツのナイトゲームを換算 500〜800mm でバシバシ合焦できるようになったら考える)、せめてミラーレス機でも昼間の旅客機くらいは問答無用のジャスピンで撮れるようになってほしい、そう思っています。

ただ、像面位相差 AF なのに、位相差撮影時のフォーカスポイントが 99点と多いわりには中央に集中していて、動体撮りにはなんだかなぁ…ですけどね。

さらに従来、位相差AF のトロさをごまかすために搭載されていた

インテリジェントAF というアホ機能の解消


も期待したいところです。海外サイトを見ていると、インテリジェントAFという単語がないので期待しているのですが…

いずれにせよ

実機を見てみなきゃ判りません


ですが、ひとまず新製品発表の場では期待したいと思います。若干微妙な雰囲気が漂う動画も見たり見なかったりしましたが、発売は10月ですしね…

そしてまた冷静に鑑みると、

ハイブリッドAF に対応するレンズは限られる
(対応レンズもファームウェア・アップデートが必要)


という状況ですし、AF に関しては必ずしもボディだけでどうこうできるものではありませんから、ハイブリッドAF を十分に生かせるレンズは今後登場のものだったりするとかもあったりするのかなぁ…とか思ってしまいます。

一眼レフの世界でも AF速度はボディだけじゃなくレンズ側の性能も大きいというのは当たり前ですしね。テンション上がり過ぎずに、冷静に様子見してからの方が良いかも…とも思っています。期待しすぎると…ね(^_^;)

SONY E 55-210mm F4.5-6.3 OSS SEL55210
SONY E 55-210mm F4.5-6.3 OSS SEL55210

(望遠ズームもハイブリッドAF 対応で色々狙えるようになるかな…)


そして、もう一つの目玉は

カメラ内アプリケーション対応


でしょう。Wi-Fi 内蔵かつスマートフォン対応は、もはや今どき当たり前になりつつありますが、カメラ内へアプリ追加できるというのは目新しいです。

とはいえ、詳細はよく分からないですし、海外サイト(海外のソニー公式サイト)を見ても、特に開発キットを提供するようなことは書いてないようで、ソニー純正で適当にアプリを追加できるようにするだけなら、大した話じゃないかな、と思いますね。その手で過去に成功例も無いですし。

個人的には割とどうでもいい感じで期待はしていませんが、見かけ上の“色々できそう感”はありますし、ソニーやソニー大好きっ子にはピッタリな気はします。

それよりも、

カスタマイズ可能なダイアルが上面に1つ搭載された


ことの方が大きいでしょう。初代 NEX 発売当初はボロカスに言われたユーザーインターフェイスも、これで随分良くなるような気がします。

NEX-7 では上面の2連ダイアルと背面ダイアルで「トライ・ダイアル・ナビ」と称していますが、NEX-5R はデュアルナビ化しているので、カスタマイズ範囲が NEX-7 並みなら使い勝手は十分になると思います。

Fn ボタンも上面に用意されていますし、

操作性の面では NEX-7 の良さを受け継いでる印象


ですね。細かいところですが、ストラップ穴が NEX-7 同様の三角環に変更されているのもポイントです。

また、Youtube にアップされている動画などを見ると

一見 NEX-F3 と同じように見える背面液晶も改良されている


ようです。

自分撮り可能な上面 180度回る背面液晶が売りですが、NEX-F3 では下側に開く角度が小さくなり、カメラを上に上げて撮影する時には不便になりましたが、NEX-5R では下側へ開く角度が F3 より大きくなって、従来機並みに戻っているようです。

個人的には自分撮りできるより、下側へ開く角度が狭くなる方が嫌だったので、これは嬉しい改善ですね。

こうして見ると、ユーザーインターフェイス周りは文句無さそうです。が、ソニーのことなので、またどこかでやらかしている可能性もあるような気もしますが…(^_^;)



それ以外の仕様を見ていくと、

  • 全画素超解像ズーム

  • オートポートレートフレーミング、美肌効果



といったところは NEX-F3 と同じで、今年発売モデル共通の新機能になるのでしょう。

全画素超解像ズームは先入観なしに RX100 で使ってみると意外と使えると感じましたし(結局は拡大なので拡大前の画質が良好であることが前提)、その他の機能もまずまず良い印象です。

また、

  • MFアシスト、ピーキング

  • レリーズタイムラグ 0.02秒

  • 感度 ISO 100〜25600、シャッター速度 1/4000〜30秒

  • ストロボ外付け


という点は NEX-5N と同じとなっています。

NEX-7 では高画素な分だけ高感度画質が(今どきの APS-C 機としては)イマイチ物足りませんが、NEX-5N は APS-C 機以下では現状最高レベルの高感度画質でしたから NEX-5R もそこそこ行けるはず。位相差 AF 用素子がある分、多少不利はあっても1年経って撮像素子も画像エンジンも進化しているでしょうしね…

画像エンジンの高感度時ノイズ処理に関しては、NEX-7 よりマシだと思える RX100 でもまだ、塗るところと細かい部分で残すところのバランスが微妙というか、少なくとも私は好きになれませんが、NEX-5R ではどうでしょうかね…



とまぁ、スペックと外観を見る限りはかなり魅力的な NEX-5R。NEX-7 とは明らかに世代の違いを感じさせます。ちょっと悔しい…

もっとも、私自身は EVF 外付けの機種は購入対象外ですので、本当に気になっているのは NEX 新シリーズとなる NEX-6?。噂では NEX-5R と同じ撮像素子&機能で、EVF内蔵、ただし NEX-7 のトライダイアルはなし、という新機種です。

NEX-7 で一番不満に思っている AF が目に見える改善がなされて、そしてアホデザイナーが考えた糞位置の動画ボタンの場所も変わってるであろう NEX-6 は気になって仕方ありません…

それもこれも NEX-5R の AF がどれほど改善されてるかを見てからですけどね。像面位相差 AF、ハイブリッド AF を採用したからと言って必ずしも AF 速度が速いわけでもないですし、低照度の AF がよくなるわけでもないですから。

それでも、ちょっと気になって仕方ない NEX-5R だったりします。早く触ってみたい…

Sony NEX-5R review | Digital slrs/hybrids Reviews | TechRadar
Sony NEX-5R Hands-on Preview: Digital Photography Review