日本第二の LCC ジェットスター・ジャパンも7月から就航開始が決まり一昨日には就航記念1円のチケットを限定発売していましたが、私は今週はずっと沖縄に来ていて、一昨日は貴重な快晴な日和だったので1円チケットはスルーしてしまいました…と言いながら、今回はスカイマークの関空〜那覇 780円チケットなのですが(^_^;)

さて、今日は雨模様なので滞在している恩納村のホテルで仕事 day なのですが、ちょうど一週間前、鹿児島へ行った帰路のピーチ機内に忘れ物をした際の経緯をメモってあるので、忘れないうちにこちらにも記しておきたいと思います。

その時は機内に、あろうことか iPad を忘れたわけですが、結果的には無事に手元に戻ってきました。ただ、日本初の LCC であるピーチの遺失物対処は従来の国内航空会社とは異なる部分があり、ピーチのウェブサイトにも遺失物処理に関する記述がなく、私も非常に戸惑いました。そのため、今後同じような状況の方の参考になるかもしれないと思って記録を残しておきます。

なお、ピーチを責める意図も褒める意図もありません。ただ、第一に機内に忘れ物をした自分が悪いわけですし、翌日以降に対応していただいたピーチ手荷物係担当者様には感謝しております。


4月11日
18時35分
25分遅れで鹿児島空港出発
4月11日
19時45分
関西空港着。沖止めスポットで降機後、バスで移動
4月11日
19時55分
関西空港ターミナルビル外のピーチシャトルバス降り場に到着
4月11日
20時05分
JR 関西空港駅に着くが、大雨の影響で阪和線のダイヤが大乱れで、関空快速もはるかもいつ到着するか不明という状況
4月11日
20時20分
JR は未だ列車がいつ到着か不明というアナウンスなので、Suica の改札記録をキャンセルしてもらって南海へ
4月11日
20時26分
南海の普通電車出発。その直後に iPad を機内に忘れたことに気づく。

すぐさま、遺失物に関して、どこにどう問い合わせしたら良いかをピーチ公式ウェブサイトで調べるも、遺失物に関する記述は皆無(搭乗時および本記事執筆現在)。
4月11日
20時32分
南海普通電車、りんくうタウン駅到着。ひとまず降りて関空へ戻ることに。

公式サイトに遺失物に関する記述が皆無なので仕方なく、電話料金+ 20秒 10円の追加料金がかかるコンタクトセンターに電話をかけて問い合わせようとするも、コンタクトセンターは朝9時から夕方6時まで

この時点で問い合わせる手段が見当たらないので、関空でピーチの係員を捕まえるしかなくなる。
4月11日
20時44分
関空行き南海電車に乗って、関空へ向かう。
この間も再び問い合わせる方法をググって調べるが、どうにも見当たらず。
4月11日
20時50分
再び関空到着。

ダッシュでホテル日航関西空港にあるピーチの搭乗手続き、ゲート方面に行くも、もぬけの殻。全ての出発便が終わっている時間のせいか、自動チェックイン機にもカバーが掛けられて店じまい状態。

近くにいたホテル日航関西空港のホテルマンに「ピーチの係員に会いたいんだが、どうすればいい?」と聞くも、「ピーチは全く管轄外で判りません」と、けんもほろろ(仕方ないといえば仕方ないのだが)。
4月11日
20時55分
ダッシュで関空ターミナルビルへ戻って、関空の案内所に行き、「ピーチの機内に忘れ物をしたのだけれども、どこに行けば良い?」と聞くと、案内所のおねーさんは「ピーチはこの時間はもう連絡方法がないんです」と!まだ20時台なのにマジかよ!!

「まだ、到着便があるのに??」と思うけれど、どうやら早々に店じまいらしい。

遺失物に関してはピーチは明日以降にメールで対応、となっております」と、おねーさん。マジかよ…ええええ…と思うが、関空の案内所のおねーさんに何を言っても仕方ない。

「メールアドレスをメモしましょうか?」と言って下さったので、ピーチの遺失物に関するメールアドレスのメモをいただく。
4月11日
21時20分
諦めきれなくて、ピーチ機からシャトルバスで移動してきて降りる&預け入れ荷物を受け取る場所に行くも、ピーチの係員どころか誰もおらず(当たり前といえば当たり前)。

もう一度ホテル日航関西空港内のピーチ搭乗手続き&ゲート付近に戻ってみるが、やっぱり駄目。
4月11日
21時26分
ピーチ機はまだ22時半ごろに到着する2便があるので、そこまで待って何かアクションをしてみようかと思うが、それ以上遅くなると自宅に帰れなくなるので、悩んだ挙句に南海に乗って帰路につく。
4月11日
23時00分
帰宅。とるものもとりあえず、関空の案内所で教えてもらったピーチの遺失物問い合わせメールアドレス先へメールを書く。
(ピーチの遺失物問い合わせメールアドレスについては後述)
4月11日
23時28分
ピーチの遺失物問い合わせメールアドレス先へメール送信。メール内容には搭乗日時、便名、座席、予約番号、遺失物内容と連絡先電話番号を記載。

PeachLostBaggage04
4月11日
23時29分
メール送信に対するピーチから自動返信メールが届く。

忘れ物に関するお問い合わせは、該当品が見つかった場合のみご連絡させていただきます。

と書いてあって、ちょっと絶句。いや、こりゃホント見つかればラッキーと思い始める…

PeachLostBaggage05
 
4月12日
06時28分
ピーチ手荷物係からメール返信到着。迅速かつ丁寧なメールで、遺失物は保管されているとのことであった。

PeachLostBaggage06
4月12日
08時15分
ピーチへメールを返信。送付先住所を送るとともに、iPad なので梱包をきちんとして欲しい旨、もしくは関空へ本日中に取りに行ってもよいという内容のメールを送信。
4月12日
08時26分
ピーチよりエアパッキンで十分梱包し、壊れ物指定で、ゆうパックにて送付する(ただし破損時の保証はできない)との迅速な返信。
4月12日
08時34分
了解の旨をピーチへ返信
4月12日
08時43分
ピーチより本日発送する旨の返信
4月12日
15時13分
ゆうパックの荷物個別番号検索で、この時間に引き受け処理された模様
 
4月13日
08時51分
ゆうパックが配達され、無事 iPad が手元に戻る(動作も問題なし)。梱包はきちんと二重のエアパッキン梱包されていて満足できるものでした。

PeachLostBaggage01
PeachLostBaggage02
PeachLostBaggage03


経緯としては以上のようになります。

日本国内のエアラインとはいえ JAL や ANA などとは違い、

ピーチではまだ到着便があっても、夜になれば遺失物を問い合わせる先がない


ですし(少なくとも関空では)、

遺失物の受付はメール対応のみ


であり、かつ(少なくとも自動返信メールの文面からは)見つかったら返信するけど、無かったらスルー対応とのことですから、ピーチで忘れ物をした場合は、なかなか(精神的にも)キツいことになります。

ただし、

遺失物が見つかった場合の翌日以降のメール対応、遺失物送付は
迅速かつ丁寧であった


ことは、ピーチの名誉のためにも強調しておきたいと思います。正直なところ、ピーチの良い面悪い面を両方同時に見た気はします(国内での話ですから海外エアラインでの比較は無意味です、念のため)。

省人化は LCC を LCC たらしめる最重要な部分でしょうから、こういう対応は仕方ないと思いますし、だいたい機内に忘れ物をした自分が悪いわけであり、またピーチを選んで乗ったのも自分ですから、文句をいうことはありませんが、ただ今後ピーチに乗る時には決して忘れ物だけはしないようにしようと思いました X-)

最後に、ピーチの遺失物問い合わせメールアドレスですが、公式ウェブサイトに記載はないのですが、以下のページ

荷物 | Peach Aviation(ピーチ航空)

にある手荷物破損に関する問い合わせ先と同じでした。

一応、今回ピーチ担当者とのやり取りの最後に、遺失物に関する内容を公式ウェブサイトに追加してくれるようにお願いしておいたのですが、ピーチ就航初日にお願いしたことも完全スルーされていますし、あまり期待できないような気はします(ピーチ公式サイトの検索機能は未だ検索フォームがあるだけで機能してないままですし…)。

ということで、ピーチに搭乗する方、利用を考えられている方、機内に忘れ物をした方へのほんの少しでも参考になれば幸いです。



ちなみに、就航初日に搭乗した時には「この前列との狭さはかなり厳しいなぁ…」と思ったピーチ機内ですが、何回も乗ってるうちに少しは慣れてきたりしています…(^_^;)

PeachLostBaggage07


ただ、いつもなら機内持ち込み用の小さなショルダーバッグを前席シート下に入れておいて、機内で使った iPad はそこに入れて持って出るのに、前席との間隔が狭すぎて前席シート下にバックを入れても取り出すのは厳しいので、iPad だけ持ってシートポケットに入れておいたのが忘れ物の原因でした…というのは、言い訳が過ぎますね(^_^;)

ピーチも搭乗率は順調なようで最近はキャンペーン運賃をやらないので、今度どれだけ乗るかは判りませんが、ジェットスターと価格競争してさらに安く北海道や沖縄へ行けるようになれば嬉しいところです(今だとスカイマークの方が安いことも多いし…)。

と同時に、省人化はいいけれど、ならばもう少し公式ウェブに情報を載せてもらいたいと思うところです。運行情報も自社できちんと提供して欲しいんですけどね。

本日就航!ピーチに早速乗ってみた【予約編】
就航初日にピーチに乗ってみた【搭乗〜機内編】
割りきれば使えるピーチ、しかし安いとは限らない