大型台風並みの爆弾低気圧が通過中の日本列島であり、数時間前の大阪北部では 30分くらいは「マジやべー」と久々に怖さを感じる暴風雨でした。まぁこの記事が予約投稿される頃には、暴風であろうと何であろうと、一瞬で突き落とされた奈落の底から這い上がるガンバ大阪の応援に万博へ駆けつけているわけですが(>_<)

さて、先月16日に新型 iPad が発売されて半月強、米国に居る方から送っていただいた AT&T版が手元に届いて2週間弱。自宅で、所用先で、旅先で、と新型 iPad を愛用しています。

ただ、2週間色々なシーンで使ってきても

使い方は iPad 2 の頃と全く変わってない


ですし、今のところ変わりようがないですね。

Retina Display の威力は大きいものの、結局それだけの iPad 2 マイナーチェンジ版という思いは、発売直後に新型 iPad を使った時の印象と変わりません。

たぶん、じわじわ、来る、新型 iPad

初代 iPad → iPad 2 のような

「これなら(初代と違って)持ち歩く気になる!
 サクサク使えるから、安心して遊び以外にも使える」

といった大きな変化もなく、良くも悪くも安心安定のモデルチェンジ、使い方は iPad 2 のままです。

iPad3rd20ThreeGen
(左から初代、iPad 2、新型 2012年モデル)

iPad3rd21ThreeGen
(前面は3世代とも変わらないが、背面形状は初代と iPad 2以降で分かれる)

iPad3rd22ThreeGen
(厚みや重さは iPad 2 と大差ない新型だが、長く使っていただけに
使用当初だけは少々重く厚い差を感じた。すぐに慣れたが)

iPad3rd23ThreeGen
(並べてみると、ホント初代だけ別物。2で初めて完成形だったのかとすら感じる)


Retina Display があるのに、変わらねぇ変わらねぇを連発するのも何ですが、よくよく考えても新型 iPad が来てから変わったことといえば、

電子書籍や自炊書籍を読むのに、縦持ちから見開き横持ちになった


くらいです。これは間違いなく Retina Display による変化です。液晶の高精細化で見開きで読める電子書籍、自炊書籍が増えたと思います。

もっとも、タブレットを片手持ちするのに、重量バランス的に横持ちより縦持ちのほうが快適と感じていますし(これが横持ち基本の Android タブレットが嫌いな理由)、見開きが読みやすいとは言え、横持ちが必ずしも良いとは思わないので、時間が経てばまた変わっているかもしれません。

電子書籍リーダーも含め、片手持ちという点では、重量が少しでも重くなってるのは新型 iPad のマイナス点です。

慣れたといえば慣れましたが、毎日使っているだけに、たまに iPad 2 と新型を持ち替えると、ほんの少しの差でも新旧の差を感じるのもまた事実です。

iPad3rd24


さらに、もう一点、新型 iPad の難点を感じるのは

充電にやたら時間がかかるようになった


ということ。新型 iPad は消費電力が大きい分、大容量バッテリー(7割増)を採用しているので、一度バッテリーが減ると充電にも時間がかかります。


自宅で使っている限りは、毎日ちょこっと使って充電する分には問題なく、殆ど気にならないのですが、出張や旅行に持って行くと、新旧 iPad の充電速度の差を実感することも出てきます。

1日ガンガン使って残り20〜30%以下という状況からだと、新型 iPad は一晩寝ている間(6〜7時間)に満充電になってるとは限りません。というか、なりませんでした。

私の場合、何度か紹介している







といった 2A 対応の AC-USB 充電アダプタを旅先で使っていますが、iPad 以外に他はできるだけ挿さずに充電していても、20% くらいからの満充電には8時間以上かかりました。

iPad 2 と比べると明らかに充電時間は長くなっていて、かなり使い切っていても一晩寝てる間に満充電という感じではなくなっていますし、以前書いたように充電環境も少しシビアになっていますから、なかなか手強いです。

出張・旅行に便利!2A 出力4ポート AC用 USB 給電器を比較する
iPadの充電は接続ケーブルにも気をつけるべし (3世代 iPad と充電器とケーブルの相性テスト)

そういう意味では、

Retina Display の恩恵も小さくないけれど
持ち歩きデバイスとしては iPad 2 の方が良かった点もあった


というのが本音です。これは使い方にも依りますし、Retina Display の革新性を何ら否定するものではありませんが、ほんの少し取り回しが悪くなった感はあります。

iPad3rd25
(最近のホテルは液晶TVが基本なので Digital AV Adapter と HDMI があれば
ホテルで iPad 経由で映画でも何でも見られて、旅先でも引き篭もれて便利^^; )


また、従来使っていた SIMロックフリー iPad 2 は家族用としたこともあって今でも時々使うのですが、今回 iPad が Retina Display 化したとはいえ、iPhone 3GS → iPhone 4 の時のような Retina Display 以前以後での差を感じず、個人的には今でも iPad 2 の液晶が特に汚く感じるなんてことはなかったりします。

iPhone 3GS → iPhone 4 の時は1週間もすると

「うわー、3GS の画面なんて、もう絶対見てられへんわー、売りに行こっ!」

だったのですが、iPad 2 →新型 iPad (2012) の時は殆どそんなことは感じません。大きな差を感じるのは電子書籍関係くらいでしょうか。予想と反してますが、不思議なものです…

iPad3rd27Nikkei
(産経や日経のような新聞まるごとアプリだと細かい字も楽に読めて良い新型だけど、
タブレットとは言え、新聞まるごとスタイルが良いかというと別ですからねえ…)


そんなわけで、なんか新型 iPad に否定的なことばかり並べてしまった感もありますが、個人的に2週間弱、持ち出すことも含めて色々使ってきて思うのは、

Retina 大絶賛もいいけれど
持ち出す身としては良いことばかりじゃないよ


ということ。

新型 iPad を買ったことに後悔はないですし、私の性格上

この程度の欠点が予め判っていても、新型 iPad は余裕で買った


わけですが、Retina Display は良いとしても、この程度で満足、絶賛というのはちょっとなぁ…です。

なんというか、60点は十分あっても、80点を付けられるかというと微妙。大きな進化もあるけど、(持ち歩く身としては)細かい所での退化もあるし、そこまでの満足度はどうかな?って感じですね。iPad 2 の時には余裕で90点以上の進化でしたが。

もちろん、

Retina Display の見やすさは格別


であり、ここから後退することもできませんし、安いといっても今さら iPad 2 を人に薦めたりもしません。

ただ、iPad 2 ユーザーの買い替えは利用用途に応じて慎重に、という感じです。自宅利用、電子書籍やウェブブラウズの利用頻度が高い人は買い替えに全く問題ないと思いますが…

(iPad 2 は在庫品以外は 16GB ですから、Retina 対応でアプリの肥大化が進む昨今 16GB モデルは自宅用途でも微妙になりつつあるので、新型 iPad 32GB 以上を薦めたいところです)

そんなわけで、今回の新型 iPad には何だかんだ文句言ってるわけですが、その分

来年は Retina Display の省電力化→軽量薄型化モデルチェンジ


になるような予感です。となれば、今回の不満が解決されたということで、またまた、まんまと乗り換えさせられ…るでしょうね(^_^;)

でもホント、来年は軽く薄くして欲しいものです。そして充電時間も短くしてほしいものです。ホントにそうなれば(iPad 2 以上に軽くなれば)きっとまた買い換えてしまうでしょう。

来年モデルでは日本国内の LTE 対応モデルも出てもおかしくありませんから、そうなると iPad 2 からの SIM ロックフリー機購入からも変わっていくことになるかもしれません…


PLANEX HDMIフラットケーブル1m(ブラック) PL-HDMI01FB
PLANEX HDMIフラットケーブル1m(ブラック) PL-HDMI01FB

(Digital AV Adapterはアップルストアが確実だけど、HDMIケーブルはアマゾンが激安。
旅行に持って行くならフラットケーブルが少しでも荷物容量が減って便利)