といっても、先週日本初の LCC(格安航空会社)として、航空会社自体が就航したピーチと違って、スカイマークの単なる一路線の就航ですので、何にも目新しいことはありません。機材もスカイマークのいつもの機材である B737-800 ですし、ごくごく普通の空の旅でした。

ただ、新路線の就航初便というのは、出発ないし到着地の空港で簡単な記念イベントみたいなものがあり、そのことを友達に話したら興味深く色々聞かれましたので、先週のピーチ就航初日搭乗の後日談的な記事として簡単に紹介しておきます。

就航したのは 3月7日。この日は成田〜神戸線だけでなく成田〜福岡便も就航しました。スカイマークは日本の大手航空会社が導入していない超大型旅客機エアバス A380 の導入を決定していて、それをもって国際線参入を計画していますが、その前段階として(?) 昨年から成田から各地への路線就航を行っています。

SkymarkUKB2NRT16


今回の新路線就航も成田発着便の拡充の一環でしょうが、今回は就航記念としてハーゲン運賃(SKY バーゲン)が 980円!で少数提供され、就航初便でその SKYバーゲン運賃で予約が取れましたので搭乗しました。

(ただし、スカイマークの成田路線は自社都合での欠航時の取り扱いがピーチなどの LCC と同じく他社振替なしであり、SKYバーゲン運賃に限らず利用にはリスクがありますので、ご注意下さい。詳しくは後述)

朝 7時5分発という早朝の飛行機に乗るため、5時台の電車に乗って神戸空港にやってきました。ただ、成田便といえど

朝7時発だけに成田から移動しても、都内に10時までには到着できる


メリットはあります。

時間はかかりますが、安い運賃ならば成田経由でも羽田便や新幹線より安くなります。バーゲン運賃やWEB割21 はもちろん、 10日前予約の WEB割は 5,800円ですし(私は都内で予定していた打ち合わせが前日にキャンセルになって、結局遊びに行ったようなもんですが ^^;)

そして就航初便でしたので、成田空港の到着ロビーでは祝就航的な歓迎がありました。それも含めた、スカイマーク神戸→成田初便の様子を写真で以下に。


SkymarkUKB2NRT17
朝7時前の神戸空港。羽田、千歳、鹿児島便が集中して、この時間が最も混む

SkymarkUKB2NRT01
就航初便から条件付き運航の表示
原因は成田空港の霧。有りがちです

SkymarkUKB2NRT02
機体は現在スカイマーク統一機の B737-800
オールド B737 と違って収納棚がかなり大きいし、座席もまずまずで個人的に◯

SkymarkUKB2NRT05
マトモなシート間隔はええなぁ〜!
普通のシート間隔だが、先週ピーチに乗っただけに座った途端に痛感

SkymarkUKB2NRT06
先日のピーチ搭乗記にある写真と見比べれば一目瞭然

SkymarkUKB2NRT03
スカイマークの機内照明。意外と好き

SkymarkUKB2NRT08
神戸→成田初便の搭乗率は3割くらい
いつ撤退するんだろう?と思ってた成田〜茨城便が息を吹き返して増便
なんてこともあるし、この路線も国際線利用者で乗客は増えると思う
(同日就航した成田→福岡に翌日搭乗しましたが、こちらは8割以上の搭乗率だった感じ)

SkymarkUKB2NRT04
この日は晴れ予報だったのに思いきり曇り空で残念(姫路市上空)
神戸発なので管制の関係上、姫路あたりまで西へ行ってから東へ向かう

SkymarkUKB2NRT09
上空に上がって巡航中も殆どこんな感じ
成田〜神戸は5月も 980円の SKYバーゲンがあるので、また乗ろうかな…

SkymarkUKB2NRT07
ピーチは飲み物 200円だが、スカイマークは 100円
この価格なら気軽に買える(ペットボトルは 200ml ボトルだけど)

SkymarkUKB2NRT10
なーんにも景色が見えることなく、房総上空を過ぎてから少し雲の切れ間が

SkymarkUKB2NRT11
条件付き運航でしたが、何事もなく 10〜15分遅れ程度で成田到着
神戸空港ではボーディングブリッジでしたが、成田や福岡は沖止めでした

SkymarkUKB2NRT12
ピーチの関空と違って、成田での沖止めからターミナルまでのバスはすぐ着きます
(福岡でも沖止めでしたが、第3ターミナルビルまで歩ける距離に駐機)

SkymarkUKB2NRT13
受託手荷物受け取りエリアから出ると「ようこそ、千葉へ〜!」の掛け声が
就航歓迎の人たちが待ち構えていました

SkymarkUKB2NRT14
詳しくないのですが、色々なゆるキャラがいました

SkymarkUKB2NRT15
地元放送局など少数のマスコミもいました
家族連れに「ゆるキャラの間を通ってきてもらえませんか?」とお願いしてましたw

就航記念プチセレモニーのところで貰った記念品。
貰った記念品。成田市ストラップ、成田空港キーホルダー、パンフレット×2、ティッシュ



とまぁ、こんな感じでした。成田到着時の歓迎を除けば、普通の便と何ら変わりませんが(機長アナウンスも就航初便には触れてなかったような…)、成田みたいな大空港へ路線就航なんて、こんなもんでしょう。

そんなわけで、特に印象的なことは何もなかったのですが、先も書いたように

先週ピーチに乗った直後だけに
やっぱりマトモなシート間隔の飛行機はええなぁ


と実感しました。

ピーチは格安航空会社と言っても、先日の記事に書いたように、既に必ずしも安いとは言えなくなっていますし、安くない or 微妙に安い程度の値段で、あのサービスと座席にまた乗りたいとは思えませんからねぇ。

スカイマークは就航即撤退を繰り返したり、色々問題を起こしてきた過去もありますし、個人的にいつまで経ってもイマイチ信用しきれないエアラインですので、諸手を挙げて褒めたいとは思わないのですが、ピーチに乗ってみてスカイマークのメリットも十分感じることになりました。

マトモな座席もそうですし、毛布その他の狹たり前瓩淵機璽咼垢發修Α受託手荷物や座席指定は無料、搭乗手続きの時間にも余裕があります(早朝便で 10分の差は、行けるかどうかも含めて大きい!)。

なんというか、ピーチに乗った直後だけに

スカイマーク(特に成田路線)は大手と LCC の中間にある良い落とし所


と感じました。

料金的には安いのに(今回の 980円は別にしても結構安い)、サービスは格安航空会社とは違う、サービスの簡素化はあっても納得できる、ちょうど良い感じのサービス具合じゃないかと。



もっとも、スカイマークは通常全ての路線・運賃で「悪天候時などの欠航は他社振替しない、自社便への変更かキャンセルのみ。でも自社都合欠航時は他社振替、他輸送機関振替を行う」となっているのですが、

成田便に関してはスカイマーク都合で欠航しても、他社・他輸送機関へ振替しない


となっており、悪天候時同様に自社便への変更かキャンセルのみとなっています。そういう意味でピーチ同様に、安いのには理由があるので、利用に注意は必要と思います。

当社都合の事由による欠航時の対応について

このことについては、成田路線就航直後に自社都合で千歳便で離陸直前に欠航となったのに、振替もなにもされず問題になったこともありました。ピーチ同様に通常の航空会社・スカイマークの他路線よりはリスクをより考慮して使う必要はあります(こういう場合は通常、他社振替してくれる)。

スカイマーク成田SKY877便の悲劇、離陸寸前の欠航に「パイロットの操縦ミス」疑惑が浮上

海外へ飛ぶ前の成田への国内移動として使うつもりで、万が一機材故障とかあっても ANA や JAL への 振替はしてくれません。そういうことは少ないと思いますし、それを十分判って使えば&何事もなければリーズナブルなんですけどね。

SkymarkUKB2NRT18


というわけで、拙い内容でしたが、スカイマーク新路線就航初便搭乗の話でした。一応、ヒコーキ大好きっ子ですが、日頃は就航初便とか就航初日とかには全くこだわらないのですが、先週今週は珍しくこんなことをしてしまいました。

こういうのは、YS-11 が消える最後の1年間にやたら乗りまくった時以来ですね…

(こんなことより今日から量販店その他でも新型 iPad の発表があって、どうしよう!?という感じなわけですが ^^;)