年明けから1週間以上経って謹賀新年とか言ってた前回記事で「小ネタはあるので更新する」とか言っておきながら、また一週間放置プレイになってしまいました。

思いつきで、青春18きっぷ有効期限ギリギリに北海道まで行くなどというアホなことをしていたので、更新できずも止むを得ませんでした。予想以上に充実かつ楽しかったので、ブログなど二の次も当然でしたが X-)

実のところ、延々と長い電車旅でしたので、車中で iPad + Bluetooth キーボードを使ってブログ記事を書いて更新…ということも考えていました。しかし、高校生の時から何十回と乗ってきた東海道線ではなく、さほど経験のない冬の東北日本海側の旅ともなれば、基本的に景色貼りつき(^_^;)

そんなわけで、車中でのブログ更新も積ん読消化も雪に埋もれてしまいましたが、反面、ちょうど購入から3ヶ月となる au iPhone 4S は大活躍をしてくれました。

なかなか良い感じ。
(iPhone 4S + Instagram with Filter @近江長岡付近)


iPhone を使い始めてから旅の途上では Twitter で旅実況するのが常になっている私ですが、

エリアが広く&カメラ画質が向上した au iPhone 4S の真骨頂が発揮された


旅でございました。旅実況・旅メモで、より有効になった au iPhone 4S でした。


え?「エリアが広くてカメラ画質が良いのが良いならドコモの XPERIA が一番いいだろ」だって?

そりゃまぁそうです。しかし、それを今の私に言うのは野暮というもの(笑) Android じゃ Instagram も使えませんし(そういや Android 版 Instagram は出す宣言してから1年以上経ってますねぇ)

今までも au iPhone 4S に買い換えて良かったと思うことは時々ありましたが、秋の間は殆ど旅に出ることがなかったので(金欠で冬に備えていた ^^;)、冬になって旅に出始めると予想通り「買い換えた元を一気に取り戻していく」そんな気がします。

ソフトバンク時代は旅実況していても山間部を通ってるとなかなか繋がらないこともよくあって、「写真をアップしたいのに〜」と思ってるうちに次の街へ着いてしまう、次の景色に移り変わってしまう、なんてことも多々ありました。

ウニもイクラもきたーー。昨晩もあんなとこ行かずに、どんぶり横丁で唯一やってる店で良かったかもなぁ。
(iPhone 4S + Instagram with Filter @函館どんぶり横丁)


それが今回は、京都〜敦賀〜金沢〜富山〜直江津〜新潟〜新発田〜酒田〜秋田〜大館〜蟹田〜木古内〜函館〜新千歳空港といった経路上や大沼公園内などでも、トンネルを除いては殆ど圏外になることもなく、旅実況していても実にストレスフリーでした。

その差は、急遽同行することになった連れがソフトバンク iPhone で度々「入らない〜」と言ってるのを見ているだけに、やっぱり山間部、僻地では違うなぁ…と実感することになりました(地方でも都市部はソフトバンクでも快適だと思いますが)。

au iPhone 4S は機能不備は未だ殆どが解消されていませんし、月額料金も少々高いわけですが、時々旅に出ることを思えば(年に3〜4回は北海道へ、1〜2回は沖縄へ行きますし)、コストが月額 500円差なら十分元が取れると改めて感じます。

もちろん、エリアについては某大学病院の通話可能エリアでソフトバンクだけ電波が激弱くてロクにパケットが飛ばない(イー・モバイルすら問題ないのに!)なんてこともあったのが au で解消されたこともありますし、旅の時だけでない問題ですが…

まぁ、いくら au のステマw みたいなことをしても何も儲かりませんけど X-)

残照の中で次々到着出発する日頃見ない列車を撮ってたら、あっという間。
(iPhone 4S + Instagram with Filter @直江津駅)


旅実況は Twitter や Instagram のフォロワーさんには迷惑をかけている面もあると思うのですが(楽しんでくれている人も少なからずいるようですが)、何よりも自分のための旅の記録して重要になっています。

旅を後から振り返って記録したりブログに書くのも悪くなかったのですが、面倒くさがりの私にはどうしても後から…というのは続きませんでした。

そして何よりも一度やってみると

旅の記録はリアルタイムにその時の思いを書き連ねるのが一番


なことが判ります。勘違いしていること、馬鹿なことも多々つぶやいていますが、それもまた旅の記録 X-)

私にとって Twitter はブログ同様に一種のハケ口ですから、旅の思いをリアルタイムに吐露していく場として使わさせてもらっていますし、今後も常識を超えない範囲でそうしていくでしょう。そして、それを後から読むことで、その時の旅の記憶がより鮮明に思い出せます。

Tedious Travel Log (β)

最近は脳みその劣化を嫌でも感じざるをえないので、そういう自分の記憶補助装置として旅実況とそのまとめを活用し、そのためのツールとして au iPhone 4S が今まで以上に活躍してくれたことを実感できる旅でした。

函館の朝。水平線の雲から太陽が上がってきて、けあらしが発生。
(iPhone 4S + Instagram with Filter @函館)


閑話休題。そういった au iPhone 4S に買い換えた良さも感じますが、3ヶ月使ってきてやっぱり不満も多々あります。(au における機能不備は別としても)過去の iPhone より確実に多いでしょう。

とにかく今一番困っているのが、

電話で呼び出し音も相手の声も聞こえないことがある


これは既にあちこちで報告されていて、ソフトバンク、au 問わずのようですが、とにかく困る。

iPhone4S 電話 相手の声が聞こえ聞こえない : Apple サポートコミュニティ

電話アプリのタスクがバックグラウンドに行ってると発生するようで、掛け直したりすると問題なく通話できるのですが、しばらく電話を使っていなくて電話がかかってきた時や自分が電話する時の1回目は、必ず受話器から何も聞こえない状態になります(自分の声は相手に届いているらしい)。

本体交換で治ったという報告例もあるのですが、症状を見るかぎり、電話アプリのタスクスイッチングの問題(ファームウェアの問題)臭いので 5.1 まで様子を見ようと思っています。

なお、対処法としては「電話をかけ直す」以外に「スピーカーフォンに一時的に切り替えて戻す」方法で治ることが多いです。それでもダメなら掛け直し。でも相手に失礼ですよね…

とにかく

単純な電話機能くらい、ちゃんと動くようにしとけよ!


という気持ちは否めません。

Android 界隈でも色々問題が発生していますが、iPhone も 4S はちょっと完成度としてどうかな、と思うところはあります。私の使い方では致命的ではないものの、過去に比べて微妙な気持ちになります。

少し電車が遅れたが、11時半すぎに秋田到着!秋田新幹線と雪まみれの列車が秋田を感じるわー
(iPhone 4S + Instagram without Filter @秋田駅)


もう一つ、iPhone 4S で不満に感じるのは、

突然の電波ロスト


バリ3〜5だったのが突然「検索中…」となってしまう。旅やドライブの時にはさほど出ず、逆に自宅や梅田といった場所で、ちょくちょく出くわします。

機内モード ON/OFF で治ったり、放置していても2〜3分で治っているので特に致命的なことはないのですが、何気ない時に「検索中…」となっていて驚きます。

週に1度くらいは目にしますから、稀なケースではありません。ソフトバンク iPhone 4 以前にもなかったわけではないのですが、頻度で言えば au iPhone 4S にしてからの方が明らかに多いです。

これが au のせいなのか、iPhone 4S のせいなのか、もしくは iOS 5 のせいなのか、判別つきかねますが、いずれにして不満、不安は抱かざるを得ません。

電話の問題にしろ、この件にしろ、こういうことがあると「iPhone 4S は良いよ〜」と言い切れないわけです。昨年末の「お買い物ベスト 2011」記事で iPhone 4S に対する評価が過去の iPhone よりずっと低かった理由でもあります。

こういったことは通信機器として根本的な機能での問題ですから、致命的でなくてもこういった問題が不信感を抱き始める原因になっています。au iPhone の機能不備の解消も大事でしょうが、個人的にはこれらの問題を早急に解消してもらいたいと願っています。

誰が悪いのか、何が原因なのかは判りかねるので、文句の言いようも判らないのですが(>_<)

赤レンガ倉庫と2時間散歩して冷え切ったので、スタバで一息入れる。
(iPhone 4S + Instagram with Filter @函館赤レンガ倉庫街)


そういった不満、過去の機種に比べると今イチ信用して使えない部分はあるにせよ、それなりの質のカメラで撮った写真をリアルタイムでアップしながら旅実況ができるというのは、以前触れた“どこでもネットラジオ視聴”と同じく、10年前の旅では考えられないようなことをやっているわけで、技術の進歩、インフラの整備というのは誠に有難いものです。

そして、旅に出ると iPhone 4 の時よりは、ちょっぴり色々と良くなったことを実感しますし、買い換えて良かった度が少し増します。

それだけで au が良い、4S が良いとはとても言えませんが、自分的にはようやく元を取りつつあるかなぁ…と思えるものでした。

反面、日常生活で普通に使っていると前述のように

  • 着信がかかってきたら相手の声が聞こえない

  • かけても一発目の受信は聞こえない

  • たまにいきなり電波をロストする


ということがあって、「おい、ちょっと作りこみや検証が足りないんじゃないのか」と不満を多々感じることがあります。

また、機能不備の au に対しても「とっとと整備しろよ」と思いつつ、少しずつ良くなっていくと満足もあったり、今後へ期待もしてしまいます(昔のソフトバンク iPhone と同じですね)。

そんなわけで、au iPhone 4S を使ってきての3ヶ月は、まさに納得と不満と期待が日々交錯する評価でした。時には絶賛したくもなれば、時にはディスり倒したくもなります。

まぁ

色々なことがあって、au iPhone 4S だと退屈はしない


のも事実ですが、そんなことも嬉しさ半分、なんだかなー半分です。私にとって iPhone は、そろそろ実用品の色彩が濃くなって来ましたからね。安定第一。


不安定動作でもトンガッてる、なんてのは iPhone より似合うスマートフォンがあるはず。「iPhone は安定第一でやって欲しい」。そう思う、au iPhone 4S 三ヶ月目です。

auのiPhoneは快適で満足、でも少し不便で不満 - ケータイ Watch



ここからは、オマケの話。

iPhone 4S を iPhone 4 と比べた場合の、最も明確に判る優位性である「カメラ」については、確かに少しでも明るい開放F値のレンズと高感度特性の良さは、旅カメラ、車窓撮影には強い味方です。

車窓を撮る場合はシャッター速度を稼ぎたいですし、薄暗いシーンの撮影に明るいレンズと高感度画質の良さは大きな利点。また、彩度やホワイトバランスが良くなったこともあって、iPHone 4S の写真は従来よりスッキリ感があります。

とはいうものの、旅実況、旅のメモ写真として使っている限り、また特に Twitter や Instagram に小さく載せる程度の写真だと、iPhone 4 も 4S も多くのシーンでは大して変わらないのが実情。

いま1年前の写真を見返してみると iPhone 4 時代の旅写真でも

江ノ電からお馴染みの景色。

うわっ、東広島駅付近は一面真っ白だよ!

冬の釧路湿原@コッタロ展望台

釧路川対岸からフィッシャーマンズワーフとかを。


という感じで、それなりに綺麗に撮れていることも多く、十分当時の記憶を呼び覚まし、記録として残していけます(さすがに 3GS の頃は不満ありありでしたが ^^;)。

色がこってりなのは一見して判りますし、この点は 4S の方が素直な優等生画質ですが、Twitter やブログにちょこっと載せていく程度には何の問題もありませんし、むしろ目立って好ましいところもありました。

翻って iPhone 4S では確かに良くなっているのですが、旅メモカメラとしては言うほど差はないかもなぁ、夜間で大きな差が出るくらいかなぁ、と感じたところです。iPhone 4 の方が一見して判る「味」はあったりしますしね。

とはいえ、軽くシャープネスをかけつつ縮小すれば見栄えもしますし、素直な彩度、ホワイトバランスは使い良いですね。

iPhone 4S in the travel (1)

iPhone 4S in the travel (2)

iPhone 4S in the travel (3)

iPhone 4S in the travel (4)

iPhone 4S in the travel (5)

iPhone 4S in the travel (6)

iPhone 4S in the travel (7)

iPhone 4S in the travel (8)

iPhone 4S in the travel (9)

iPhone 4S in the travel (10)


Canon デジタルカメラ PowerShot S100
Canon デジタルカメラ PowerShot S100

(旅カメラとして大活躍したのは GPS 付きのコイツ。在庫も復活して安くなった!)