いつからか忘れましたが、ブログで毎年末に「だぶる☆えっち的 お買い物ベスト」と称して、その年に散財したものからベストお買い物を掲載しています。

そして今年は「お買い物ベスト」とは別に「アプリベスト」をやっておこうと思います。本当は昨年からやろうと思っていましたが、昨年は余裕がなくて結局ごっちゃ混ぜにしてしまいました。今年は分けてみようと思います。

ただ、アプリに関しては一昨年から去年にかけてがピークだったと感じていて、今年は自分の定番アプリの壁を破るようなアプリが皆無だったので、「去年やっときゃ良かったかなぁ…」と今年のアプリを選んでいて感じていたりします。

最近だと思っていた Instagram は昨年10月、Viber も昨年12月リリース&使い始めでしたし、ゲームも「iPhone でここまで来たか!」と思えるアプリは Retina のこともあって去年のインパクトの方が強かった気がします。(エスプガルーダII とか N.O.V.A. とか)

ともあれ、そういった

アプリ成熟期の中でも自分に響いた今年のアプリ 10個


を挙げていこうと思います。一応の選択基準は

  • 原則として、今年新規リリースされたアプリ
    (アプリの性質を一変させるほどのアップデート、特別なイベントのあったアプリは、今年新規リリースでなくても例外として選出対象としています)

  • 自分自身が今なお使っている・インストールしてあること
    (ゲームのようにプレイし終わって必要なくなったものは除く)

  • 積極的にアプリを購入・ダウンロードしているのが主に AppStore なので、iOS アプリのみを対象
    (Android は多くが iPhone アプリの Android 版を使ってますからね…)

  • 当然ながら私自身の趣味嗜好だけによる独断と偏見 only なセレクト
    (例えばゲームなら FPS をあまりやらない)


となっています。

そんな基準で選んだ 10本のアプリを紹介してみます。



手帳の付録(各種早見表など/iPhone/85円/2011.2) 手帳の付録 - TECHNO SQUARE Inc.


Best2011App_TechoNoFuroku


iPhone のアプリが Android にどんどん移植され、iPhone の良アプリと同種のものが Android でもリリースされることの多い昨今ですが、中には Android のこのアプリが iPhone にもあったらなぁ…と思うアプリもあります。その一つがこのアプリ。

その名の如く、昔ながらのビジネス手帳の最後の方にあった各種早見表、換算表の類が1つのアプリにまとまっています。ただ、度量換算や時差などは入力した値に応じた変換結果を計算してくれるところが、紙の手帳の付録とは違うのは当然といえば当然。

この手のアプリは初期の頃から数多くあるし、遥かに多機能なものもあります。私自身 AppBox Pro を長らく入れて使っています。が、このアプリの良さは「日本ドメスティックな内容がきっちりまとまっている」ところ。

なんというか、日本人なら安心する内容になっている。Android だけでなく常用環境である iPhone にも出してくれて、制作者には感謝の一言です。



QTimer(キッチンタイマー/iPhone/無料/2011.2) QTimer - e-zou,Ltd.


Best2011App_QTimer


iPad にタイマーアプリがない(というか時計アプリがない)ので代替アプリを探していた時に、見つけて気に入ったアプリ。ポップな色使いと使いやすさがポイント。

タイマーの分数を簡単に設定でき、表示も大きいのが便利。もっと高機能なタイマーアプリは幾つもあるけれど、分数設定が簡単、視覚的な良さ、という点で、これが最も気に入った。タイマー指定をキーボードで入れさせるアプリとか論外だしね。

iPad 用アプリを探しつつ、気に入ったのがこの iPhone アプリだったので、iPad でも2倍モードで使っている。



テレBing(テレビ番組表/Universal/無料/2011.8) テレBing - Microsoft Corporation


Best2011App_TeleBing


Infoseek などのウェブサービスがテレビ番組表データーの提供を中止し、そこからデーターを引っ張ってきていた勝手アプリのテレビ番組表アプリが全滅しつつあったところに現れた救世主。

スマートフォンやタブレットでテレビ番組表を見るのに、いちいちブラウザで確認なんてやってられないので、ちゃんとした番組表アプリがリリースされたのは本当に喜ばしい。マイクロソフトさまさま。

マイクロソフトはこのアプリをリリースした後も、自社クラウドサービス用のアプリだけでなく

全天型パノラマ撮影アプリ「Photosynth」(無料)
アイデアノートアプリ「Microsoft OneNote for iPhone」(無料)
Nintendogs の大型動物版とも言える「Kinect アニマルズ」(Xbox 360 からの移植/250円)

といった良質アプリをリリースし続けている。なんだかんだ言っても、さすがマイクロソフト、である。

(Photosynth もベストアプリに入れようかと思いましたが、全天型のパノラマ撮影をする機会はさほど多くないので外してしまった。それでも素晴らしいアプリには変わりない。ちなみにパノラマ写真作成はリリース以来、ずっと「AutoStitch Panorama」を愛用)

来年は Microsoft Office の iOS 版をリリースするとかしないとか言われているが、どんなものにせよ、ちょっと期待してしまう。



Snapseed(写真レタッチアプリ/Universal/450円/2011.6) Snapseed - Nik Software, Inc.


Best2011App_Snapseed


最近 Apple が選んだ今年の U.S. ベスト有料アプリに選ばれてから再注目され、レビュー記事も増えていますが、本来リリース時からもっと注目されて然るべきアプリだったと思っています。

Nik Software の看板たる U-Point テクノロジーとタッチパネルの相性は良いだろうと想像していましたが、抜群でした。タブレットが大まかレタッチに適したデバイスであることの証明たるアプリ。

まだ完璧に使いやすいとは言えないものの、大まかなレタッチはパソコンより断然 iPad の方がやりやすくなるだろう、と将来に期待を抱かせる内容。

Photoshop を使っている人、写真レタッチをやっている人(特にニコンユーザー)なら知ってて当然なくらい有名な Nik Software のレタッチアプリが 450円ならバーゲンプライスだと思ってリリース時に飛びつきましたが、期待を裏切らないデキでした。

RAW ファイルにも対応していますから、カメラコネクションキット+一眼とも相性は抜群です。そのまま Flickr などへアップロードも可能ですしね。

ただ、写真レタッチをしない人、従来のレタッチアプリの操作体系から変えたくない人・変えられない人、450円すら高いと思う人は使う必要はないかと。普通のレタッチアプリが85-170円でいくらでもありますしね(サブで Iris Photo SuitePhotogene2 は入れてあります)。



Mixcloud(DJ Mix ストリーミング聴取アプリ/iPhone/無料/2011.6) Mixcloud - Mixcloud


Best2011App_Mixcloud


DJ Mix/Podcast 専門のソーシャル音楽配信・共有サイト「Mixcloud」を iPhone で聴くためのアプリ(Mixcloud ユーザー登録または Facebook ログインが必要)。

常時接続がまだ月額 38,000円の「OCN エコノミー」(128Kbps) だけだった時代、その回線で「Ministry of Sound」の DJ プレイを日本にいながらに聴くことにハマって以来、私にとってクラブミュージック系のインターネットラジオが必要不可欠なものです。

若い頃は「こんなダンスミュージックなんて、歳とったらきっと聴かなくなるんだろうなぁ…」 そう思っていましたが、あれから20年近く経って人生の折り返し点を過ぎたのにまだハウスやトランスが大好きなままです。

朝から BPM 140超えの音楽を聴けてしまいます。しんどくて眠くて、でも頑張らなきゃならない時は BPM 160 以上で身体を、心のなかを揺らします。まぁ Drag Music ですからね(^^;)

そんな私にとって、今でも海外のダンスミュージック・ラジオ局のストリーミングサイトは毎日のお供です。自宅で作業する時は、幾つかのお気に入りサイトを朝から晩まで垂れ流しています。

最近は iPhone をソフトバンクから au に変えて、規制されるまでの上限値緩和&電波状況の安定化で、モバイルでもストリーミングサイトをかなり聴けるようになりました(思う存分 3G で聴き倒すと au でも余裕で規制される…やっぱりドコモの Xi プランしかないかな〜と思う昨今 ^^;)

通常のストリーミングサイトには長らく「Internet Radio Box」というアプリを使っていますが、DJ Mix 専門の音楽配信・共有 SNSサイト「Mixcloud」が6月にアプリをリリースしたので、これもよく利用しています。

特に最近 Mixcloud のアップロード制限が撤廃されたり、有名 DJ の参加も多いので、聴く機会も増えています。ただ、毎日 3G で聴いていると規制に引っかかったこともあるので、最近は WiMAX や Wi-Fi 経由のみで使うようにしています。本当なら、これくらいを思う存分聴けるようになりたいんですけどねえ…

アプリの使い勝手はまだまだ良いとは言えませんが、フォローした DJ の新作がアップロードされたらプッシュ通知されたりするので、意外と便利ですね。

インターネット黎明期に「OCN エコノミー」で(まだ数少なかった)海外のクラブ系ストリーミングサイトを聴いていた時に、将来はこんなのがどこでも聴けるようなればいいのになぁ…と夢想していたことが、最近は実現されたので本当に満足しています。



MapFan for iPhone(オフライン地図アプリ/Universnal/2,300円/2010.4) MapFan for iPhone - INCREMENT P CORPORATION


Best2011App_MapFan


今年リリースされたアプリではないのですが、東日本大震災後に被災対策特例措置として無料配布されたことに敬意を表して、今年のマイベストアプリ入り。

私もそれにあやかって無料で手に入れただけでなく、時々は思ったよりも便利に使わさせていただきました。

さらには、先日の無償アップデートで iPad も使えるユニバーサル化!全くもって頭が下がる思い。思わず紹介ブログ記事も書いてしまいました。

MapFan for iPhone が無償アップデートで iPad 対応&6割引セール (※セールは終了しました)

使ってみて実感したのですが、オフライン地図アプリの便利なところは、Wi-Fi 版 iPad、iPod touch でも出先で使えることですが、それだけでなく b-mobile U300 やイオンSIM などの遅い回線を使っている場合、電波が不安定な山間部などでも超便利なこと。

私の iPad2 3Gも b-mobile U300 を使っています。そんな遅い回線の SIM を刺していると、モバイルで標準のマップアプリを使うのはかなり厳しい状況です(U300 でも忍耐の限界を超えることが多い)。

そこで活躍するのが、この「MapFan」。回線速度は関係ないし、回線は遅くても 3G版なら GPS 付きなので現在位置追従もしてくれます。フルスピード 3G の iPhone でも山間部などでは標準マップアプリよりずっと快適に使えることもあります。

ただ手放しでオススメというわけではなく、正直言って、詳細地図における収録内容にかなり不満があったり、ナビ機能は最低限の機能でしかなく(渋滞情報はありませんし)、欠点を挙げていけば色々あるのもまた事実ではあります。

それゆえに 2,300円の定価でもオススメ!とは言い難いのですが(セール価格 900円なら断然薦められるが)、あちこちに出かける人なら1本入れておいても損はないと思います。



キラ☆キラ(ノベルゲーム/iPhone/2,200円/2009.11) キラ☆キラ - Mtrix co.


Best2011App_KiraKira


このゲームを入れるかどうかは迷ったのですが、移植・発売元の Mtrix がこのゲームを始め、幾つかのゲームを5分の1の価格に値下げセールした上、売上を「全額」震災義捐金として寄付するということを行ったことに敬意を表してピックアップ。

内容は、ノベル系のギャルゲー。フルボイス(自分以外のキャラクターは声付き)ではあるが、基本的に文章を読むタイプのもので、その内容は(ギャルゲーやラノベに慣れてない)大人が読めば厳しかったり、少なくとも気恥ずかしいものではある。

ゲームの体裁ではあるが、複数のヒロイン(メインヒロインは1人)それぞれのルートへ分岐するための若干のフラグ立て以外は一本道であり、それこそ、ティーン向け小説をボイス付きで読むアプリと言っていい。

そんなこともあるので別に薦めたりしないし、特に現在の価格では薦めづらいし(PC 原作より遥かに安いんだけど)、いわゆるギャルゲー・エロゲー的なものを試したいなら、後述するシュタインズ・ゲートの方がお薦めですが、昔懐かしいこの手のゲームを一度触ってみるか…という人には、ここの会社が移植している中では一番良いかと。

ちなみに、初期リリース年度を見ても判るように iPhone には意外とエロゲー、ギャルゲーの移植(もちろん 18禁要素はなし)があったりする。ノベルゲーやアドベンチャーベースのギャルゲーはマシンパワーも要らないし、タッチパネルとは非常に相性もいい。

ただ、移植作品は元々が地味な作品が多く、また元々が日陰のジャンルだけにあまり話題になってない。少し話題になるのは 5bp 系作品くらいだろうか。Key のゲームが Android に続いて移植されれば、また話題になるのかもしれない。

ちなみに Key ではなく Visual Arts 名義のノベルゲー作品ではあるが「planetarian 〜ちいさなほしのゆめ〜」は先日移植され、サイドストーリーの電子書籍も先日リリースされている。Kanon や AIR、Clannad あたりが出れば(今さらだけど)また話題になるかもしれないが、さて…

Android は独自マーケットで 18禁も何もかもやりたい放題できるし、iPhone に移植されたギャルゲーも続々と再移植されているし、Kanon や AIR、Clannad も出るから、Windows 同様モバイルギャルゲーも緩い Android が主流になりそうだ(onScripter も動くしね!)



ネコアップ(アクションゲーム/iPhone/85円/2011.1) ネコアップ - Ryuji Kuwaki


Best2011App_NekoUp


今年一番遊んだ“暇つぶしゲー”。ビームで猫をキャッチして引っ張り上げる、という単純な目的、ポップで飽きないデザイン、ゲームバランスの良さ、どれも暇つぶしゲーとして長く遊べる要素だった。

と書いてしまうと、あとはもう書くことがないんですよねぇ。この手のゲームはクドクドと説明するようなものではないし、やれば判るし、やらなきゃ判らないし。

昔みたいにゲームをやりこむ時間なんてないだけに、このくらいのライトなゲームがピッタリなことも多いし、85円でそれなりに長く遊べる時代ってのは(ユーザー側としては)本当に有難いと思う。



FINAL FANTASY TACTICS 獅子戦争(シミュレーション RPG/iPhone/1,800円/2011.7) FINAL FANTASY TACTICS 獅子戦争 - SQUARE ENIX Co., LTD.


Best2011App_FFT


本当は昨年リリースと予告されていたのに、待てど暮らせどリリースされず、ようやく今夏にリリースされた名作の移植ゲーム。個人的には、今年のゲームの中でイチオシ。

もっとも、ファイナルファンタジーの名前を冠するとは言え、シミュレーション RPG というジャンルは個人によって合う合わないの激しいジャンルなので、ややこしいことが嫌いな一本道 RPG(FF13 みたいなもの)が好きな人には向かない。

それを別にすれば、スクエア・エニックスの移植ゲームにしては珍しく操作性も悪くないし、最近のアップデートで Retina 対応になってかなり見やすくなったし、更なる改善アップデートも予告されている。

RPG 好きなら今年のスクエニ移植ゲームの FF3 と FFT は購入して損はないと思う。年末年始は値下げセール中だしね。ゲームロフトや EA が大作ゲームをガンガン 85円、170円で売ってるから高く感じるけど、それと比較してもねぇ…と思う。

私は「久しぶりだし、記憶だけで適当プレイ」をやっていたら、ライオネル城で詰んだっぽいので最初からやり直し…なんだけど、なかなかプレイする時間がなくて最近放置気味ですが、年末年始に頑張ろうと思っています :-)



STEINS;GATE(アドベンチャー/iPhone, iPad別/3,000円/2011.8) STEINS;GATE - 5pb.Inc.


Best2011App_STEINSGATE


アニメに合わせて移植リリースされた、ギャルゲーのヒット作品。ギャルゲーといえば、女の子が出てきて文章を読んで選択肢を選んで…という印象を持ってる人も多いと思いますが、おおまかに言えば、その通り。これも、そう。

でも、その筋で名作と言われるだけの理由はあるので、ギャルゲーを1つ試してみたい、3,000円という値段に怯まない、という人なら、iPhone ではこれをプレイしてもいいと思う。別に強くは薦めないけど X-)

制作は 5bp. + ニトロプラス。ニトロプラスは、今年のヒットアニメ「まどか☆マギカ」のシナリオライター虚淵玄氏が所属している会社ということもあって、その流れで興味を持った人も多いようだ。

シュタゲのシナリオに虚淵玄氏は直接関わっていないし、ニトロプラス&虚淵玄が過去に創ってきたグロいゲームでもない。ただ、「まどか☆マギカ」や「Fate/Zero」とは雰囲気も随分違うが、ニトロプラスらしくループ物であり、SFベースである。

先日逝去された菅野ひろゆき氏の手による DESIRE, YU-NO 以降、エロゲー、ギャルゲーには昔からループ物作品は多いので、慣れた人にはさほど目新しさはないけど、この手のゲームを未経験や SF をあまり読まない人には新鮮に感じるかもしれない。

ちなみに、この作品は最初のハードルが高い。難しいとかではなく、文章を読むのが苦痛になる。いわゆる厨二病全開的な、痛々しい台詞が連続するので、そこで挫折しそうになる。

というか私自身、XBOX 360 から Windows に移植されて購入した時、最初の方の痛々しい台詞の連続に辟易して「落ち着いたらプレイしよう」と思って放置して1年経ったら iPhone 版が出てました…(^_^;) さすがに iPhone版では何とか切り抜けましたけどね。

まぁ、それも今どきのギャルゲーということで。



スマートフォンアプリも成熟気味で、おおっ!と驚くようなものは少なくなってきましたが、ウェブアプリばかりの世の中になってもつまらないので、来年も「全部 HTML5 ベースになるんだよ」的な話をぶっ飛ばすアプリを楽しみにしたいと思います(他人事なのか…?)。

Titanium Mobileで開発するiPhone/Androidアプリ (Smart Mobile Developer)
Titanium Mobileで開発するiPhone/Androidアプリ

(JavaScript で開発できる Titanium マジお薦め!この本もお薦め!)