【7/25 追記】前モデルとの比較について何点か追記するとともに、判りづらい部分を修正しました。

一昨日購入し、使い始めて丸2日。購入した夜に一通り環境構築を整えて、翌日から実戦投入しているわけですが、まだまだ慣れたとは言えないというか、

新旧 MacBook Air の変化より
Lion への変化の方が遥かに大きい


わけで、慣れと学習が必要なのは新しい Air 本体より圧倒的に新 OS だったりします。

メインの iMac は当分(iOS 5 が出るまでは)Snow Leopard で行く予定ですから、新旧 OS を併用していく上で、両者の UI の差をどう吸収していくかは特に悩みどころです。

MacBookAir2011mid_16
(OS以外の使用感や見た目は前モデルと全く同じ)


今までも「Better Touch Tool」を使ってマルチタッチ UI してきていましたし、iMac でもずっと「Magic TrackPad」を愛用してきたので、Lion の UI に戸惑いはないのですが、使ってきた挙動やキーアサインとは違うので、どちらにどう合わせるか的な部分が難しいところ。

また、新しい MacBook Air は Snow Leopard は動きませんから、

Lion で動かないソフトウェア・ハードウェアは、対応アップデートが来ない限り
新 MacBook Air では使えない


という当たり前のことが、最も大きな新旧 MacBook Air の差だろうと思います。

特に私の場合、

バッファローの NAS にアクセスできねー!


となって、ぶっちゃけ新しい MacBook Air に買い替えて一番困ったのは、これでした。

この件については調べてみると、Lion 搭載機でバッファローの NAS へ AFP でのアクセスは現状使えないとのこと(ゲストアクセス可能なフォルダはアクセス可能ですが、それだけ OK でも無意味です)。

また、Lion 対応アップデートも近年の製品のみ。「おいおい、発表発売からまだ4年も経ってない RAID NAS を非対応放置かよ…」と愕然。まぁ Samba 経由(SMB形式)だと使えますし、メインのファイルサーバーは別途ある(NAS はバックアップ用途)状況なので自分には致命的ではありませんけど、なんだかなーです。

非互換変更する Apple も Apple ですが、RAID 5 NAS は安くない製品だったのに早々に対応放棄する周辺機器メーカーは「次は買わねぇ、できるだけ避けよう」となりますね…。まぁ「バッファローの NAS なんか使うからだ m9(^Д^)プギャー」と言われれば、それまでですが(--;)

MacBookAir2011mid_04
(パッケージを開けた瞬間に美しい本体が飛び込んでくる、変わらぬパッケージング)


そんな非互換がある反面、

Lion は MacBoook Air のための OS


とも感じられるような部分が多々あります。特にマルチタッチ UI と、フルスクリーンモード&Misson Control は「11インチの狭い画面を最大限活用できる UI だなぁ」と思います。

もちろん、MacBook Pro や 13" MacBook Air でも同様に感じられるでしょうが、新しい MacBook Air を買う際に 11インチと 13インチで悩み倒した身としては、この UI で 11インチであることの(解像度が低いことの)不満点が少しは救われる気がします。

ただ、まだ殆どのソフトがフルスクリーン未対応ですから、「みんな、フルスクリーン対応を早く〜!」という感じですね。

フルスクリーン対応ソフトが増えたら
11インチ Air はもっと使い良くなるかも?


と今後に期待を抱かせる Lion & MacBook Air の組み合わせです。

Apple MacBook Air 1.6GHz Core i5/11.6/4G/128G/802.11n/BT/Thunderbolt MC969J/A
MacBook Air 1.6GHz Core i5/11.6/4G/128G/802.11n/BT/Thunderbolt MC969J/A

(購入したのは既述の通り、11インチ上位モデル)


さて、そんな“OS が Lion になったことによる変化”を除けば、新旧 MacBook Air 本体そのものの変化は、ぶっちゃけ処理速度だけと言ってもいいと思います。

ただ、その高速化は確実に恩恵はあり、

MacBook Air 唯一の欠点が解消された


と言って良いように思います。

使い始めのインストール作業とか環境設定あたりをやってる時は、前モデルも SSD が高速だったこともあって感覚的に大差なく、「(2倍速といってる割には)意外と変わらんなぁ〜」と少々拍子抜けな感もあったりしました。

そういう意味では「前モデルは低電圧版 Core2Duo だったのに、よくチューニングされて体感で速いマシンだったんだなぁ…」と、逆に前モデルの素性の良さも感じていました。

しかし、環境構築がほぼ終わって、実際に使いこんでいくと

前モデルで、もたついていた部分がマジ解消しまくり!


という感じで、ご機嫌です :-)

MacBook Air はモバイル志向のノートパソコンですから動画編集や高解像度の RAW 編集には元々向きませんし、逆にそういった重量級の作業をしなければ、前モデルの Air はその CPU パワーに比べて意外なほど軽快でした。

とはいえ、「あれ?」というところでもたつくことがあって、CPU パワーの非力さが顔を出すことがあったのも事実です(特にカスタマイズなしの 11インチでしたからね)。今回そこは解消されました。

例えば、

高速タイピングでの日本語変換のもたつきが完全になくなった


というのも、その一つです。軽快にストレスなく入力を続けていくことができるようになりました。前モデル Air を使っていて、私が最も気になっていた点でしたので満足です。

また、非力なマシンでは少々もっさり感が否めなかった Titanium Studio (旧 Aptana。Eclipse ベースの開発ツール)もストレスなく動作するようになって、やはり CPU パワー2倍増の恩恵はあります。画面の狭さによるストレスは如何ともし難いですが…

もちろん、前モデルからのディスク周りの動作の機敏さは健在。私の場合は新旧 11インチモデル同士での比較ですが

まずまずサクサクだった Air が、今度はフルタイム・サクサクに


そんな印象の新 MacBook Air (Mid 2011) です。

MacBookAir2011mid_14
今回のモデルには付かなくなったインストール用 USB メモリ(前モデル用)
初めて使うのが、売却のための初期化だったのは多分良いことなのだろう…


上記以外で丸2日間使った段階での MacBook Air 前モデルとの比較印象ですが、

  • 速くなったのは良いが、負荷時のボディの発熱が少し増えた。全体的に熱さがやや増したと思う。
    (といっても、使ってて嫌な感じがするほどではない)

  • 無線 LAN の感度が良くなった気がする(気だけかも)

  • 実作業でのバッテリーの減りは前モデルより同じくらいか若干速い印象
    (まだ3〜4時間のバッテリー運用を2度のみで、バッテリーも新品状態ゆえに本領発揮でない状態なので不確定な話です。ただ、前モデル購入当初と大きな差は感じなかった)

  • AC アダプターのケーブルが、また若干細くなった気がする

  • 【7/25 追記】キーボード・バックライトについては“光って当たり前”だったので、むしろ前モデルになかったのが不自然というか若干困ってたので、単に戻ってきたなー、という感じですね。特に暗いところでなくても、ちょっと光ってくれると助かるもんです。

  • 【7/25 追記】キーボードのファンクションキーの機能並びが(また)変更されましたが、この点については全く気になっていません。機能キーを使う場面はさほどないので、キーボードのマークを見ながらファンクションキーを押すくらい面倒とは感じてませんので。
    (Apple はこの機能キーの並びや機能を度々変えるので、気にしてたら始まらないと思います… ^^;)

  • 【7/25 追記】iPad / iPhone をサブディスプレイ化する Air Display が Lion でうまく動いてくれないので、それを利用したい時にはまだ今は少し困るかも。


といったところでしょうか。

まぁ、何度も書きますが、処理速度以外は何も変わらんって感じです(もちろん、キーボード・バックライトの復活は嬉しいですけど)。

MacBookAir2011mid_09
(新旧モデルの AC アダプター比較。左が新モデル用。MagSafe 部分も若干違う)


ぶっちゃけ、

良くなった部分はあっても、悪くなったと感じる部分はない


モデルチェンジで、かなり満足度は高いです。

難点というか物足りない点があるとすれば、新旧 MacBook Air の見た目が全く変わらないことでしょうか。両方並べて置いておくと側面の Thunderbolt ポートを見ないと本気で判りません。

MacBookAir2011mid_10
(パッケージからして新旧モデルで区別がつかない)

MacBookAir2011mid_11
(本体を取り出したところのパッケージも同じ)

MacBookAir2011mid_07
(本体も並べてみると全く同じ)

MacBookAir2011mid_08
(本体で唯一区別が付くのが、この Thunderbolt ポート)

MacBookAir2011mid_12
(付属品もインストール用 USB メモリが付かなくなった以外は同じ。
だが AC 延長ケーブルが2芯ではなく3芯になっている)

MacBookAir2011mid_13
(AC 延長ケーブルを使う人は、こんな変換アダプタを使えば OK)


ただ、外観・形状が全く同じということは、あらゆるものが使い回しが効くことでもありますし、元々 MacBook Air のデザインは良いので、変わらないことに不満はありません(デザイン的には前々モデルまでの方が断然格好いいですけど)。

ハンドメイドフェルトケース MacBook Air11インチ用 オレンジ
ハンドメイドフェルトケース MacBook Air11インチ用 オレンジ

(こんなケースも持ってます。あまり使う機会はないけど… ^^;)


というわけで、新しい MacBook Air (Mid 2011) の最初の使用雑感でした。まだまだ使い始めですので、また1週間くらいしてから「後編」として雑感リポートをしたいと思います。

まぁとりあえず

買い替えて良かったよ!(゚ー゚☆ キラッ


って感じですかね :-D