先週、昨夏購入した 27インチ iMac の HDD に S.M.A.R.T. エラー(ハードウェア故障の印)が発覚したことは記事に書きました。

iMac 27" (mid 2010) S.M.A.R.T. エラーで修理行き(>_<)

ちょうど仕事が峠のタイミングでしたので「こんな時に修理とは!」と思うと同時に、「まだ普通に使えていて明確な故障を感じてないから、今の仕事をのり切ってから修理にだそう…」と思ったのですが、

S.M.A.R.T. エラーが出ているということは
いつ HDD が故障してもおかしくない状態


ですし、そもそも故障してるからエラーが出ていたわけで、

ディスク負荷がかかった際、レインボーカーソルの時間が少し長いような?
と思って、ディスク・ユーティリティーを開いたらエラーが出てた


という経緯でしたので、なるべく早いうちに修理に出すことにしました。


とは言うものの、先日の記事にも書いたように代替環境はあってもメイン機が長く手元から離れることが許されるタイミングではないわけで、しかし大震災直後ということもあって、Apple にも修理が殺到していることは予想されていました(実際、友人も修理に出していますしね…)。

S.M.A.R.T. エラーが発覚した翌朝に Apple のサポートへ修理依頼の電話をしてみると

「震災の影響で修理にはお時間をいただいてます」
「通常1週間ですが、現在は2週間から1ヶ月ほどかかります」

とのこと。仕事に使っているのに2週間とか、ましてや1ヶ月なんてのは無理すぎる。

同じ 27インチ iMac の S.M.A.R.T. エラーでの修理を含め、HDD 交換系の Mac 修理を何度も見てきてるが、最短発送から3営業日、だいたい5日もあれば戻ってくるが、今回はそうはいかないようだ。

やむを得ない状況とはいえ、それではとてもじゃないが修理に出せない。だましだまし使うか…と思ったが、方法はもう一つある。

Apple 正規サービスプロバイダでの直接修理


という方法。「Apple 正規サービスプロバイダ」というのは、アップルと契約を交して修理サービスを提供している会社。

Apple - サポート - Apple 正規サービスプロバイダ

なんだかんだと喧しいアップルと契約をちゃんと交わすことができて修理サービスを提供している会社であるので、修理への信頼性だけでなく、アップル同様の修理サービスを受けることができる。つまり、

Apple 正規サービスプロバイダでの修理依頼でも保証は効く


し、修理以降の保証継続など Apple へ修理を出したのと同じ扱いになるというのがポイント。

もちろん、これらの会社に修理を出したからといって、部品調達の関係上必ずしも早急修理が可能かどうかは判らなかったが、

「被災地から遠い大阪の会社なら、修理の順番待ち行列ができてるなんてことはないだろう…」

と思って、依頼したのが以下の会社。

トゥーサービス&サポート大阪

全国に拠点を持つ「トゥーサービス&サポート」の大阪支社です(トゥーと言えば Mac 関連では老舗の会社ですから、お馴染みの人も多いでしょう)。

Apple に電話して「2週間から1ヶ月かかる」と言われた直後に、この「トゥーサービス&サポート大阪」へ電話して聞いてみたところ、「部品さえ調達できれば、1〜2日で修理可能」という話でしたので、お願いすることにしました。

とにかく早い方が良いので、問い合わせたその電話口で部品注文をお願いしたところ、翌日には部品調達が可能になったという電話があったので、その夕方には iMac を持ち込み、その翌日に修理完了&発送、そしてさらに翌日には修理完了品が到着、という

極めて迅速に修理完了


となりました。

その経過をまとめてみると、

5日深夜:S.M.A.R.T. エラー発覚
6日午前:Apple およびトゥーサービス&サポート大阪に電話
7日午前:トゥーサービス&サポート大阪から部品調達できたとの電話
7日夕方:トゥーサービス&サポート大阪へ iMac 持ち込み
8日夕方:トゥーサービス&サポート大阪から修理完了・発送の連絡
9日昼:修理完了品到着

という感じでした。iMac が手元になかったのは丸2日で済み、9日夜には作業環境がほぼ完全に戻りました。

それにしても

Time Machine で自動バックアップしているので
リカバリーも殆ど自動であっという間


なのは、いつもながら有り難いものです。

Windows 環境の復活はアプリケーション再インストールが多くて付きっきりになりますが、Mac の場合はその点がないだけでもマシです。勝手に戻してる間に、代替環境で仕事できますからね。OS のアップデートをやり直すのだけは仕方ないですが…



さて、「トゥーサービス&サポート大阪」さんへ修理をお願いしたわけですが、Apple への修理依頼する場合と違うこともあるので、それを以下にまとめておきます。

  • 保証または Apple Care 対象の場合、Apple では修理品送付、修理完了品受け取りとも無料だが、サービスプロバイダ依頼の場合、修理品送付の費用は発送する人間の負担になる(修理完了品の送付は無料)

  • Apple のサポート電話は 0120 フリーダイアルだが、サービスプロバイダへの問い合わせはフリーダイアルとは限らない。
    トゥーサービス&サポートはフリーダイアルでした)

  • 修理費用は Apple 修理と同一価格とは限らない。サービスプロバイダによって異なる場合もある。
    (状況によっては工夫で安く修理してもらえる場合もある)
    もちろん、保証期間内ですので修理は無料。

  • 直接持ち込み、引き取りができる会社も多いので、その場合は手元にない時間を最短にできます。宅急便による発送・受け取りは、それぞれ1日かかりますからね。


サービスプロバイダによって異なる点もあると思いますので、その点はご留意ください。

ともあれ、今回はトゥーサービス&サポート大阪に親切にしていただいて、迅速な修理が行えました。担当のYさんには、心から感謝です。

お話を伺ったところ、震災直後は部品調達に支障があったようですが、今はかなり正常化してきたようで、通常の修理なら普通に行えているようですので、

Apple へ修理依頼して時間がかかりすぎると思う人は
Apple 正規サービスプロバイダに頼むといいかも


と思います。私も久々の利用でした。大昔、一瞬の滋賀県在住時には某店を利用しましたが :-)

あ、もちろん、「トゥーサービス&サポート大阪」を推薦しておきますよ :-D