MacOS X でレインボーカーソルといえば、昔から処理待ちの代名詞であり、特に重い処理をしてないにも関わらずレインボーカーソルがグルグル回り続けるのは、アプリのフリーズにしても、ハードウェアの問題にしても、悪い現象の象徴でもある。

昨夏、それまで3年近く使ってきた 24インチ iMac (mid 2007) の Firewire 800 が故障して、それを機に当時発売された直後の現行 iMac (mid 1020) 27インチ上位モデルを購入した。

当時3年前のモデルでも大きな不満はなかったから、今年出るであろう Sandy Bridge 搭載モデルまで待つ予定であり、昨年買い換えたのは予定外だった。が、それでも3年の月日は大きくて、「予定外の出費で痛かったけど、結果的には買い換えて良かったかも」という思いだったのは、当時の記事に書いた。

それから半年強、快適に使っていたのだが、

最近レインボーカーソル回ることが妙に多くね?


と思っていた。特に「ディスクアクセス負荷が高い時に、なんか処理待ちが多い気が…」なんていう気もしていた。

ただ、このところ修羅場っていたので、それらをチェックするのは後回しにしていたが、昨晩ふと、ディスクユーティリティーを開いてみたら…

iMac SMART Error


ガーンっ! 内蔵 HDD が S.M.A.R.T. エラーを検出してる。ディスク交換・修理行きコース。まぁ、予想してなかったわけじゃないけど、認めたくはない現実…




もっとも、27インチ iMac + 1TB HDD という組み合わせで1年以内に HDD 逝ってるユーザーが周りに何人もいたので、

買う時に一番心配していた問題が現実に…


というのが正直な思い。やっぱり…な気分。何が悪いのか、確たることは判らないから何も言えやしないけどね!



それにしても、

まだ修羅場り中で、メイン機での作業を止めたくない状況


という最悪のタイミング。マーフィーの法則とか言ってる場合じゃねーよ…!

おまけに、震災直後ですから当然修理も殺到している時期であり、Apple に電話してみると

通常なら1週間以内ですが、震災の影響で修理が殺到しているので
最大1ヶ月かかることをご了承ください


という案の定な話。こればっかりは、誰を責めるわけにもいかない。被災地の友達も iMac を修理に出してる状況だしね(ちなみに被災された Apple 製品の修理は無料でやってもらえている)。

とはいえ、さすがに1ヶ月もっていかれるのは困る。予備役の 15インチ MacBook Pro (late 2006) に外部モニターを代替として使ったり、MacBook Air や Mac mini のサブ機を使えば仕事はこなせるが(そのために常に予備環境を用意してある)、やっぱり1ヶ月は痛い。

かといって、今はディスク読み書きで遅延は出ながらも使えているが、

S.M.A.R.T エラーが出始めたということは
いつ HDD がおかしくなっても不思議じゃない


わけで、いつ壊れるか判らないマシンで仕事するのも恐ろしいし、責任ある仕事のやり方とはいえまい。いくら TimeMachine や自作スクリプトでバックアップをとっていてもだ。



そんなわけで、Apple への修理は一旦ペンディングにして、Apple 公認の修理サービスショップへ持ち込んでの修理をお願いする方向でいる。

被災していない西日本(大阪)の修理サービスショップなら修理待ちが多いということもないだろうと思って電話したところ、3日あれば修理完了できるという(通常 Apple に HDD 交換で修理を出しても3〜5日で戻ってくることが多い)。

Apple 公認修理サービスショップでの修理なら Apple の保証や Apple Care 保証も効くし、修理履歴としても Apple に頼んだ時と変わらない扱いであるから安心だ。

最悪、自分で iMac をバラして HDD 交換に行くつもりではあったが、元々 iMac はノートパソコン的構造で、デスクトップ機のような簡単にバラせる構造でもないし、2009年以降の iMac は更に厄介になっているらしいから、それはできれば避けたい(まだ保証期間中だしね!)。

なので、速攻で「修理よろしく!」と言ったのだが、

HDD 部品の在庫が…


ということで、その確認と手配にどれだけかかるやら、な状況である。

ただ、少なくとも手元から iMac が離れる期間は最小限で済みそうである。それまでに HDD がお亡くなりになったり、ディスクアクセスが異常に遅くなって使い物にならない状態になることは避けて欲しいが…

この件は、また修理から帰ってきたらご報告ということで、続く…