なかなか本ブログが更新できない昨今のうちに、あっという間の1月終了。ちょっと仕事も忙しくなりつつあるのに加え、先月は東広島、東京、広島×2、北海道という感じで都合10日以上は出かけていたので、まとまったブログを書いてる余裕もありませんでした。

それに加えて、超金欠なので何か買い物ができる状況でもなく、ついでに言うなら大して欲しい物もない、ある意味幸せな状況でもあります。ま、来週の CP+ を契機に物欲刺激されまくりになるかもしれませんが…

というか、欲しい物はあるのですが、どれも60万以上する、おいそれと買えないレンズたちであったり、GXR 用 APS-C 中望遠ユニットといった存在しないものだったりするわけです。

特に、先月あちこち出かけてる中で GXR は相変わらず愛機として持ち歩いて、それでも「中望遠 APS-C ユニットくれよー」と思うこと多々。これに関しては毎回思っているのですが、特に北海道では、それを痛感することが多かったように思います。85mm か 105mm で良いから出してくれ…と。

GXR_BlogSample20110201A
(GXR + A12 50mm F2.5 MACRO)


とまぁ、そんな私の勝手な思いをよそに、来週開催される国内最大のカメラショー CP+ を前に、リコーが昨年開発を表明していた「レンズマウントユニット」を正式に開発発表しました。

リコー、ライカMマウント採用の「GXR用レンズマウントユニット」を開発発表
「GXR」専用拡張ユニット1機種を新開発(リコー公式サイト)

注目のマウントは、Mマウント。まぁ大方の予想通りというか、やっぱりというか、結局そこですか、と。

他社で散々マウンターアダプターが出てるわけですし、有りがちといえば有りがち、今更といえば今更(おまけに発売は秋だしね)。そんな印象。

とはいえ、喜んでいたり、ホッとしていたりするユーザーも多いのでしょう。リコーファン、GXR ユーザーは亀爺、カメヲタが多数でしょうから、ライカレンズなら持っている人も少なくないでしょうし、これを機に買いたかったライカレンズへの足がかりにしたいと思う人もいるはず。

また、GXR を持ってなかった人でも、手持ちにライカレンズがあれば GXR を買ってみようと思う人も出てくるでしょう。

そういう意味では、リコーは自らのファンを把握したマウントユニットを選択したと言えると思います。冒険することなく、既存の信者を裏切らない選択。亀ヲタ相手の小さなパイを選択・志向し、守っていくのを一義とするメーカーなら当然の判断でしょう。



それでも、私の本音は

「APS-C 素子のユニットをまともに焦点距離を揃えないうちから、ヲタ限定のマウントアダプターとか何じゃそりゃ」

「自社レンズのカメラユニット開発がロクにしないうちに、人の褌で相撲を取るつもりとはね」

「同一ユニットで“装着したレンズの光学性能を生かす設計”が可能なら、そもそもカメラユニットの意味を自ら否定だろ」

という感じで、

やっぱり、リコーとは志向が全く合わないぜ


に尽きますな。

もちろん、単なる私の感想・印象でしかありませんが。

the stairs in Onomichi #1
(GXR + A12 28mm F2.5)


こんなチラ裏ブログとはいえ、また信者様から怒られそうな(笑)敢えてネガティブ記事を書かなくても良かったのですが、一応去年も他社マウントユニットについては触れたので、その結果が出てファビョってる率直な気持ちを記事にしてみました :-)

喜んでいる人、楽しみにしている人が多いのも判りますし、その嗜好・考え方は理解できるのですが、私の場合、単純に

「それなりに使い勝手が良くて、画質が良いカメラが欲しい」

だけの GXR であって、“撮りたいものがとっとと撮れればいい”ので、Mマウントのレンズなんて正直どうでもいい話。敢えてMマウントのレンズを買うつもりもない。Mマウントのレンズをどうこうするために GXR を買ったんじゃないしね。

もっと言えば、リコーは自分が唱えた未来(マウント交換式)に生きろよ、と思うわけで。

まぁ自社レンズ搭載ユニットを下手に作るより、Mマウントユニットの方が売れる、儲かるという判断かもしれませんけどね。それでも、中望遠以降は P10 ユニットでしか撮れないという状況を軽視・放置してるメーカーは糞と言いたくなりますな。

the high-rise buildings in Shinjuku at dusk
(GXR + P10)


いずれにせよ、このまま APS-C 中望遠ユニットが出ずに、ズームユニットだのMマウントユニットだの、個人的に不要なユニットばかり出して今年が終わるようなら、以前書いたように GXR を手放す方向で「次」を物色していかなきゃな…という気持ちが本気で出てこざるを得ません。

これだけ愛用しているように GXR は手に馴染む感じも、A12 系ユニットで撮った写真の画質も非常に気に入っているのですが、今でも AF に関しては我慢しているので、この上さらに必要な画角もないのは…という気分。短気で、我慢弱くて、イラチな、ダメな大人ですから、そんなに悠長に待ってられませんしね。

もっとも今は GXR に代わるモノはないので、今すぐ GXR を売るということはないでしょう。数ヵ月後、半年後、一年後、愛用していたのになぁ…と思いつつ手放す可能性は高くなってしまいましたが。

ニコンのミラーレースに期待するか、新世代のマイクロフォーサーズ素子に期待するか、それとも NEX 上位モデルに期待するか…なんか、どれも違う気はするけれど…う〜む…

GXR に不満いっぱい、我慢できなくなったとしても、次を探すのは探すので悩むことになりそうだ X-)

【追記】Mマウントを採用した一考察のブログを以下に紹介。

visionary moment … - GXR用レンズマウントユニット

他社マウントユニットでMマウントになったという理由については、上記記事で述べられてる推察に納得させられる。

もっとも、私の場合は、「自社レンズユニットより前に、なんで他社マウントユニットなの?」という思いが絶えないばかりだが…(^^;)

Brand-new Osaka Station at dusk
(GXR + A12 50mm F2.5 MACRO)