マイクロフォーサーズ第一号機だった DMC-G1 から1年半、後継機 DMC-G2 が、一昨日の海外発表に続いて、本日国内でも発表。G2 の下位機種、廉価機の G10 は何故か発表なし。

このブログでも DMC-G1 については過去に何度も取り上げ、パナのマイクロフォーサーズ機には今後も期待したいと書いてきた。それゆえ、後継機 DMC-G2 はどうなるのか興味津々だったのは言うまでもない。

というわけで、DMC-G2 のスペック上の特徴を G1 と比較しつつ簡単にまとめると

  • 可動式液晶モニターがタッチパネルになった。フォーカスエリア位置やフォーカスエリアサイズをタップ一発で指定できるようになった(液晶の画素数・サイズは同じ)

  • 動画撮影機能が追加されたが、コンパクトデジカメと同じ AVCHD Lite 止まり(フル HD は GHシリーズを買え、ということか)

  • 画素数は据え置き。GH1 で採用されたマルチアスペクトでもない(旧来の素子のまま?)
    【追記】GF1 と同じ素子とのこと。

  • 最高 ISO 感度は1段広がって 3200 から 6400 へ(プレスリリースの文面から見ると、ソフト処理側で対応したっぽい?)

  • 連写が気持ち程度向上した(ほとんど意味ない程度)。

  • SDXC 対応になった(当然)

  • ファインダーは変化なしっぽい…【追記】トーンを下げる改良だけ行われてるらしい

  • 見た目その他は概ね G1 を踏襲

  • 【追記】マウントアダプターを介した全てのフォーサーズレンズで AF が可能になった(ファームウェアだけで旧機種に同様の対応をするのは難しい人のこと)

  • 【追記】手ぶれ補正の ON/OFF は本体でできるようになった。これについては旧機種全てに対応ファームウェア・アップデートを行い、今後のレンズは手ぶれ補正 ON/OFF スイッチは廃するとのこと


と言ったところだろうか。細かなブラッシュアップはしてるようだけど

えーと、これだけ?


としか言い様がないモデルチェンジ。完全にマイナーチェンジもいいところ。

DMC-G1 / GH1 の時の気合の入れようは、どこに行ったの?


  • タッチパネルと SDXC 採用以外はファームウェアに手を入れて終わりじゃないの?

  • 最高感度のアップは、プレスリリースを読むとソフトウェアで実現したっぽいけれど、素子レベルでの改善が必要じゃないの?

  • マルチアスペクトでもないし、やっぱり撮影素子はそのまま?

  • ファインダーの改善は結構求められていたと思うけど、完全スルーなの?


などと色々と言いたくなる。

もちろん、スペックだけで判断してはいけない。肝心なことは実写画質であり、実際に撮影しての AF 性能やファインダー周りの改良がちゃんとなされているかはスペックを見ただけでは判らない。

判らないけれど、

凄く評判の良かったキットレンズを安物に代えて
本体は微妙なマイチェンに留まって、Gシリーズをどうしたいの?


と思ってしまう。

G1 の使い回しばかりで、1年半蓄積してきた技術の投入みたいなものは全くない。DMC-G1 を使ってきて、パナのマイクロフォーサーズ機に将来の期待を抱いたものとしては

正直がっかり…


である。まぁ、勝手に期待して、勝手にガッカリされて、ブログでこんな文句を書かれては、パナとしても迷惑だろうが、やっぱりどう考えても DMC-G1 をリリースした頃の気概を感じることはできない。

だいたい、タッチパネルを一番のウリにしているが、

タッチパネル操作はコンパクトスタイルの GF シリーズにこそ相応しい技術


だ。背面液晶を見て操作するなら、EVF 一体型の G / GH シリーズではなく、コンパクトデジカメと同じスタイルの GF シリーズの方がずっと使える価値がある。

G2 のタッチパネルでフォーカス対象をタッチして指定できると言うが、EVF ファインダーを覗いていたらそんなことはできないわけで、EVF 一体型の Gシリーズで背面液晶のタッチパネルをウリにされてもなぁ…と思う。

開発の順序は勿論あったにせよ、G2 より E-PL1 対抗でタッチパネル搭載の GF2 を早急に投入する方が先だろう。そして「タッチ・ムービー一眼」なんてキャッチコピーはタッチパネル搭載 GF2 にこそ相応しかったはず

高感度体制も、実写画像次第ではあるが、ぶっちゃけ DMC-G1 の高感度耐性はもはやコンパクトデジカメの一部に迫られてる(S90 と比較すると一段差程度)と感じるし、逆に APS-C(7D とか K-x とか)と比べると2段+αの差があるように感じている。

撮影素子が GF1 と同じということだし、プレスリリースの文面を見ても ISO 6400 を実現したのはソフトウェアの進化に依るもの。それが悪いわけじゃないが、撮影素子レベルの改善なしの、小手先のノイズリダクション処理で済むようなレベルにないと思うのだが…

とまぁ、G2 に関しては何だかなーな気分で、内容を詳しく見ていけば見ていくほど、スペックを見る限り(動画が必要でなければ)安くなった DMC-G1 でも良いんじゃないの?と思えたりする。

実際に画質がどこまで向上しているかは実写画像を見てみないと判らないし、何だかんだ言って電子機器は新しい方がずっと良いのは事実だけど(DMC-G1 発売からは1年半近く経っているのだしね)、いま(2010年3月9日現在)なら



DMC-G1 のレンズキットは5万円台前半から売られている。この値段なら…と思う。付いてくる標準ズームは DMC-G2 のキットレンズと違って、コストダウン化されすぎてないし、テレ端が 45mm まであって望遠ズームとの繋がりもいい。

ダブルズームキットでも7万円から売られている。特に目的が限定されていなければ、ダブルズームキットがお薦め(それは DMC-G2 でも)。望遠ズームはサイズ重量値段を考えればかなり頑張ってる写りだと思うし、手ぶれ補正の効きも悪くない。



パナの 45-200mm 望遠ズームレンズは、レンズそのものは大きめけど、このサイズで 400mm の超望遠域までカバー、ってのはフルサイズ用の 100-400mm を使っている私にとっては衝撃的にコンパクトだったし、だからこそ今でも DMC-G1 +ダブルズームキットは手放せない。

もちろん、銘玉と言っても良いくらい素晴らしいレンズの



も合わせて、35mm換算14mm の超広角から 400mm の超望遠までが小さなカメラバックに収まるのは痛快でもあるし、それがマイクロフォーサーズ機の魅力。そして E-P1/2 や E-PL1、GF1 のような

コンパクトスタイルの筐体だと望遠ズームを使うのはしんどい


から(実体験)、45-200mm (90-400mm) のようなレンズを気軽に使えるのはやっぱり G / GH シリーズの長所。

だからこそ、コンパクトスタイルの GF1 とは違った方向に、もっともっと進化して欲しかったのだけど、今回の G2 は残念ながらそうでもないようだ。

ハイエンドは GH シリーズにして、G シリーズは EVF 一体型廉価機ということになるのかもしれない。本当の廉価機であるはずの G10 を国内発表してないのも不思議だが、国内メーカーが廉価機を国内だけで出さないなんてのは珍しくないからね…(ソニーのフルサイズ廉価機 α850 の国内スルーは酷いし、アホ過ぎると思ったが)。

いずれにせよ、ちょっとガッカリ感の強い DMC-G2 発表だった。海外発表の時のプレスリリースに何か見落としがあるかも…なんて淡い期待は淡すぎた。まぁ、とりあえず GH2 でパナの本気が見られることを期待しよう。

パナソニック、タッチパネル搭載のマイクロフォーサーズ機「LUMIX DMC-G2」を国内発表
世界初のタッチパネルネオ一眼、パナソニック「DMC-G2」
パナソニック、「LUMIX DMC-G2」の発表会を開催
デジタルカメラ LUMIX DMC-G2を発売 | プレスリリース | ニュース | パナソニック企業情報 | Panasonic
DMC-G2|Gシリーズ|デジタルカメラ LUMIX(ルミックス)|Panasonic(公式サイト)

OLYMPUS マイクロ一眼 PEN E-PL1レンズキット
OLYMPUS マイクロ一眼 PEN E-PL1レンズキット

コンパクトスタイルで一番いまお薦めなマイクロフォーサーズ機は、やはりコレかなぁ…


で、ここからは極めて個人的な意見。


DMC-G1 が発表された時、私も含めて「せっかく小型用規格を作ったのに、コンパクトタイプじゃなく今までの一眼と変わらんボディじゃないか」と批判的に思った人は多かった。それが高評価に繋がったのは、私自身も実際に使って驚いたことだけれど、

  • コントラスト式AF としては圧倒的に速く、廉価一眼レフ機と同等以上の速度・精度の AF

  • 満足はできないが、旧来の EVF と比べると圧倒的に見やすい EVF(今じゃ超える存在が出てきたけれど)


という点があったはず。

無論、見やすい可動式モニターやマウントアダプター遊び、質の良いキットレンズなど他にも要因はたくさんあったけれど、大々的に展開するレンズ交換型ミラーレス機としては、いきなり完成度の高いカメラが出てきたものだった。

特に AF に関しては幾度かのファームウェア・アップデートを経て、さらなる改善がなされ、最終的には多少の動体に対する撮影くらいはこなせるのではないか?と思える程度まで向上した。このあたりは過去の記事で書いた。

とにかくコントラスト式 AF ではスパッスパッと小気味よくフォーカスが合わない、動体はロクに追えないという感覚が覆される AF の素晴らしさがあった。EVF も過去のハイエンド・コンパクトデジカメで使ったような EVF とは雲泥の差だった(Cybershot F707 とか使っていたしね)。

ただ、動体を追うには EVF のリフレッシュレートが厳しかったし、照度が落ちるとリフレッシュレートが落ちることと連写時に EVF が真っ暗になるのは、お話にならなかった。ただ、

ミラーレス機でも動体を追いかけられる、そんな日が来そうな可能性を抱かせた


ものだったのは事実だし、今でもそう思ってる。そして、その先頭をパナが走っていると思っている…いた。

現在、手頃に買えるカメラで DMC-G1/ GH1 ほど高速かつ高精度なコントラスト式 AF を実現してるカメラがあるか?という点を考えれば、現在でも先頭かもしれないが、G2 で進化がなければ1年半のうちに追いつき追い越されてもおかしくはない。なにせ、高感度でダントツの先頭を走っていたキヤノンをニコンが華麗に抜き去っていくのを目の当たりにしているのだから…

ともあれ、初号機で動体に対する撮影能力が向上すれば、次の機種で更なる期待をしてしまうのは当然のこと。特に動体撮影では致命的だった EVF を大きく改良して…と思ったのだが、どうも G2 の発表を見る限り、それはなかったようだ。

動体撮影において、AF-C 能力とファインダーは両輪。マイクロフォーサーズ機が普通の一眼レフと同じように使える能力を持つためには、AF-C の速度・精度と、動体を追えるファインダーは必須だから、なんとかして欲しかったのだけどね。

もっとも、きちんと動体を追える EVF ファインダーを実現するにはブレイクスルーが必要だから、数年レベルで時間はかかるだろうと思っている。ただ、少しでも改良をしてくれれば…という願いは実現されなかったようだ。

まぁぶっちゃけ、GH2 で大きく改良してくると期待せざるを得ないが、G1 / G2 の現状では

絶対買うぜーと意気込んでいる 100-300 を買っても宝の持ち腐れかもなぁ


と考えたりしている。35mm 換算 600mm なんて超望遠域は当然動くものを相手、飛行機や野生動物相手に使うのだから、動体捕捉能力が上がってくれないとねぇ…と思う。ちなみに、サッカーにマイクロフォーサーズ機はあと5年は話にならないと思ってるので、そこは考えてない。時々使って試してみてはいるけどね。

とまぁ、動体相手のことばかり書くのは、

静止体相手なら GF1 のようなコンパクトスタイルで十分
EVF 一体タイプは幅広く動体相手にも使えるモデルであるべき


と思っているから。一眼のスタイルをしてるのだから、一眼で撮れるものが撮れてほしい。

私自身は動体相手以外はコンパクトデジカメで良いや、旅カメラは iPhone だけで良いかも?なんて思う昨今だから、マイクロフォーサーズ機は G / GH シリーズのようなEVF 一体型が興味のメイン。でも、それが志向的には特殊なのは自認しているし、やっぱりマイクロフォーサーズ機のメインストリームはコンパクトスタイルかな、と。

だからこそ、G / GH シリーズにはお手軽、ライトスタイルと違うところへ向かってほしいんだけどね。

もちろん、動体相手には EF システムを使ってるし、今度も当分それは変わらない。でも、年始に大きな手術をして体力が落ちてしまって、長いレンズを振り回すのが辛くなるのを実感すると、早くマイクロフォーサーズ機が進化してくれないかな…と思うんだよね。EOS 1D どころか 7D ボディ1台分の重量で、400mm の超望遠システムが実現出来る素晴らしさ。

だから、この軽量望遠システムで動体が撮れるようになったら、どれだけ楽しいかと思うのだけど…まだ時間はかかるのかなぁ。あまり待たされたくはないのだけど。

ソニーがミラーレス機を出すのは確定してるけど、元々一眼レフでも AF 速度や動体追尾が得意じゃないαだから、そう期待もできないし…ニコンが出すなら乗り換えるかもだけど。



実際には試してナンボだから最低限、先行展示されるパナソニックセンターに行って試して感想を言うのが筋だろうが、あそこは行っても動くものは全く撮れないからねぇ…

ガラーンと人がいないから、ショールーム内で動いている人を撮影するのも難しい。それに先行展示には監視を兼ねた社員が展示機の横にいるのだけど、何を聞いても要領を得ないことは GF1 の時に実感しているし。

今週開催の CP+ に行けば開発関係の人もいるだろうから、試すと同時に色々聞けたりできるのだろうけど、そのためだけにわざわざ足を運ぶのもね。少なくこのスペックでは

「G2 って廉価機にすんの?それとも今回は手をかけられなかったの?」

なんてしか聞けないだろうし(笑)

まぁ、今回は手元資金も乏しいし、乏しい割には買うもの、書いたいものが多いから、今回はこんなガッカリなモデルチェンジで良かったと思うことにしよう。

とか言いつつも、ホントは「うぉー、どうやって金策しよう〜」と悩んでる方が楽しいんだけどね!