新型インフルエンザが猛威を振るっていることもあって、秋口からシャープやパナソニックのウイルス抑制効果のある(と言われている)空気清浄機がバカ売れしている。今までなら「そんな宣伝文句で煽りやがって…手洗いうがい消毒に比べれば大した効果もないのに」と斜に構えて、むしろ意地でも買わないのだが、色々とあって買ってしまった。

というのも、ちょっと喉周辺に問題が発生したこともあって加湿器も新調したかったし、ぶっちゃけ風邪をひくだけでも結構キツい状態になるので、ましてやインフルエンザは重症化する恐れもなくはない…と思えば、大した効果はなくても、ほんの少しでも確率を下げられる可能性があるなら…という思いで購入した次第。

宣伝文句で並んでるウイルスの抑制効果は、通常の部屋では有り得ないウイルス・粉塵濃度からの除去効果で測ってるので、所詮ベンチマーク・スペック。だから

ウイルス抑制効果なんて大して期待してない
でもほんの僅かでも効果が出る可能性があるなら…


と思ってるし、そういう思いで買うのが良いだろうと思う。

で、購入したのは、シャープのプラズマクラスター加湿空気清浄機 KC-Y45。シリーズの下から2番目のモデルで、加湿13畳、空気清浄21畳まで対応のモデル。



一番の売れ筋モデルのようで、ヨドバシへ11月半ばに買いに行った時には品切れで(ジョーシンでも品切れだった)、1週間ほど入荷を待つことになった。いま(2009年12月)でも品薄傾向のようで、ネットで買うより実店舗の量販店に行った方が良い場合もあるかもしれない。

ウイルス抑制効果についてはライバルのパナソニック製品をはじめ各社謳っているけれど、加湿も含めた空気清浄機では使い勝手の面なのでシャープの評判が一番良く、そのためにシャープ製が断然売れているようだ(次にパナソニック、あとはマイナー)。

製品は加湿・空気清浄能力(容量)に応じて、上から KC-Y80, 65, 45, 30 とラインナップがある。その中でもダントツに売れてるのが今回購入した KC-Y45 らしい。

加湿空気清浄機:シャープ

6畳+αの自室用に購入したので能力的には KC-Y30 で十分だったのだが、以下の点で上位の KC-Y45 を購入した。

  • KC-Y30 だけ10年間交換不要のフィルターではなく、ランニングコスト的には KC-Y45 以上が有利。

  • その他の機能でも最下位機種の KC-Y30 だけ搭載していない機能がいくつもある。

  • KC-Y30 と Y45 の実売価格での値段差が1万円くらいしかない(ランニングコストを考えると吸収できるレベル)。

  • KC-Y45 は Y30 に比べるとボディサイズは一回り大きくなるが、置ける余裕はある。

  • 能力に余裕があるということは加湿清浄の効果が短時間で現れるので、静音動作の時間が長くなることにも繋がる。

  • 能力に余裕があれば、もう少し大きい他の部屋で使うこともできる。


つまりは

最下位機種だけ機能差があってランニングコストもかかるなら
1つ上の機種を買っておいた方が良いんじゃね?


という、まぁ有りがちな、ある意味メーカーの策略的に乗せられて KC-Y45 を買ったわけです。ヨドバシカメラで4万円弱の 10% 還元。

そして半月強のあいだ使ってきたわけですが、まぁ普通に使えてます。ウイルス抑制効果があるかどうかはサッパリ判りませんが、部屋の中で服を着替えたり、バタバタとしてホコリが少しでも舞うと、静音動作していた加湿空気清浄機がパワー動作に切り替わるので、それなりにきちんと見ているのでしょう。

加湿動作については完全に自動で、手動による湿度設定などはできませんが(温度に応じて湿度設定は自動で変化する)、エアコンによる乾燥から保護してくれているのは、別途表示させている湿度計からも伺えます。

その他、気づいた面としては

  • 能力的に余裕のある機種を買ったので、何かあっても比較的すぐに静音動作に戻るので、パワー動作で音がしている時間が少ない(これは目論見通り)。

  • パワー動作で音がしている時も、サーッ!という送風機の送風動作による音なので、不快な音というほどではない。

  • 静音動作時は軽く加湿および送風動作はしているが、睡眠時であっても全く音が気になることはないくらい静穏である。

  • むしろプラズマクラスターか何かの LED 光の漏れが結構強いので、その方が気になる人がいるかも知れない(前面部分の表示は消すことができるが、上面から光が少し漏れる)。

  • 背面吸気+上面吹き出しなので、むしろ前面を壁際に持っていった方が効率は良いかもしれない(湿度計やダストモニターは見えなくなるけど)。

  • 加湿のための水タンクの交換タイミングは、加湿しないと湿度40%台半ば程度の場合は24時間運転させても1日半〜丸2日はもつが、加湿しないと30%台になるような乾燥状態になると丸1日程度で交換することになる。

  • 脱臭効果はウイルス抑制効果と同じで良く分からない(元々ペットがいるとかたばこを吸うとかではないので)。


といったところだろうか。

静穏かつメンテナンスは時々フィルターを洗うだけで済むわけで、十分加湿効果はあるようだし、空気清浄効果もちゃんとあるようなので、ウイルス抑制効果云々はともかくとして

なんとなくの安心感も含めて満足な感じ


はしている。3〜4万円の買い物だけど、すぐに買い換えるようなことなく、しばらく使っていけるのだから高い買い物ではなかっただろう。

ちなみに現行モデルの KC-Y45 は品薄のこともあったり、値段も現行モデル値段だが、ひとつ前のモデル



KC-W シリーズ(KC-W80 / 65 / 45 / 35)は機能的に大差ない上に、在庫を持ってる店舗(ネットショップ)なんかではかなり安く売ってるので狙い目かもしれない。Amazon だと現行モデルより1万円以上安い2万円台半ばで売ってる(2009年12月18日現在)。

ということで、ちょっと気になるし冬ボーナスで買ってみようかな…?と思ってる人は、買ってみて良いと思う。ウイルス抑制効果については「あったらいいな〜」程度に考えておくのが良いと思うが、根拠なしの安心感も込みで悪くないと思うしね。

でもってアドバイスするなら、ちょっと余裕めのサイズの方が良いかもよ、ということだ。リビングなどに使う場合に、あまりギリギリのサイズにするよりは少しだけ余裕があった方が動作音は控えめになる。モデルごとの価格差もさほどないしね。

SHARP KIREION 加湿空気清浄機 高濃度7000プラズマクラスター技術 加湿17畳/空清30畳 ブラック系 KC-Y65-B
こちらは一サイズ大きい、加湿17畳、空気清浄30畳タイプの KC-Y65

価格差は1万円程度。色はサイズによって1〜3色。