iPhone 3GS 購入後、色々な周辺アイテムを買ってしまって結構散財しているわけだが、金額的に半分以上占めているのが iPhone 用ケースである。ま、この手のアイテムでケースを色々買ってしまうのは、よくあることである。

数多くのケースを買っている人たちに比べれば、まだまだ数少ないというか、1ヶ月で5つほど購入して、もうここらへんで打ち止めな気分だが、打ち止め気分なだけに、今まで買ったものについて少し触れておきたい。

(1)パワーサポート「Airジャケット」

iPhone 用ケースとしてメジャーかつ定番の一つ「Airジャケット」。購入直後は iPhone を裸で使っていたし、今でも iPhone を裸で使うのは一番スマートだと思っているのだが、やはり裸で使うと滑りやすいのが気になる(色が白だと背面部の傷は目立たなさそうだから、その点は裸でも良いのだが)。

iPhone 用ケースは購入前に、後述するいくつかのケースは注文していたものの、いずれも海外発送で到着まで時間がかかり、購入直後には間に合わなかったので、それらが到着するまで暫定的に使おうと思って買ったのが、この「Airジャケット」。決め手は、シリコン系のケースでは厚みが一番薄い、という評判である。




傷保護にしろ、滑り止めにしろ、iPhone の薄さをあまりスポイルしたくないと思ったので、ネット上の評判で、この手のケースでは一番薄いと言われていたコレを購入。さらに国内メーカー品のために量販店でも購入しやすく、実際 iPhone 3GS 発売直後でも手に入れられたので購入した。

実際使ってみた印象は、可もなく不可もなく。ただ、「この手のケースでは一番薄いのかも知れないが、思っていたより薄くはないなぁ…」という印象ではあった。もちろん最低限必要な厚みというのはあるわけで、この厚みはやむを得ないと判っていても、裸で使っているのとは大きな差があるし、印象の差も小さくない。

もっとも、後述する epik のケースなどと比べると、断然薄い。購入したクリアの方は、安物の epik のクリアに比べると透明度も高いように感じたので、装着感を最低限にしたい人、ケースの薄さを求める人は「Airジャケット」がベストのように思う。

もっとも、私は他に色々とケースを買ったことと、私が iPhone 3GS 購入後に iPhone 3GS に機種変(買い増し)した友人がこの「Airジャケット」を買うつもりだったというので、ほとんど使うことなく、その友人に購入金額の8掛けで譲ってしまった。ので、写真も撮ってなかったし、これについては軽くこの辺で。




(2)epik SOFT Crystal Gel Hard Case Skin for Apple iPhone

某2ちゃんねるの iPhone ケーススレで iPhone 3GS 登場前後から話題になっていたシリコンケース。特徴は

安い&色が豊富


ということ。eBay で購入できるのだが1個 $5.99、2個セットだと $8.99、3個だと $12.99、5個だと $19.99 と格安で、さらに日本への送料も $0.49 と安いので、海外通販に有りがちな“送料を考えると高くなる”なんてこともない。

2個買っても送料込みで千円以下、色が9色(2009/8上旬現在は黄色が売り切れて8色)と豊富なので、複数買って気分次第で付け替えるという気にもなる。5個買っても2千円くらいだから、国内製シリコンケース1個を買うのと変わらない値段というのがポイント。ちなみに、液晶面の保護シートも付いてくる(安物だけど)。

iPhone 用ケース epik (1)


ただ、勘違いされると困るのだが、値段から考えても判るように

安かろう悪かろうではないが、質を求める製品ではない


わけで、中国製の安物製品に有りがちな、1個1個の製品の質が違うということはある。

例えば複数買うと、1つは iPhone に入れる時にスムースに入るけど、1つはちょっと入れるのに窮屈な感じはする(入れるのは入る)とか、スリープボタンの部分は切り込みだけのはずなのに1つだけくりぬかれているとか、カメラの穴の位置がちょいとズレているものがあったりとか(7個買ったが撮影に支障のあるものはなかった)、背面に epik の文字が入ってるのと入ってないのが混じっていたり…

まぁ、そういう具合である。もちろん上質感は全くないし、前述の「Airジャケット」に比べると厚みもあって野暮ったい。だから、シリコンケースを1つだけ、それなりのものを買う人にはお勧めしかねる。

iPhone 用ケース epik (2)


しかし、値段の割には普通に使えるのも事実だし、着せ替え的に色々カラーリングを楽しみたい、シリコン系のケースを安く買いたい、細かいところは目をつむれる、という人にはお勧めである。

私自身、安いしダメ元で注文してみたのだけど結構気に入ってしまって、2回目の購入もした。安いし、カラーが色々あることもあって、iPhone 3GS を買った友達に見せると、だいたい欲しいと言われたりして、譲ってしまって、結局手元にいつも1〜2色しか残ってない。それだけ評判がいい?とも言える(安いしね)。

個人的に iPhone に合うカラーは、ホワイトボディには CLEAR、RED、ORANGE、GREEN あたり(注文してないが PINK もきっと似合いそう)、ブラックボディには BLACK、RED、BLUE あたりが似合うと思った(ブラックボディには CLEAR より BLACK が良い感じ)。

iPhone 3GS with epik case - CLEAR 1


購入方法は、「http://stores.shop.ebay.com/dcmugen__W0QQ_armrsZ1」にアクセスして(お店の URL)、左側の Store Categories から「iPhone 3G」を選択。

すると、色々と iPhone 3G/3GS 用の商品がリストアップされるが、シリコンケースは基本的に以下の2種類で、多く商品欄が出ているのは1個、2個、3個、5個セットを選ぶために区別されている。

・SOFT Crystal Gel Case Skin Cover for Apple iPhone 3G
・SOFT Crystal Gel Hard Case Skin Apple iPhone 3GS 3G S

前者(2009/8上旬現在、2ページ目以降にある)は旧タイプで、後者(2009/8上旬現在、1ページ目にある)が新タイプ。後者には“Hard”という単語が入ってるが、両方購入してみたところ、材質に大きな差はないと感じる。今からなら、“Hard”後者の方を選んだ方が良いと思う。

ちなみに注文時に色の指定欄はなく、色の指定は Paypal 支払い時に「Message to dcmugen88」というボタンがあるので、そこをクリックしてメッセージ欄に自分が欲しい色を書く(指定なしの場合は Black)。

また、Paypal 支払い時に上記のボタンがでない場合や指定し忘れた時には、注文確定後に eBay 内の購入履歴欄から店へメッセージを送ることのできるフォームがあるので、そこから「注文したけど、色の指定は○○と××だからよろしく」みたいなメッセージを送ると、きちんと処理してくれる(私は2回ともそうした)。

もちろん、全て英語で行うことになるが、eBay での注文自体は簡単なものだし、色指定の英語も中学英語以下のレベルで可能だから、そんなに難しく考えずにできる。ヤフオクなどでも同じものを eBay で買うより高値で出ているのを見るけれど、はっきり言ってヤフオクより迅速簡単にできると私は感じるくらいだ。

なお、私が2回注文した経験からは、注文から発送までは3〜4日程度、発送したよ〜というメールが来てから届くまでは4日〜1週間強という感じだった。発送元は香港。封筒に入ってやってくる。

iPhone 3GS with epik RED



(3)Speck Switch Way

Mac のノートユーザーなら知ってる人も多い「SeeThru Hard Shell Case」で有名な Speck の iPhone 3G/3GS 用ベルトポーチ。

iPhone 用ケース Speck Switch Way (1)


Speck | SwitchWay Case for iPhone 3G & iPhone 3GS

Speck と言えば、「SeeThru Hard Shell Case」なのだが、この Switch Way はレザーケースのベルトポーチ。もちろん、Speck は「SeeThru Hard Shell Case」が有名なので、その iPhone 3G/3GS 用もある。

Speck | SeeThru Hard Shell for iPhone 3G & iPhone 3GS

ハードケースによくある2分割式で、下側部分を取り外すと台座になるというギミックが面白い。また、

Speck | CandyShell Case for iPhone 3G & iPhone 3GS

というケースもある。これらのケースはネットで検索すると購入レビューもあるようだが、「SwitchWay」に関しては購入した人が見当たらないので、購入前にベルトポーチが1つくらいは欲しいと思っていたので、買ってみた次第。

この「SwitchWay」ベルトポーチの特徴は、リンク先のページに紹介されているように

縦入れも横入れもできるベルトポーチ


ということにある。片面は

iPhone 用ケース Speck Switch Way (2)


となっていて、もう片面は

iPhone 用ケース Speck Switch Way (3)


となっている。これに iPhone を入れる時は

iPhone 用ケース Speck Switch Way (5)


という縦入れ方式もできるし、

iPhone 用ケース Speck Switch Way (4)


という横入れ方式もでき、どちらの体制でも逆面のクリップでベルトに上手く収めることができる。なかなかのアイデアものである。

ただ、注意すべきは

iPhone は裸の状態でしか入れられない


ということ。iPhone にケースを付けた状態では、この「SwitchWay」ベルトポーチには入らない。「Air ジャケット」のような薄いケースであっても、付けた状態でこれを使うのは無理である。裸の状態では見事にフィットして、出し入れに苦労はないし、入れた状態でガタガタすることもない。

厳密には「Air ジャケット」くらい薄いケースだと入らなくはないのだが、シリコンケースは滑らないこともあってキツキツの状態で押し込むのは苦労するし、出す時にはもっと苦労する。というか、出すのはかなり無理がある。

ということで、この

Speck SwitchWay ケースは裸使い専用


である。なので、私も今は iWood が基本で、気分次第で epik のケースを付け替えているので、この SwitchWay ケースは買ったものの眠ったままになってしまっている。ま、そのうち裸使いに戻ったら、また使うことになる…かな?裸使いでベルトポーチのレザーケースを探してる人には良いケースと思うんだけどね。

ちなみに Speck のサイトでは $34.95 が $17.47 と半額セールをしている(2009/8現在。iPhone 3GS が出る前からセールし続けてる)。きっと売れなかったんだろうな…と思う。また、安いんだけど、FedEx の送料が同じくらいかかるので、トータルとしては $30 以上かかるので、そのあたりは気をつけた方が良いかと。

(後編に続く)