AppStore でリリースされている iPhone / iPod touch 用アプリについて、iPod touch 2.0 アップデートのリリース直後と、その後1週間少々してからの2回、個人的な使用感を書いていたが、それから1ヶ月あまり経って、またいくつか追加したり更新されたアプリもあるので、自分用メモ代わりに軽く雑感を書いておきたいと思う。

Tris

無料のテトリスクローン。暇つぶしには最適の一品。権利者から警告を受けて、近々 AppStore から消えるらしいので、ダウンロードするなら今のうち。(追記:AppStore から削除されたので、現在はダウンロード不可となりました)

ブロックの移動は、画面上で指を左右下に弾くことで行い(上に弾くとちょっとだけ上にも行けるのがオリジナルと違う)、画面タップでブロックが回転する。ゲームの難易度は優しめだが、ブロック速度が高速になると、意外と指での操作感が難しくなりミスを発生しやすい。それでも、片手で操作できるので、操作性は悪くない。

TouchTerm 2.0(¥350)

SSH 対応コンソールソフト。VNC は Mocha VNC がいち早く高い完成度で登場して、完全にデファクトスタンダードになったが、ssh コンソールソフトは7月後半からいくつか出てきた。

先行して登場した iSSH (¥600) とか SSH (¥450) とか出てきたものの、関連サイトや使用レビューを見ていると、フォントサイズがやたら小さくて変更できなかったり、機能的に今ひとつ足りなかったりと購入には至らなかった。いずれまた多くの同種ソフトが出てくると思っていたし、AppStore は試用してから支払い、という流れができないので慎重にならざるを得なかった。

が、この TouchTerm は、なかなか素晴らしい。RSA/DSA鍵認証や鍵管理にきちんと対応し、Control や ESC、TAB などの特殊キーの入力も判りやすく(ボタンあり)、直接入力する以外に、先にまとめてコマンドを入力して一括処理できるバッファモード、フォントカラーやサイズ、自動スクロールの ON/OFF などの設定も、ほぼ満足できる出来。

VT100 エミュレーションや接続先管理などの基本機能も完璧で、現在のところ SSH 対応コンソールソフトとしてはベストだろうし、これだけあればそう不満は出ないはず。¥350 の有料ソフトだが、これで¥350 は安いくらいだ(他の SSH ソフトより安いしね)。

ということで、これを購入して愛用中。後述する Mocha VNC も良くなったし、iPhone / iPod touch からのサーバー管理、リモートアクセスは、かなり満足できる環境になった。

Flipbook Lite

無料のペイントソフト。同様のソフトは scribbleとか有料無料で色々とあるが、Flipbook Lite は、2つまでだがレイヤーが使えるのが特徴。ちょっとしたメモ、お絵描きには良いので、一つ入れといても良いかな?的なソフトとして、お勧め。

機能が増えた Flipbook 有償版(¥1,200)もある。

漢字力 Mini

表示された漢字のよみがなを答える、無料の学習クイズソフト。ただ、それだけだが、単純だけに何も考えずに暇をつぶすのに最適。制限時間はデフォルトではなしだが、自分で5〜25秒の制限時間を設定することも可能。ヒント機能もある。こういう無料ソフトは意外と良い。

1,000問収録の mini 版は無料だが、3,500問収録の有償版 漢字力(¥450)もある。

単位力

前述の漢字力と同じ作者によるもので、こちらは表示されたモノに対する数え方の単位を答えるクイズソフト。150種収録。無料。他にも同じ作者から歴史力(表示された出来事の西暦を答えるクイズソフト。¥115)などがリリースされている。

へぇボタン

あの「へぇボタン」iPhone / iPod touch 版。今となってはジョークソフトにもならないだろうが、まぁネタとして。でもこれもスピーカーが内蔵されてない初代 iPod touch だと結構間抜け…orz

Yahoo!動画

昨日リリースされた Yahoo! 動画閲覧用のアプリ。無料。今まで Safari で Yahoo! Japan の iPhone / iPod touch 版から Yahoo! 動画の iPhone / iPod touch 版へアクセスできたが、こちらは最初からインストールされている YouTube アプリと同じ感覚で Yahoo! 動画が見られるので、サクッとアクセスできて便利。

YouTube アプリ同様に、検索やブックマーク機能もあって快適に使える。Yahoo! 動画には邦楽のプロモーションビデオなども上がっているので、そういうのを見るには良いかも。画質も YouTube より良い。ただし、その分かなり重いので、時々フレームレートが落ちて動きがぎこちなくなるものも多い。それでも、これは良いね。

Mocha VNC Lite 1.1

iPhone / iPod touch の VNC クライアントとして最初にリリースされ、かつ完成度が高かったので、既に定番ソフトと化してる Mocha VNC。ただ、初期リリース時からサーバー側(接続先)の画面解像度が 1680×1200 pixels までという制限があり、それについては iPhone アプリ作成上の制約のため、と説明されてきたが、先日リリースされた Ver.1.1 では解像度制限がなくなっていた!

WUXGA (1920x1280pixels) の画面を持つ iMac や Windows 機にも接続できるようになっていた。これは有り難い。iPhone / iPod touch の小さな画面で WUXGA の画面を VNC 通して制御するのは非現実的だが、ちょっとしたことならできる程度でも繋がってくれるのは嬉しい。毎日のように色々なアプリがバージョンアップしてるが、今までで唯一嬉しいバージョンアップかも。

駅探エクスプレス

こちらは相変わらず、新幹線など有料特急利用の場合の特急料金が反映されないバグが解消されていないんだが…困ったものだ。

【追記】この後のバージョンアップでバグフィックスされました。有償版以降、無料版近日サービス停止のアナウンスと前後して…


という感じで、時々思い出したようには AppStore にアクセスしてダウンロードしているが、結局のところ iPod touch でよく使うアプリと言えば、Safari であり、メールであり、音楽やビデオだったりするわけで、AppStore のアプリはあくまでサブ的な存在。そういう人は多いと思う。

それでも、こういったサードパーティー製アプリがあるのとないのでは全然違うわけで(SSH や VNC なんて、その最たるもの)、AppStore 様々ではある。