エクスプレス IC カードを使った東海道新幹線のチケットレス乗車でも同じだが、IC カードを使ったチケットレス新幹線乗車の場合、現状の切符のように「東京都区内」「大阪市内」「仙台市内」といったエリア間の乗車券ではないため、乗降する駅と新幹線の駅の間の料金が別途かかるという話。

記事にもあるように、大阪駅から JR に乗って新大阪から品川まで新幹線を使って池袋で降りた場合、通常の切符では「新大阪→品川の運賃+新幹線の特急料金」だったが、チケットレス乗車の場合は「大阪駅→新大阪駅の運賃+新大阪→品川の運賃+新幹線の特急料金+品川→池袋の運賃」になる。通常の切符は新大阪→品川の乗車券は、大阪市内→東京都区内扱いになるので、大阪→新大阪や品川→池袋の運賃は不要だったが、チケットレス乗車では別途かかるわけだ。

IC カードを使ったチケットレス乗車では新幹線特急料金が割引になるので我慢しろ、ということのようだが、これではチケットレス乗車のメリットも減る。特に東海道・山陽新幹線ではエクスプレス予約をして紙の切符を発行した方が安くなるので、チケットレス乗車のメリットがどれだけあるか微妙なことになる。

全くもって IC カードが乱立してしまってメリット半減の良い例だ。韓国などのアジア圏と相互乗り入れできるようにするなどと寝言いう前に、JR各社間での相互乗り入れをもっときちんとできるようにしろや、って感じ。

モバイルSuicaでJR東日本の新幹線チケット、詳細が明らかに
asahi.com:新幹線、IC乗車券で割高に 在来線カードと連動せず