もはや Flickr も放置状態なんだが、モノは試しに使ってみた。で、意外とスムースに動くのに驚いた。私の場合、Flickr には 1D3 や 5D の RAW からリサイズなしに JPEG 化したファイルが置いてあることがほとんどだが、そんな大きなサイズの画像でもスムースに編集できるのには驚いた。

もちろん、待ち時間が必要なタイミングはいくつも存在するのだが、機能的にも一通り以上のことができるし(さすがにトーンカーブなどはないけれど)、これくらいスムースに動けば不満ない。Flickr にアップロードした写真との連動もスムースだし、想像以上に使い物になる。

私自身は RAW 現像ソフトや Photoshop を使い続けてきて、ローカルソフトの呪縛から逃れられることはないだろうけれど、年間 $25 で容量無制限であることと合わせると、メール管理が Gmail の登場で大きく変わったように、写真管理もオンライン化へスタイルが変わっていくのかもしれないと思う。

写真は PC に取り込んで PC 側で管理保存して、オンラインのフォトアルバムに一部(ないし大部分)をアップロードする、というスタイルが一般的だったが、既に Flickr では撮った写真を手当たり次第にアップロードしておいて、自分の全写真データー置き場にしている人も少なくない。私自身も Flickr は現像や調整してフィニッシュした JPEG ファイルのバックアップも兼ねている。

そして一通りの編集もできるとなれば、デジカメから取り込んだらまずオンラインアルバムにアップロードして、整理も管理も編集もオンライン上で、ということになりそう。だいたいプリントをオンライン注文するなら、オンライン上で写真を管理していた方が手っ取り早い。

デジカメに無線 LAN が搭載され始めている現状からすれば、遠からずデジカメから PC を介さずに、そのままオンラインアルバムへアップロードできるようにもなる日が当然になる日もくるだろう(現在も可能だが、限定的すぎる)。高速回線前提だけど、旅先でフォトストレージ代わりにオンラインアルバムへバックアップ、なんてのは便利だよね。

Flickrの新画像編集機能「Picnik」を使ってみた − @IT