注目は、「Expression Media for Mac」を加えた上位パッケージ…ではなく、Exchange Server サポートとAutomator ツールだけを削って家庭用に3台までインストール可能なのに、お値段半額以下の「Office 2008 for Mac ファミリー&アカデミック」。明らかに Numbers が加わった iWork '08 対抗措置。

なんつーか Microsoft ほど、誰の目にも判るあからさまな企業はないわけで、自社製品に対して有力なライバルが存在する市場に対しては徹底的に低価格戦略を行って、ライバルがいなくなったらガッチリ値段を引き上げる。定価は変わっていなかったとしても、実売値段が大きく変わっていたりする。

Windows で Word や Excel が今では信じられないほど安く買えた時代を知ってるものとしては、今回の「Office 2008 for Mac ファミリー&アカデミック」は、またこの手か…という感じだ。が、まぁとりあえずは歓迎したいものだ。自動化手段の Automator ツールがないのは残念かもしれないが、Exchange Server サポートは全然要らないしね。Windows なら真っ先に外されるであろう PowerPoint が付いているのも iWork の Keynote 対抗というのが丸わかりだ。

iWork '08 は単体で¥9,800 だが、同一 LAN の家庭内の Mac 5台までインストールできるファミリーパックが¥11,800。それに比べると「Office 2008 for Mac ファミリー&アカデミック」は倍額で3台までと、値段だけだと見劣りするが、元々の値段からすれば久しぶりにバーゲン価格で出してきたという感じだ。

そして私自身も iWork '08 を買う勢いで試用して、そして買うのを止めたクチなので、この「Office 2008 for Mac ファミリー&アカデミック」は発売されたら買う方向で検討すると思う。まぁ、Mac 版の Office はどこまで行っても Windows 版の本当の Office とは別物なので止めてしまうかもしれないが…

とにかく iWork に関しては、Apple 製品らしくコンセプトが斬新で、使いやすくもあるが、反面、旧来から必要とされている基本中の基本の一部が抜け落ちていたり、ローカライズが適当すぎて日本語独自の仕様を求めると全滅に近かったり、まぁ正直 Work にしては Work な感じのソフトじゃなく、やはり Work には Office という感じを受けたので、本家の質に期待したいところだ。

マイクロソフト、Mac用の新オフィススイート「Office 2008 for Mac」