選挙にボロ負けしてすぐに更迭するくらいなら、問題が起きた時にキチンとケジメつけとけば、負けるにしてもあと数議席なりは増えて、ここまで大敗するのを少しでも防げたかもしれないのに、なんとも中途半端なことをする。こんな時期に首にするとは、印象的にはむしろ逆効果でしかないような。

ともあれ、安倍首相が首相としての素養に欠ける最大のものは、人を見る目がない、庇うだけが能じゃないことが判らない、表裏に精通したブレーンがいない、というものだろう。特にブレーンが yes man 的な軽い人材しかいないのは致命的。小泉時代の飯島秘書官みたいな存在がいないことが、この1年の転落ぶりの最大の原因だろう。

政権基盤がなくても民衆人気だけで長期の政権を維持できた小泉時代には、閣僚の不祥事が歴代政権に比べて極端に少なかった。その理由は閣僚任命にあたっての徹底した事前調査やその後の対策であって、それを指揮・管理できるブレーンの存在(そんなことは首相自らやることじゃない)。

顧みて安倍政権の閣僚は、歴代政権でもここまで連続して不祥事続けたことあったっけ?レベル。よくいわれるように、お友達、お気に入り重用すぎたのも原因だし、それを無闇に庇うだけだったり、閣僚の下手な言い訳だけで説明責任を果たしています、みたいな言い方をしていれば、誰もが呆れる。

首相として本当にやるべきこと、重要なことがあるはずなのに、人事でえり好みや下手を打っているようでは進むものも進まない。まぁ正直、安倍首相はちょっとお子様なんだなーというのが、1年間の印象だな。

人事は政治の要なのに、それができないために、日本の行く末を不安定にさせ、民主みたいなものが支持されてしまう世の中になっちゃうんだよな。罪は小さくない。

赤城農水相を更迭 安倍内閣、交代4人目