以前から噂になっていたファームウェアアップデートがとうとう公開。話題になっていた 1.0.9 ではなく 1.1.10 で登場。その内容は…

  • 液晶モニターの再生画像の見えを改善しました。

  • 電子ダイヤル(メイン・サブ・縦位置メイン)の動作異常を修正しました。

  • AI サーボ AF 撮影で、特定の条件において後方の被写体にピントが合いやすい現象を改善しました。

  • メニュー画面のイタリア語と簡体中国語の誤記を修正しました。

  • 電池を入れたときに稀にカメラが正常に起動できない現象を修正しました。


というもの。特に

「AI サーボ AF 撮影で、特定の条件において後方の被写体にピントが合いやすい現象を改善しました」

の一点は大いに気になるポイント。というか、これで AI Servo の不安定さが治って欲しい…と思うのだが、上記5点のうち最後の1点を除いては Ver.1.0.9 と同じという。既に海外のネット上で Ver.1.0.9 の AI Servo 改善は、とても改善されたとはいえないというレポートがあったので、ちょっとガッカリ…気長に待つしかないかな。

本当なら昨日早速アップデートするところだったが、あいにく昨日は早朝から深夜まで出かけていたので、これを書いてる今もまだ未アップデート。昨日ちょっとだけ 1D MarkIII を使ったので、アップデートしておけば違いを確かめられたのだが、AI Servo を使う機会はほとんどなかったので、どちらにしろ大きな違いを感じられなかったかも。とりあえず今夜は激烈に眠いので、今日起きたらアップデートしよう。


(by GR Digital)


【追記】アップデートした。といっても、すぐに確認できるのは液晶モニターでの画像再生の再生品質のみ。今までは RAW 画像を拡大していくとシャープネス0で現像したような画像になっていたが、少々クッキリ感が出てピントチェックには良くなった感じ。

もっとも、5D のダメすぎ液晶に比べて(D200 ほどじゃないが)1D3 の液晶は結構鮮やかに出るので、これでシャープ感が増すと、液晶で確認した時には OK に見えたのだが…パターンが増えないとも限らないな。でも、今までのぼやけた拡大画像よりはずっとマシだ。

問題の AI Servo については撮ってみないと判らないので、また後日。今日は2期滑走路供用前最終日の関空に撮影へ出かけられたら良かったんだけど…残念。

EOS-1D Mark III ファームウェア変更 Version 1.1.0