巷で話題の、あの問題。私は、信用できない。決して常にダメなのではなく、5D で絶対問題なかった場面なのに、なんでこんなピンボケに…となってしまう。その条件が完全に特定できないからこそ、信用できない。ONESHOT AF だと完璧だし、問題が発生しない時は AF 測距点に関わらず素晴らしいだけに困りもの。

とりあえず、レンズに関わらず、またドライブモードや ISO 感度に依存するものではないのは確認できた。5D の時は、遠くの小さな被写体に合わせようとして、最初の数コマは合焦していなくても、近づいて被写体が大きくなるにつれ、どこかのコマで合焦するようになることがあったが、1D3 では最初に合焦しなければ合焦しないまま最後まで継続される。とにかく最初の1コマ目で合焦してなければ(合焦マークは付く)、AI Servo 継続中の以後のコマでも一切合焦しないままになるのは泣ける。

暗い場面で AF が迷ったり狂ったりするのは諦めもつくが、むしろそういう場面ではジャスピン来まくりなのに、むしろドピーカンの時に発生するから、余計に納得できない。

何よりも AI Servo で撮るような写真は撮り直しがきかないものがほとんどだけに、撮影の後に撮った写真を見て泣きたくなるのは辛すぎる。正直テンション落ちる。