VMware や Parallels などの仮想環境で Vista を使うためには、高い Businesss Edition や Ultimate Edition を使わなければならないとしていたライセンス条項を見直す予定だったのを、発表直前に撤回して現行維持にしてしまったとのこと。なんだかねぇ。

仮想環境では DirectX のサポートにも限界があるため、Aero も使えない状況では Vista を使うとしても Home Basic で十分な場合も多いのに、Business や Ultimate を買わなきゃならないのはかなり余分な出費。

おまけに、仮想環境上の Vista では Windows が提供する著作権管理機能も使っちゃいけないというライセンスもそのまま。仮想環境上の WinXP で GyaO を見るのは構わないが、Vista 上で GyaO を見るのはライセンス違反というのも変わらない。

理由は相変わらず意味不明だし、まだまだ WindowsXP 維持ですな。まぁ特に Vista にする必要もないのだけど。

MS、Vistaの仮想化をめぐる方針がコロコロ